サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. 東京大学出版会の通販
  6. 子どもたちの想像力を育む アート教育の思想と実践の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子どもたちの想像力を育む アート教育の思想と実践
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:22cm/345p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-13-056207-X
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

子どもたちの想像力を育む アート教育の思想と実践

著者 佐藤 学 (編),今井 康雄 (編)

アート教育は「図画工作」を超え、子どもの生の技法を育む活動として生まれ変わる。教育学とアート実践のコラボレーションにより、いま最も子どもに必要な教育の姿を提言する。【「T...

もっと見る

子どもたちの想像力を育む アート教育の思想と実践

5,400(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アート教育は「図画工作」を超え、子どもの生の技法を育む活動として生まれ変わる。教育学とアート実践のコラボレーションにより、いま最も子どもに必要な教育の姿を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

想像力と創造性の教育へ 佐藤学 著 2-26
子どもの美的経験の意味 今井康雄 著 27-55
子どもの遊び体験における創造的瞬間 矢野智司 著 56-72

著者紹介

佐藤 学

略歴
〈佐藤〉1951年広島県生まれ。東京大学大学院教育学研究科教授。教育学博士。
〈今井〉1955年生まれ。東京大学大学院教育学研究科助教授。教育学博士。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出版社からのオススメ

2003/04/30 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こや - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分を表現し,他者と関わること,それを通して再び自分を見出すこと.
〈主要目次〉
はじめに 芸の技法を生の技法へ(佐藤学)
I 子どもの創造性と想像力
 1 想像力と創造性の教育へ(佐藤学)
 2 子どもの美的経験の意味(今井康雄)
II アート教育の哲学
 3 子どもの遊び体験における創造的瞬間(矢野智司)
 4 レッジョ・エミリアの教育学(秋田喜代美)
 5 シュタイナー教育のアート(西平直)
 6 音楽療法との対話(真壁宏幹)
 7 ドイツにおける美的人間形成の展開(藤川信夫)
 8 アートとしての演劇と教育(栗原浪絵)
 9 民俗芸能を学ぶ子どもたち(生田久美子)
 10 スポーツの美学とアート教育(樋口聡)
 11 レイアウトと知覚(佐々木正人)
III アート教育実践の新展開
 12 子どもたちのアートプログラム(和多利恵津子)
 13 アーティストと子どもたちの幸福な出会い(堤康彦)
 14 野村誠と子どもたちの共同作曲(野村誠)
 15 鑑賞教育の可能性をさぐる(塚田美紀)
 16 子どもの身体とダンス(中嶋夏)
 17 アート教育とコンピューター(苅宿俊文)
あとがき(今井康雄)
【担当編集者から】
 アート教育という言葉で,「図工」の時間を思い出すのは全く正しくない連想です.いま各地で着手されつつあるアート教育は,子どもと友だち・学校との関係自体を塗り替えてしまったり,ダンスや演劇で表現する身体を育んだり,美術館を介して学校を飛び出しもする新しい教育の姿です.同時に,それはいわゆる“人格教育”用に噛んで含められた授業でも教材セットでもありません.芸術家自身の自己表現の場に子どもが含まれ,その場自体がアートであるような実践です.本書もまた,教育学者とアート教育実践者のコラボレーションであり,教育関係の方にも,芸術の最先端に興味がある方にもおもしろく読んでいただけるでしょう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/19 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/26 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/24 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

教育学・教育思想 ランキング

教育学・教育思想のランキングをご紹介します一覧を見る