サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:19cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8401-0794-7

紙の本

新耳袋 現代百物語 第8夜

著者 木原 浩勝 (著),中山 市朗 (著)

人に語られ、人に伝わってこそ怪談に命が宿る。この世の不思議と底知れぬ怖さを垣間見る、シリーズ第8弾。新耳袋にまつわる話、外にまつわる話、内にまつわる話など、全3章99話を...

もっと見る

新耳袋 現代百物語 第8夜

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人に語られ、人に伝わってこそ怪談に命が宿る。この世の不思議と底知れぬ怖さを垣間見る、シリーズ第8弾。新耳袋にまつわる話、外にまつわる話、内にまつわる話など、全3章99話を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木原 浩勝

略歴
〈木原〉怪異蒐集家。「怪談之怪」発起人。
〈中山〉怪異蒐集、オカルト研究、放送作家。「怪談之怪」発起人。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目を瞑っても浮かんでくるイヤなカバー裏写真

2003/06/26 10:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:油脂人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作からちょうど一年ぶりになる老舗怪談シリーズの最新刊である。
 また今回も、カバーを外した表紙に凄い写真を使っている。
 前作の腕が一本多い写真に続き、これまたぞっとする写真を使っている。因みに使われている写真は第七話「猿島」と第八話「五枚の連続写真」とに関連するものだ。どんなものかは見てのお楽しみ…である。

 本巻での特色として、章が三つと少なく、一章毎の話が多いという点が先ずあげられる。
 作家のKさんと隣のお婆さんに関する数話や、Cさん一家に起こった「十時十五分」に関する数話、ヒサオくんに関する数話など、章を立てることも出来るが敢えて行っていない。この区切りのないことで最後まで読み切ってしまいそうになる。これは、一気に読み上げると怪が起こるという本シリーズにまつわるジンクスを敢えて体験させようと誘っているのであろうか。
 また、おそらく意識的にしていると思われる、今昔物語集をおもわせる二話一類(隣り合う話がなにがしかの関わりがあり、しりとりのように繋がっている)っぽい形式がいい味を出している。「黄色いレインコート」「赤いレインコート」という話が並んでいるのは典型的だ。離れたところに「青いレインコート」という話もあるが…。
 更に、最終章は各話にこれまで付けられていた「第何話」という番号がなくなっている点も見逃せない。章の始めにこの点について断りがあるものの、なんとなく違和感を覚え、それが怪談を薄気味悪く感じさせる役目を果たしている。また、この話数がないことも一夜完読を誘っているように思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/09 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/27 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/11 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。