サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2001.2
  • 出版社: 汐文社
  • サイズ:22cm/139p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8113-7385-5

紙の本

今だからこそ!国際理解

著者 池上 彰 (著),増田 ユリヤ (著)

21世紀を迎えた今こそ世界的な視野を身につけよう! NHK週刊こどもニュースの池上彰と、「総合的な学習」を調査・研究している増田ユリアが、「中田さん一家」を例にあげ、「国...

もっと見る

今だからこそ!国際理解

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

池上彰の教えて!国際問題 2巻セット

  • 税込価格:2,86026pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

21世紀を迎えた今こそ世界的な視野を身につけよう! NHK週刊こどもニュースの池上彰と、「総合的な学習」を調査・研究している増田ユリアが、「中田さん一家」を例にあげ、「国際理解」についてわかりやすく説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池上 彰

略歴
〈池上彰〉1950年生まれ。NHK報道局記者主幹。
〈増田ユリヤ〉1964年生まれ。明治学院高等学校非常勤講師。教壇に立つかたわら教育問題の取材に取り組む。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

家族の会話からわかる国際理解。食べ物から始まって、宗教や民族にまで話は広がる。

2001/03/23 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バムセ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の池上 彰氏は、NHK「週刊こどもニュース」のお父さん役の人である。子どもにわかりやすいニュース解説をする方というイメージは、もうすでにできあがっているのではないだろうか。この本は、家族の会話文形式で書いてある。貿易関係の仕事に勤めている42歳のお父さんと、主婦のお母さん、それに中学1年生の杏里さんに小学校4年生の健人くん、といった4人家族の会話が中心である。そこに、おばあちゃんがやってきたり、仕事で知り合ったというエジプト人、アメリカ人、韓国人が登場したり、という設定だ。会話形式ということもあって、難しい言葉はほとんど使われていない。食べ物にしても、スーパーマーケットに買い物に行くという設定で始まるので無理がない。仕事で知り合ったという外国人3人の登場は、苦肉の策というところもあるが、具体的設定があったほうが実際わかりやすい。また、二人の子どもの名前に気づいた人もいるだろう。アンリ、ケントとカタカナにするとわかりやすいがどちらも外国に行ったときに抵抗なく受け入れてもらえやすい名前である。しかも、姉の杏里はアメリカで生まれたので今のところアメリカと日本の二重国籍ということになる。国籍についても考える場ができている。
 この本を読んで、一番に感じたのは“家族でこれほど会話が成立していたら、なんてすばらしいのだろう”ということだ。本来の目的とはずれてしまうかもしれないが、家族を構成している一人一人って、結構おもしろいと思った。たまたま貿易会社をしている父親だったから、外国の知り合いが多かったのだろう、といってしまえばそれまでだが、父親の見識に触れるにはやはり話してみることが大切だと感じた。いづれにしても、何かしらの考えや知識を見せてくれるに違いない。また、この本の中でゲストのように登場するおばあちゃんもいい味をだしていた。「ビールにあうチリソースが好き」と言うハイカラなおばあちゃんだ。国際理解をおおげさにとらえずに考えてみようではないか、というのがこの本の主旨かもしれない。書名こそおおげさではあるが、軽く読んでみようという人にはおすすめできる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。