サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

セラフィムの夜(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.1
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/415p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-403001-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

セラフィムの夜 (小学館文庫)

著者 花村 万月 (著)

セラフィムの夜 (小学館文庫)

669(税込)

セラフィムの夜(小学館文庫)

659 (税込)

セラフィムの夜(小学館文庫)

ポイント :6pt / 紙の本より10おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

ならず者のよりどころ

2001/06/16 09:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅歌 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近読んだエッセイ集『笑う萬月』に、この作品についての項があった。タイトルは「ならず者のよりどころ」。「愛国心は、ならず者の最後のよりどころである」という格言をもとに、ごく一般的な組織への帰属意識から、自己の存在に対しての哲学的な問いかけにまで言及している。「私は誰か?」。この永遠の命題について、本作では萬月さんなりの答えを出している。萬月さんなりというより、普遍的で明快であたり前過ぎる答えという方が適切かも。でも、このあたり前の答えを前にして、解説の薄井ゆうじさんじゃないけど、救われる思いがしたのは事実なのだ。

 哲学的テーマだけじゃなく、ストーリィも非常におもしろい。人物造型が卓抜なのはいつも通りだが(韓国人の殺し屋がすごい)、萬月さんの作品では類を見ないほど筋立てがきちんとしているんじゃないだろうか。女としてのアイデンティティを揺さぶられる女と、日本人と韓国人の境界で揺れる男の逃避行の物語。途中に大きな地雷が仕掛けられ、読む者の目を釘付けにせずには置かない。

 やれ純文学だ、やれエンターテイメントだ、と区別するなんて無意味だと思うけど、この作品は間違いなく純文学している。テーマはもちろんのこと、登場人物ひとりひとりが文学的で深い。それなのにこれは間違いなくエンターテイメント小説なのだ。まったく萬月さんは大変な作家だ。ただし、サービス過剰の面もかなり感じられて、思いっきり純文学してしまえばよかったのに、、などと言わずもがなのことを考えてしまうのだ。

 最後に、気になったことをひとつ。表記のことなのだが、「韓国人」と「朝鮮韓国人」と2種類使われていたがどうしてでしょう? 萬月さんは常々「朝鮮人」と言いきっていたと思うのだけど。。ぼくの読解力不足で両者の違いを読み落としたのだろうか。それとも出版社の校閲と萬月さんが戦った跡なのだろうか。。謎。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/03 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/16 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/10 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/29 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/29 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る