サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロシアの昔話(福音館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2002.6
  • 出版社: 福音館書店
  • レーベル: 福音館文庫
  • サイズ:17cm/414p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-1807-3
  • 国内送料無料

紙の本

ロシアの昔話 (福音館文庫)

著者 内田 莉莎子 (編・訳),タチヤーナ・マブリナ (画)

個性あふれる動物が活躍するお話、素朴で単純なお話、ふしぎな魔法にみちたお話…。ロシアの人々の豊かな知恵や勇気やユーモアがいっぱいの全33編。世界的な絵本画家マブリナの挿絵...

もっと見る

ロシアの昔話 (福音館文庫)

1,026(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

個性あふれる動物が活躍するお話、素朴で単純なお話、ふしぎな魔法にみちたお話…。ロシアの人々の豊かな知恵や勇気やユーモアがいっぱいの全33編。世界的な絵本画家マブリナの挿絵も魅力的。再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

魔法の馬 アレクセイ・トルストイ 著 7-18
つるとあおさぎ アレクセイ・トルストイ 著 19-22
うさぎのなみだ イワン・ソコロフ=ミキトフ 著 23-28

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

冬の始まる頃に、ロシアの昔話

2013/11/19 11:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

(●^o^●)先日のこと、友だちに誘われて、図書館の「大人のためのおはなし会」にでかけてきました。
子どもが小さい頃は、何度か参加したことがあるものの、最近はすっかりご無沙汰でした。

部屋に入ると、かなりの人が集まっていました。
前方に置いてあるテーブルにはろうそくが一本。
おはなし会はこのろうそくに火を灯すことから始まります。

いくつかのおはなしがありましたが、一番心に残ったのが、ロシアの昔話。「ババヤーガの白い鳥」です。
ロシアの昔話は、なんとなく懐かしい。昔読んだ、読んでもらった絵本の挿絵がふっと浮かんできます。

冬の始まる頃に、ロシアの昔話、いいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろいが、惜しい

2009/04/08 15:29

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼少時に好んで読んでいた「金の魚」の話は、ロシアの昔話だったようだ。命を助けられた魚がおじいさんの願いをなんでも叶えるのだが、強欲なおばあさんの要求をつぎつぎに伝えるうち、やがて魚の堪忍袋の緒が切れる。そして最後は文無しになってしまう話だ。あれを読んで「ほどほどにしておけばいいのに」と考えたことを思い出した。

収録された33話には、動物譚、魔法、旅や苦労の末に伴侶に巡り会う王子の話などがちりばめられている。ただ、話の要素としての重複(似た話)は多い。名前にもあまりバリエーションがなく、イワン、ワシーリー、エレーナ姫が何度か出てきた。

こども向け編集であって学術書ではないのだから、期待しすぎてはいけないのはわかっているのだが、もったいないというのが第一印象。訳者がほんの少しでも、あとがき以外に解説を加えてくれていたら、大人にもほんとうに役立つ書だと思う。

いくつもの話に出てくる、深い森の小屋にいるババヤガーとはどんな存在か。森の小屋はしばしば「とりの足」などの上に建っているが、それは何を意味しているのか——

知りたいことが、ますます増えた。これからもいろいろと読もうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/02 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/04 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/08 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/05 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/31 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む