サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

入江泰吉万葉花さんぽ(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.5
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-411483-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

入江泰吉万葉花さんぽ (小学館文庫 Visual series)

著者 入江 泰吉 (写真),中西 進 (文)

入江泰吉万葉花さんぽ (小学館文庫 Visual series)

905(税込)

入江泰吉 万葉花さんぽ(小学館文庫)

896 (税込)

入江泰吉 万葉花さんぽ(小学館文庫)

ポイント :8pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

万葉の花と歌

2008/12/05 09:50

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CAM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小学館文庫では入江泰吉氏の写文集は、『私の大和路』2巻と本書の3冊が刊行されているが、本書は万葉学者の中西進氏による万葉集解説と入江さんの写真とのコラボレーションである。 私はこの3冊を枕頭において眠れない時などに眺めて精神安定剤にしている。 3冊共に表紙から裏表紙まで順に完全に読む必要はない。手にして、開いた頁の写真と文を見るだけで心が和む。入江氏の写真の中では、確かに「歴史の気配」というか「心象的情感」というか、そうした趣と現実の景観とが共存しているように感じられる。 

 本書では花の写真が中心となっているが、中西進氏は、巻末の「花のいのちを捉える入江作品」というエッセイの結びで、「われわれが入江作品に無意識に心魅かれ、その写真の美にみとれてしまうとは、いのちのうつろいを前提としたうえで、一瞬の花のいのちが映像化されてあることが、無意識な心の深奥にひびくことにほかならない」とし、「映像は静止によって時間を永続化する」ものであるが、入江作品の骨頂は「それが謙虚で従順な祈り」であるところにあると述べておられる(p.203)。

そうした入江氏の作品を、文庫版によって、ハンディで安価に手に取れることがうれしい。 入江泰吉氏の写文集3巻は、文庫という出版形態の素晴らしさを感じさせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/02 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/27 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る