サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 文芸春秋
  6. 文春文庫
  7. やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから…

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから…(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-765696-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから… (文春文庫)

著者 倉嶋 厚 (著)

やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから… (文春文庫)

572(税込)

やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから…

500 (税込)

やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから…

ポイント :4pt / 紙の本より72おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

雨はまた降るけれど

2004/06/24 22:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:macjj - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の語り口が旨いのと、文庫本の文字が大きめなのもあって、一気に読み終えた。私も「鬱」を経験し、長い年月苦しんだ。この本に書かれている心境になるまでに幾多の時間を必要としたことか。
「欝」で苦しむ方々がこの本から「欝」から脱出する方法を見つけようとしても無理かもしれない。参考になるとしたら「薬は主治医の言うままに、信じて飲み続けること」くらいであろうか。毎日毎日様々な不安やいわれない苛々や、死にたくなる感情が沸き起こる中で、多少身を縮めながら生きていくしかないのかもしれない。各人の「鬱」は、それぞれの「鬱」であって、自分が解決していくしかない。その方法は、様々だろうが、作者の語っているように、時々訪れる「小春日和」の心境は非常に似通っている。まるで自分のことを書いてくれているように思えてくる。
それにしても作者の語りの旨さには関心してしまう。ごく普通の言葉を使って、ごく普通に書いているように思えるその技には脱帽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/05 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/22 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/15 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/05 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/17 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/30 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/18 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る