サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

聖母の部隊(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-771-7
文庫

紙の本

聖母の部隊 (ハルキ文庫)

著者 酒見 賢一 (著)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

地下街 5-40
ハルマゲドン・サマー 41-58
聖母の部隊 59-228

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

酒見賢一はSFもいける…幅広い才能

2002/03/08 17:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朱鷺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2つの短編と、1つの中編からなるこれは、ジャンルとしてはSFということになるのでしょうか。酒見賢一氏は一味違ったファンタジーを得意とする作家、という印象がわたしの中にはあって、「SF?」と思い(わたしにはファンタジーとSFの違いがよくわからないのですが…)、恐る恐るといった感じで読みました。
 まず始めの「地下街」は、一組の殺し屋が、「悪の巣窟」という謎の組織を探し出し、消す、とう筋書き。面白いのは、殺し屋コンビの掛け合いです。一方はピーターと言う関西弁を操るとんでもなく強い殺し屋の中の殺し屋、もう一方はピーターに「この仕事が向いていない」とけなされる優柔不断な主人公。このアンバランスな感じがイイんです。
 次に「ハルンゲドン・サマー」。これは会話だけで構成されたちょっと変わった短編。世界大戦が勃発した未来、一組のカップルの死の直前の会話を書いたものです。しかし、重いとか暗いといった感じがなく、むしろあっけらかんとした感じさえ漂うのは、作者の力量だと思いました。
 そして、表題作「聖母の部隊」。両親を殺害され、十数名の仲間とジャングルに取り残された原住民の子供たち。そこに「お母さん」と名乗る不思議な女が現れて、その子供たちに、戦いの方法、銃の扱い方を教え、地上戦における小部隊を組織します。子供たちは「お母さん」を本当の子供のように慕い、日々ひたすら戦い続けます。しかし、子供たちは成長とともに、その謎の「お母さん」の正体に気づいてゆくのです…。
 はっきり言って、これが映像化されたらかなりグロテスクだろうな…と思います。凄絶な戦闘は、読んでいて『プライベート・ライアン』を思い出してしまいました。しかし、ここで本当に描かれているのは、「お母さん」と子供たちのきずな。戦争という異常な環境の中でつちかわれた、歪んだ倫理観には、異常なものすら感じますが、そのきずなの強さには感動します。…苦しい展開ですが、素晴らしい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SFマインド溢れる不思議な短編集

2001/03/31 23:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:太田コロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実に変わった味わいのある四つの作品の短編集。その根底にあるものはSFだろう。
 現実世界にRPG的な世界がいきなり出現してしまう『地下街』、会話だけでひたすら物語が進む『ハルマゲドン・サマー』親を殺された子供たちに戦闘訓練をほどこす女性を描いた『聖母の部隊』、一匹の猫の不思議な旅を描いた『追跡した猫と家族の写真』。
 そしてそれ以上に面白いのが文庫版あとがき。ある18禁ゲームの素晴らしさについて力説しているのだ。酒見賢一ファンならこのあとがきだけでも買いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

酒見氏の語りが光るSF中編集

2001/09/08 07:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Okawa@風の十二方位 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「絶妙のストーリーテリング」。酒見氏の作品を読むたびに思い浮かぶ賛辞ですが、SFを書かせても氏らしい語り口が酒見ワールド作り上げています。
 特に表題作「聖母の部隊」は絶品。物語は、「アルジャーノン…」の始まりのように、たどたどしい少年の語り口から始まり、やがて少年達の成長と共に世界の秘密が顕わになってくるという、古き良きSFお得意のパターンをなぞっています。しかし、少年達の生きる世界が、母親代わりの謎の女性と共にゲリラ戦を行きぬくという、まさにデッド・オア・アライブのシチュエーションのため、緊迫感がストーリーをぐいぐい引っ張って行きます。そして少年達を導く優しく厳しい「お母さん」が、育っていく少年達にとっていつしか一人の女性として映るようになる時、物語は終末を迎えるのです。
 酒見氏の乾いた語り口調で綴る、闇の妖しさを秘めた少年の成長物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/21 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2003/06/05 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。