サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新本格猛虎会の冒険
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:18cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-02376-2

紙の本

新本格猛虎会の冒険

著者 有栖川 有栖 (ほか著)

有栖川有栖、いしいひさいち、北村薫…。阪神タイガースを愛するミステリー作家たちが、その熱い想いを小説に託した、阪神タイガース熱烈応援ミステリ・アンソロジー。【「TRC M...

もっと見る

新本格猛虎会の冒険

886(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

有栖川有栖、いしいひさいち、北村薫…。阪神タイガースを愛するミステリー作家たちが、その熱い想いを小説に託した、阪神タイガース熱烈応援ミステリ・アンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

阪神タイガースは、絶対優勝するのである! 逢坂剛 著 3-10
五人の王と昇天する男達の謎 北村薫 著 11-46
一九八五年の言霊 小森健太朗 著 47-66

著者紹介

有栖川 有栖

略歴
〈有栖川〉1959年大阪府生まれ。同志社大学卒業。89年「月光ゲーム」でデビュー。94年から作家業に専念。著書に「幻想運河」「ジュリエットの悲鳴」「朱色の研究」「幽霊刑事」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

多分毎年は刊行されないいかにも阪神らしいミステリ・アンソロジー

2003/06/03 00:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一九八五年、私は兵庫県に住んでいた。
連日TVや新聞で伝えられる阪神タイガースの活躍に、
「今年のタイガースは強いんだなぁ」と目をみはったが、
それにも増して驚いたのは、周囲の反応だった。
商店街では「六甲おろし」が頻繁に流れ、
帽子やTシャツなどのキャラクターグッズを、町で目にするようになった。
変わったのは町だけではなかった。今まで野球の話をした事がなかった級友が、
「デパートで選手のサイン会があったから、行ってきてん(きたんだ)」。
と、唐突にサイン付き団扇を持ってきた。
「あ、あなたっていつからタイガースファンだったの?」と聞きたかった
のだが、周囲の友達と彼女との熱き猛虎談義が始まってしまった。
阪神がおとなしい彼女を変えたのか。それとも、もともと彼女が持っていた面を
阪神が引き出したのか。答えがわからぬままに、私は兵庫県を離れて
しまった。

有栖川有栖、北村薫、黒崎緑、小森健太朗、白峰良介、E・D・ホック、
いしいひさいち(敬称略)。本書に参加している作家の作品を、私はいくつか
読んでいる。だから、「この人はこういうタイプの物語をよく書く人だ」とか、
「この人はこういう書き方をする人だ」など、作家の嗜好をある程度
つかんだつもりになっていた。でも、それは甘かった。
冒頭、逢坂剛氏の『魁!男塾』の江田島平八氏を思わせるタイトルの序文
「阪神タイガースは、絶対優勝するのである!」で、私は「ええっ!」と
声を上げそうになり、あわてて口を押さえた。
徹底して感情を表に出さない悪徳刑事・禿鷹を主人公にしたシリーズの著者、
逢坂氏が、こんなに熱く語る人だったとは!
興奮がおさまらないうちに読んだ二作目も、やはり意外の一語に尽きる。
私は、北村薫氏の最新作『街の灯』を読んで、「端正な文章を書く
真面目な彼こそ、昭和の語り部にふさわしい!」と日々その思いを強く
していた。
ところが、収録作「五人の王と昇天する男達の謎」では、
舞台を煉獄に設定し、登場人物は他の作家の探偵である。この
設定だけでも意外だが、更に、登場人物達は、これでもか、
これでもか、と駄洒落を繰り出している。
それも、かなり、ベタである。
今まで私が北村&逢坂両名に対して抱いていたイメージは、この一冊で
どんがらがっしゃんと崩れ落ちた。
いや、人間は奥が深い。

やや気を取り直した私は、
「学友のみならず、作家の意外な一面まで引き出してしまうとは。
ううむ、やはり阪神タイガースは、ただの虎ではない」と思った。
そして、はた、と疑問が浮かんだ。
なぜ、よりによって今年、それも初めての、阪神タイガース熱烈
応援ミステリ・アンソロジーが刊行されたのだろう? これは単なる偶然か?
それとも阪神の好調を予測して、刊行されたのか?
はたまた、小森作品のタイトル(「一九八五年の言霊」)ではないけれど、
本書が現在の阪神の好調を呼び寄せる言霊となったのか?

うんうん唸っても、どうも私には「?」を「!」に変換できそうな理由が
見つからない。いや、待てよ。普通人の私などより、
きっと、日頃「?」に親しんでいるミステリ作家達の方が、こういう
事態に慣れている。きっと彼等ならば、この謎を見事に解き明かしてくれるに
違いない。あふれんばかりのタイガースへの愛情と、優勝への切なる願いを
抱いている彼等ならば、もう既に、アイデアが浮かんでいるかもしれない。
もし、そんな本ができるのなら、また是非読みたい。
楽しんで書いている作家達を見たいし、作家達が愛するタイガースを
どんな風に料理するのかも、興味津々だからだ。

一冊のみの面白さに留まらず、新たな謎を作り出し、次に興味をつなぐなんて、
さすが、ミステリー・アンソロジー。
え、そこまで深く考えてませんって?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集者コメント

2003/03/24 15:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社 戸川安宣 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本のプロ野球球団の中でも、最も熱狂的なファンを持つ阪神タイガース。そのファンの中には推理作家も数多い。本書は、タイガースファンの作家が集まって、阪神をテーマにした推理小説を競作するという前代未聞の書き下ろしアンソロジーである。まずは、日本推理作家協会の現理事長、逢坂剛氏による序文「阪神タイガースは、絶対優勝するのである!」を筆頭に、北村薫「五人の王と昇天する男達の謎」、小森健太朗「一九八五年の言霊」、白峰良介「虎に捧げる密室」、いしいひさいち「犯人・タイガース共犯事件」、黒崎緑「甲子園騒動」、有栖川有栖「猛虎館の惨劇」、そして”メジャー”からも参戦していて、『サム・ホーソーンの事件簿』などでお馴染みのE・D・ホック「黄昏の阪神タイガース」という顔ぶれだ。解説も、阪神ファンの気鋭評論家、佳多山大地氏が担当。虎一色の、「おそらく世界初」(有栖川有栖川氏)という異色のアンソロジーである。内容も、殺人あり、誘拐あり、密室あり、アリバイ崩しあり、あるいは一九八五年に阪神が劇的な優勝を飾った理由を推理するものあり……と事々物々、各人各様、種々雑多、多種多様。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/25 09:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/29 02:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/14 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/03 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/04 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/06 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/21 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/09 03:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/15 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 06:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/07 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/17 03:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/01 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。