サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ルパン小僧(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.5
  • 出版社: 中央公論社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/307p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-203155-5
文庫

紙の本

ルパン小僧 (中公文庫 コミック版)

著者 モンキー・パンチ (著)

ルパン小僧 (中公文庫 コミック版)

617(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

「忘れられた漫画」ではないと、あえて断言したい。

文教堂

ルパン三世を知っているひとは大勢いるが、ルパン小僧を知っているひとはグッと少なくなってしまうだろう。なにせ、某雑学番組で、ルパン三世には子供がいる、と紹介されたこともあるくらいだから。
僕は、この「ルパン小僧」が、子供の頃大好きだった。今の子供達がコナン君や金田二君にハマるように、僕はルパン小僧に夢中だった。当時、連載されていた「少年アクション」を、少ないお小遣いをやりくりして毎号買っていたほどだ。

ルパン小僧は、もちろんれっきとした泥棒なのだが、そこはさすがに少年誌作品ということで、多分に義賊的な要素が強い。子供の僕は毎回、胸のすくような気持ちで彼の活躍を楽しんでいた。
また、ルパン小僧が時折披露する仕掛けは科学的な知識などが盛り込まれ、少年向け科学漫画のような趣きもあって(しかもほんの少し「悪いコト」の匂いもあり)、子供心にはとってもツボだった。
そしてもちろんモンキー・パンチの作品らしくお色気も欠かせない。子供向けだから、あからさまな描写はないが、当節の言葉で言うなら「ラッキースケベ」的な展開もふんだんにあった。ヒロインのマリリンの恥じらい顔が大好きで、僕は彼女がモンキー・パンチ作品の中でいちばんのお気に入りだ。いや、多くの漫画やアニメのヒロインの中にあっても、五本の指に入るくらい好きだ。

父親であるルパン三世も相当大好きなのだが、自分と年の近かったルパン小僧が、頭脳戦で父親すらも打ち負かしたエピソードは今でも忘れられない。文字通り喝采を上げるほどに、我がことのように嬉しく感じたものだ。
キワモノや、仇花のような「忘れられた漫画」ではないと、あえて断言したい。ルパン三世サーガのスピンオフとして、確固たる存在を示す名作だと思う。


(評者:文教堂書店三軒茶屋店 中川)

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

蛙の子は蛙

2000/07/28 23:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にむまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルパン3世の外伝的作品があったとはしらなかったのですが、
偶然見つけて、相変わらずのスピード感は在るものの
最大の魅力のひとつであるアダルトな雰囲気が失われてしまっているのはなんとしても残念
(これについては後書きで作者も書かれていますが)
最近は世界観を残したままで作家を変えて新作が書かれていますが,
やはり何でもそうだが、偉大過ぎる初代は超えるには莫大な労力がいるのだろうか??
最近流行りの代変わり漫画とは又違った味わいも…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/21 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/03 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。