サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. earosmithさんのレビュー一覧

earosmithさんのレビュー一覧

投稿者:earosmith

3,564 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

クリスティー好きにはたまらない

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

クリスティーは料理の描写もたまらなく美味しそう。穏やかな語り口と美しい写真、ミステリーの世界に浸りながら楽しめる本。レシピも載っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本テムズとともに 英国の二年間

2023/05/06 19:41

畏れ多い

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

天皇陛下のご著書にレビューを書くというのも畏れ多いのですが、とても読みやすくまた興味深かったです。エリザベス女王はじめロイヤルファミリーとの交流などまさに皇室親善だと感じました。彬子女王殿下もエリザベス女王とのティータイムについて書かれていましたが、留学された皇族の方々には是非その成果を著書として発表して頂きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月星座と太陽星座

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

月星座と太陽星座の組み合わせで、よくある星座占いよりも詳しく、今まで見た占いの中で一番当たっていると感じました。自分の性格の欠点が羅列されていてちょっと落ち込みますが、長所は長所で当たっている気もするので面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知性とユーモア

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

雑誌に連載されている彬子女王殿下のエッセイには、知性とユーモアが溢れていてとても楽しみにしています。以前から読みたかったこちらの留学記は本当に面白く、最後にお父様への想いも書かれていて素晴らしい読書体験となりました。天皇陛下やエリザベス女王とお会いする際には女王殿下でも緊張されることなどとても興味深く、またお父様が職務質問されたお話なども楽しく読めました。
皇族としてとても尊敬できる方で、益々のご活躍を期待しております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本運命の絵 もう逃れられない

2022/05/28 20:30

怖い絵もあり

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中野京子さんの「運命の絵」シリーズですが、「メデューサの首」のような怖い絵も載っています。文庫なので絵は小さいですが、全てカラーなのが嬉しいです。絵を読み解く中野京さんの解説はやはり読み応えがありとても楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖いもの見たさ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絵がカラーで大きく出ていて、細かい部分がアップになって解説されているのでわかりやすくて良かったです。見たことのある絵から、初めて見る絵まで数も多く、読み応えがありました。「そして妖精たちは服を持って逃げた」のチャールズ・シムズは絵そのものよりもその後の人生に衝撃を受けました。ゴヤの「魔女の安息日」が一番衝撃的で後味も悪かったのですが、本としてはやはりとても面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とても良かったです

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハンディ版ということで新書サイズですが、厚みと重さはけっこうあります。充実した内容で、美しいカラー写真とともに季語を学べます。「表現が広がる関連季語」で、多くの季語を知ることが出来てとても良かったです。50音順の索引もあり便利に使えます。後から気づきましたが、「よくわかる俳句歳時記石寒太」で五七五になっていました。プレバトの俳句も出ています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フリードリヒとヴィルヘルムだらけ

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「名画で読み解く」シリーズは本当に面白いです。西洋史に全く興味がなかったのに気が付いたら好きになっていました。今回のプロイセン王家もほとんど知りませんでしたが、王家の始まり、親子の確執など興味深くとても楽しめました。名前が皆フリードリヒ、ヴィルヘルムで混乱しますが、あだ名も紹介されていてわかりやすかったです。「デブの女誑し」なんて身も蓋もないあだ名も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本蜻蛉日記をご一緒に

2021/05/18 20:24

蜻蛉日記

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

藤原道長を描いた永井路子さんの「この世をば」では、異母兄である道綱は道長の出世にあやかっているだけの無能な男でした。そんな道綱の母、蜻蛉日記の作者ですが、美人で気が強くてしっかりしているので、息子が気が弱くなってしまったようなところは現代にも通じていて興味深い。千年経っても人の気持ちは変わらないものだと、わかりやすい言葉で教えてくれる田辺聖子さんの、とっても面白い本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本大きな森の小さな家

2020/11/08 20:23

大きな森の小さな家

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大好きで何度も何度も読みました。今読んでも、訳が格調高くてとても良いと思います。大きな森にいた時の方が大草原などの時よりも良い暮らしぶりな気がするのも大人になってから読むとちょっと悲しくもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

晩餐会

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アガサ・クリスティーの描く料理が美味しそうでずっと気になっていました。料理の写真はどれも美味しそうで美しく、高い本ですがその価値はあると思いました。気になったのは、アガサ・クリスティーが食欲旺盛で太ってしまったというような描写が何回も出てきたことです。中年になれば太りやすいものですし、ちょっと失礼な感じはしましたが、全体としては楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本戦場のコックたち

2020/07/03 19:45

戦場のコックたち

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何がすごいといって、まるで翻訳物を読んでいるように英語での言葉遊びも出てくるし、日本語で書かれたことを忘れそうになりました。エピローグでは、もう20年近く前、歌舞伎座で後ろの列に座っていた高齢男性たちを思い出しました。学徒出陣、徴兵といった言葉が飛び交い、戦友会らしき雰囲気でした。私だったら、キッドと同じことが出来る勇気があるかどうかわかりません。他の本も読んでみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あさごはん

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おいしい朝ごはんは食べたい、でもずぼら、という私にもぴったりの楽しい朝ごはんの本。誰か作ってくれたらもっと嬉しいですが!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本特攻隊員の現実

2020/02/10 13:35

特攻

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

令和になり、昭和の戦争は大昔のように感じるかもしれませんが、昭和生まれにはそれほど遠い昔のこととは思えません。若い人達も是非読んで欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本運命の絵

2020/01/28 14:45

面白い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絵が全てカラーなのが良いです。他の本にも出ていた絵もあれば、初めて見る絵もあり、とても興味深く読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3,564 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。