サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どしゃぶりのひに
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:24cm/48p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-06-211695-2
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

どしゃぶりのひに (大型版あらしのよるにシリーズ)

著者 きむら ゆういち (作),あべ 弘士 (絵)

ヤギのメイとオオカミのガブ。嵐の夜に真っ暗な小屋の中で出会った二匹は、相手がだれだかわからないまま、秘密の友だちになっていた。ところが、それが仲間にばれて、引き離されてし...

もっと見る

どしゃぶりのひに (大型版あらしのよるにシリーズ)

1,512(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

大型版 あらしのよるに 7巻セット

  • 税込価格:10,58498pt
  • 発送可能日:7~21日

あらしのよるに 7巻セット

  • 税込価格:10,58498pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヤギのメイとオオカミのガブ。嵐の夜に真っ暗な小屋の中で出会った二匹は、相手がだれだかわからないまま、秘密の友だちになっていた。ところが、それが仲間にばれて、引き離されてしまい…。2000年刊の大型版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

きむら ゆういち

略歴
〈あべ〉1948年北海道生まれ。旭川市旭山動物園の飼育係から、絵本作家に。「あらしのよるに」で講談社出版文化賞絵本賞等を受賞。作品に「わにのスワニー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ふたつの種族のはざまで

2009/04/19 00:37

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガブとメイが、ソヨソヨとうげで会う約束をした日、
折りしもその日にオオカミたちはその場所にヤギ狩りに行くことを決める。

ガブはなんとかメイを逃がしたのだが、
ガブとメイが一緒に歩いているところを一匹のヤギが目撃し、
それが森中のうわさになり、
ヤギたちにもオオカミたちにも知られてしまったのだ。

必死にお互いを守ろうとするガブとメイだったが・・・。

お互いの種族たちの壁はあまりにも大きかった。

お互いをもう一度あわせ、自分たちの種族に有利な情報を
お互いから引き出すように迫る仲間達。

ふたりのことは、自然が味方してくれているように思う。

それは、『あらしのよるに』を読んだときから、
ずっと感じてきたことである。

どしゃぶり、そして、いなずま。

どんなにお互いの種族が敵同士でも、
ふたりがお互いをかけがえのない存在だと思っているかどうかは、
コミュニティーはまったく関係なく、
自然の中に、ふたりっきりでいるときに見えるのだと思う。

まったくコミュニティーを無視して生きることはできないが、
究極にはふたりの関係は、ふたりがお互いをどう思っているかで決まる。

どしゃぶりの中、いわのうえでお互いを支えあい、たおれこみ、
ぬれてつめたくなった体に触れたのは、相手のぬくもりだった。

そのあたたかさが、お互いに本当のことを話させたのだと思う。

いや、言葉を必要とせずに互いを理解した。

ふたりには、もうこの答えしか、なかったのだと、思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/27 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/02 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/26 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む