サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: ジー・シー
  • サイズ:19cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-915619-07-9

作家

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

言葉の種

丸善京都本店さん

前に読んだ翻訳本に
(原作者が)すばらしいのは、そのうまさやなんかではなく、小説に対する作家としての誠実な姿勢であり、そこが読者を惹きつけるのだ
というような訳者のあとがきがありました。
 作家でなくてもわたしたちは言葉をやりとりして、なにかを伝えあっています。
 でも言葉はあくまで共通の記号みたいなもので、そこにこめられているものは、その発した人のエネルギーなのだとよく感じます。
 気が合うとか、合わないとかいうことも、そういうことなのでしょう。
 いつか落ち込んでいるときに、
「ボロ勝ちだから。大丈夫だから。もういつまでも、うじうじしなくていい!」
と友だちがきっぱり言ってくれて、ボロ勝ちってなにに勝つのかな・・・とちょっとおかしくて、そしてあたたかいもので胸がいっぱいになりました。
 時間がたって、そのときわたしは友だちから、やさしい気持ちを受けとって、そしてほんの少し前に進むことができたのだなあと思いました。
 わたしたちは意識しないで言葉という種をまき、作家は祈りをこめて言葉の種をまいているのだ・・・
そのことを静かにそっと語るゴフスタインの世界です。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

真摯に向き合うことの大切さ

2018/12/02 08:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本の好きな人にとって、M.B.ゴフスタインという絵本作家は特別な人なのではないだろうか。
 私は絵本編集者の末盛千枝子さんの本で彼女(そう、ゴフスタインさんは女性です)の作品を初めて知ったのだが、ネットには彼女のファンの皆さんのコメントがあふれている。
 そんな彼女のことを少し。
 彼女は1940年アメリカ、ミネソタ州セントポールで生まれました。大学で美術や創作を学んで、絵本の制作を始めたそうです。
 残念ながら2017年に77歳の誕生日に亡くなっています。

 彼女の魅力はなんといっても絵でしょう。
 シンプルなタッチに淡い色合いがとても穏やかで、人の感情にはきっとこのような世界を求める要素があるのではないか、そんなことを考えたりする絵です。
 そして、言葉です。
 文章というにはシンプルで、でも深い意味をもった言葉がていねいに書かれています。
 もちろん、私たちが手にするのは翻訳された絵本ですから、例えばこの絵本の場合は詩人の谷川俊太郎さんが訳されていて、彼女の言葉をとても大切にしているのがよくわかります。

 子どもの絵本で「作家」について描くのはどうしてでしょう。
 きっと彼女の中では、子どもであるとか大人であるとかは関係ないのだと思います。
 子どもであれ面と向かいあって話すこと。
 彼女が大切にしているのは、そういうことではないのかな。
 この絵本の最後、「自分の本がいつか 人々の心に種子となって 蒔かれることを願っている」と結ばれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/29 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。