サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. SFマガジン コニー・ウィリス特集 2004.5の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

SFマガジン コニー・ウィリス特集 2004.5
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:200405上旬
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:----

紙の本

SFマガジン コニー・ウィリス特集 2004.5

SFマガジン コニー・ウィリス特集 2004.5

税込 933 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

監修者コメント

2004/03/29 10:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大森望 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 特集用に翻訳した「最後のウィネベーゴは、枚数が長すぎて(150枚ぐらい)今までなかなか訳される機会がなかったんですが、ヒューゴー賞、ネビュラ賞のほか、アシモフ誌読者賞、SFクロニクル誌読者賞も獲得したオールタイムベスト級の傑作。

 実際、1999年にローカス誌が実施したSFオールタイムベスト投票のノヴェラ(中篇部門)では堂々の9位に入り(→集計結果)、ウィリスの数ある中短篇の中でも最高作と目されている模様。

 近刊の爆笑作『犬は勘定に入れません』とは対照的に、ウィリスの泣かせのテクニックが炸裂する話なので、犬好きの方はお手元にハンカチのご用意を。

 もう一本の「白亜紀後期にて」は、古生物学者ネタの軽いお笑い。これもわりと好きな話です。って、自分で選んだから当然だけど。

 その他、『航路』刊行時に実施されたロングインタビュー「死の真実」(小野田和子訳/《ローカス》誌2003年1月号初出)、豊崎由美氏による熱い作家論、全作品リスト、関連作品ガイドetc.という陣容の大特集。『ドゥームズデイ・ブック』や『航路』のファンはもちろん、4月中旬に出る『犬は勘定に入れません』の予習もこちらでどうぞ。

 この特集以外のはまだあんまり読んでませんが、『凹村戦争』刊行記念の東浩紀×西島大介対談がめちゃめちゃ飛ばしてます。あまりのことに読みふけってたら地下鉄で降りる駅を乗り過ごしてしまいました。セカイ系とか《ファウスト》とかに興味がある人は必読。あ、津原泰水の新連載も読まなきゃ。もちろんブレイロックもね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。