サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死人の鏡(クリスティー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-130058-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

死人の鏡 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),小倉 多加志 (訳)

死人の鏡 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

886(税込)

死人の鏡

720 (税込)

死人の鏡

ポイント :6pt / 紙の本より166おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

死人の鏡

2013/05/20 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホームズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの作品も読んだことがあるな~って感じたけどもとになる短編があったんですね~。そしてきっとどの作品もドラマの方で観たことがあったんだな(笑)『死人の鏡』はそれなりに良かったとは思いますがそれ以外の作品は少し微妙な感じがしてしまった。全部がポアロの登場なので楽しめはしましたが(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どうも既視感が漂う作品が多過ぎて、クリスティーの短編集、そしてポアロものの短編集としては、いまいちでした

2013/06/22 17:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミルシェ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうも、これはポアロもの限定の、短編集ではありませんが、これも同じく短編集の、「教会で死んだ男」の「潜水艦の設計図」と、こちらの「死人の鏡」収録の、「謎の盗難事件」、そして長編「白昼の悪魔」とこちらの短編収録の「砂にかかれた三角形」が、人間関係、話の展開、共に似過ぎているなという気がしました。上記は、政治家が巻き込まれる、軍事・外交絡みの事件というのが同じだし、どちらも盗まれるものが軍隊関連の設計図だし。また、後の方の話も、奔放な女性を巡る、三角関係という構図が、似ているなと思ってしまいました。
この中で、敢えて推すといえば、「厩舎街の殺人」と「死人の鏡」になるのでしょうが、やはり、どちらも、トリックはともかくとして、殺人という行為を犯す動機としては、やや弱いような気がしてしまいした。
どうも、私は利害・怨恨など、どういう動機にしても、ある程度動機に説得力が感じられるものではないと、興味深く読めないんですよね。
どうも、いまいちという感じでした。やはり、あまりにも多くの作品を、量産していると、どうしても似通ったものが出てきてしまったり、殺人の動機に弱さを感じるものが、出てきてしまいがちなんですかね?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/13 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/22 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/14 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/16 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/19 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/19 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/06 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

クリスティー文庫 ランキング

クリスティー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む