サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本 全品ポイント5倍キャンペーン ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:16cm/442p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-290009-8
文庫

紙の本

漫画の時間 (新潮OH!文庫)

著者 いしかわ じゅん (著)

漫画の時間 (新潮OH!文庫)

税込 933 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

面白く「よめる」マンガ評論

2001/05/23 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こんぺー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本を読み終えた時の気持をどう表現しようか。ありきたりの表現、簡便な言葉ではこの面白さは伝わらない。

 なぜなら、この本には「愛」がある。マンガへの愛、それも尋常ならざる愛。その「愛」が行間からありありと感じ取れるのだ。

 普通、「プロ」になると愛情とかが薄れるものだ。「いつも仕事で苦しめられているのに、この上、プライベートまでマンガなんて読んでらっれっかい」。これが漫画家の本音であろう。
 しかし、いしかわじゅんにはそんな気持は持ち得ない。漫画家としての着眼点で、絵の細部やペンのタッチから、作家個人に思いを巡らせる。そこには、マンガの表現力に対する絶対的な確信がある。
 読者はその確信から、いしかわじゅんの途方もない「愛」を感じ取るのである。それは信仰とも言えるかもしれない。

 私がこの本の面白さを伝えるには、文章力もさることながら、「愛」の絶対値、これがあまりに足りなすぎる。

 絶対面白い、それは保証しよう。あなたの貴重なお金は無駄にはなるまい。「磯野家の謎」の類しか読んだことのない人には是非とも買うことを薦める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生粋のまんバカ

2003/03/06 23:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これを読むと、いしかわじゅんはまんが評論家ではなくまんが愛好家だということがよくわかります。それって、まんがに対する至極のスタンスだと思う。

「BSまんが夜話」だと暴言吐いてますが、こいつは生粋のまんバカだから!と、お許しいただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久し振りに漫画を読みたくなった。

2001/06/20 22:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どしどし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 個人的には、最近ろくろく漫画を読んでいないのでこの中で触れられている作品のほとんどを読んでいませんし、全く知らない作品も少なくありませんでした。しかし、それぞれの文章そのものが面白く、長さもちょうどいいくらい。そして、その作品を読みたくさせる。これは絶対お徳。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漫画の読み方を変えてみよう

2001/03/26 23:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:太田コロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 漫画大好きの漫画家 いしかわじゅん氏によってかかれた漫画批評の本である。
 不定期に放送するNHK−BSの「BSマンガ夜話」という番組をご覧になった方は知っていると思うが、この番組レギュラーをつとめるいしかわじゅん氏はその漫画への愛のあまり数々の毒舌をはなっている(本人は毒舌だとは思ってないらしいが)。番組内でも漫画家の目から見た漫画について深く語ってくれている。
 普通の人はそうだと思うが、漫画というのはパラパラとめくって、電車の中とかでさっと読むもので、あまり深くは読まない。でもいしかわ氏は絵のタッチ、背景の処理、、目の書き方など「絵」をじっくりと読む。普段読み捨てられてしまうような漫画の部分に漫画の真髄があると言っているのだ。
 そうか、漫画はそうやって読むものかと目から鱗の思いで読んでしまった。後半はあまり売れていないが面白い漫画を取り上げて丁寧に解説をしている。それらの漫画を読みたくなる。
 この本の表紙にあるとおり「漫画について語るのは読むことよりおもしろいかもしれない」のだ。この本を読むとそれまでの漫画の読み方を一変させられることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最強なり、マンガ好きの漫画家

2001/06/16 00:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春都 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 こちらは夏目房之介よりも実作者の色合いが濃く、また批評家というより読者としての見方が強い。幼少からの並外れたマンガ好き、自身も多種多様なマンガを描いている、この2つの強みがマンガ評に説得力を、そしておもしろさを持たせていると言える。
 とにかくいしかわじゅんはマンガが好きなのだ。

 マンガを批評したり、評価したりするとき、ほとんどの人はそのストーリーにしか光を当てない。「絵」と「文」でできているマンガの、それは半分にすぎない。いしかわじゅんはそう嘆く。
 僕にしてみれば、絵のうまい下手、描線の巧拙などわからないから、とりあえず字が読めれば理解できるストーリーや設定やオチなどだけを、小説を読むときの感覚でもって評価するわけだが、言われてみれば確かにもったいない。
 マンガと小説、それと映画も含めて、共通している部分もあるが、当然のことながら違っている部分も多い。表現形態が異なっているのだから当たり前で、とすれば違っているところを評価し得る目も養ってみたいと思う。
 いしかわじゅんはその要求の、先導者になれるかもしれないと考え、この本を著したのだという。

 少年・少女漫画から劇画、エロ本に掲載された作品まで、これはおもしろいと思ったものをずらり100作品並べ、ひとつひとつを批評する。というより読者として、同業者として、魅力を語っていく。
 僕にはどうしても下手くそな絵にしか見えないものを、いやこれはすごいのだ、この線の美しさを見よと頬をひっぱたく。だんだん、マンガを見る目がいかに狭かったのか、あるいは偏っていたのかを気づかされる。と同時に、マンガの奥深さを知らされる。
 そういう意味でこの本は、優れた啓蒙書であり、入門書であり、ガイドブックである。

 ただ、100冊はやはり数が多すぎて、ひとつの作品について言葉足らずに終わることも少なくない。いろいろなところで書いたマンガ評をまとめただけともとれる。もっと、じっくり、いしかわじゅんが目を輝かせてマンガを語るところを見てみたい。や、この人、マンガ家なんだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漫画

2001/05/27 23:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 漫画読みのプロ、いしかわじゅん氏のマンガ評論集。といっても後半はマンガ紹介になっていて、かなりマニアックなマンガが登場する。といっても内容はわかりやすいので、気軽に楽しく読める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/26 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/18 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/06 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/17 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/12 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/13 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/06 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します新潮文庫 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。