サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わたしの名は紅
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: 藤原書店
  • サイズ:20cm/628p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89434-409-2
  • 国内送料無料

紙の本

わたしの名は紅

著者 オルハン・パムク (著),和久井 路子 (訳)

舞台は黄昏のオスマン・トルコ帝国、東西文明が交錯する都市イスタンブル。細密画師たちの苦悩と葛藤を描く歴史ミステリー小説。32ヶ国語に翻訳された世界的ベストセラー。現代トル...

もっと見る

わたしの名は紅

3,996(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

舞台は黄昏のオスマン・トルコ帝国、東西文明が交錯する都市イスタンブル。細密画師たちの苦悩と葛藤を描く歴史ミステリー小説。32ヶ国語に翻訳された世界的ベストセラー。現代トルコ文学の代表的作家、本邦初訳。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

オルハン・パムク

略歴
〈パムク〉1952年イスタンブル生まれ。3年間のニューヨーク滞在を除いてイスタンブルに住む。処女作「ジェヴデット氏と息子たち」でトルコで最も権威のあるオルハン・ケマル小説賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

16世紀末、伝統のため個性を没すことを強いられる細密画師たちの閉鎖的世界に起こる殺人事件。現代トルコの巨匠による『薔薇の名前』ばり教養娯楽ミステリー大作上陸。

2005/01/27 11:42

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 題名から想像してしまうのが、オスマン・トルコ帝国のスルタンに反旗を翻すジャンヌ・ダルクみたいな勇猛果敢な少女の戦記であるが、まるで違っていて「紅(あか)」というのは何と絵の具の色なのである。
 59も章があり、「わたしは屍」という最初の章題で1つ目の殺人事件の犠牲者がいきなり語り出す。わずかに5ページのその章で、「これは相当な代物ではないだろうか」というビリビリ感が体を駆け巡った。章ごとに語り手が変わっていく。死人であってもまだ人間ならば普通だろうが、「わたしは犬」「わたしは一本の木だ」「わたしは金貨」などといったものが含まれていて、「わたしの名は紅」が31番目に出てくる。途中、殺人事件の犯人も幾度か語り手として登場するのだが、「まだかい、どいつだ」と読み進めていって550ページぐらいは引き摺られる。

 しかし、じらしの上手な犯人追及のミステリーというだけでは、「現代トルコ最高の作家」と冠をつけて呼ばれるにふさわしい各種文学賞には至らず、英訳書も大人気というわけにはいかないだろう。
「お文学ざます」という気取りや博識を盾にした衒学趣味は感じられない。だが、確かに知的洗練のある謎解きとなっていて、それが大きな読む楽しみに結びついている。それは、16世紀末、腐敗の激しいオスマン・トルコ帝国の情勢が、細密画という伝統芸術世界に生きる絵師たちに投影されているからだ。
 イスラム暦の祝賀用に挿画入り美本を制作するということが、登場人物たちをつなぐ糸である。殺人事件も、その本ゆえに起きる。スルタンから制作の命を受けた元高官には美しい娘がおり、彼女をめぐって男女間の性や婚姻の風習、信仰も描かれれば、彼らが住む街イスタンブールの生活や世情も描かれる。
 さらに、細密画という特殊な伝統芸術の世界に舞台を取っているため、そこで目指される芸術の在り方が提示される。「個」を没し先人の偉大な仕事に学ぶという、創造性に限界を設けられた特異な世界は、工房という閉鎖的空間で各人を歪ませ、狂気を帯びさせていく。ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』が引き合いに出されて評判を呼んでいるのも、修行と修業の差はあるかもしれないが、そのような精進のための閉じられた空間で、何を「義」とするかの相違から殺人事件が発生し、それを解いていくミステリーが残されるからだろう。
 こちらは工房なので戦わされるのは芸術論であるが、「義」に反する「異」なものが侵蝕してくるという構図もある。忍び寄ってくる西洋的なものから伝統をいかに守るかというところで議論が成立するわけだが、文明が「衝突」するのか「融合」するのかを遠望しながら、絵師たちの考え、言葉、行動として結実させたところに恐ろしいまでの読みごたえがある。

 イスタンブールという場所は、東西文明の十字路として両方の要素が入り込んだ独特の土地柄である。ここに生まれ育った作家が、東と西のありとあらゆる差異に目配せをきかせながら、今に至ったトルコを娯楽小説として回顧してみたという感じである。親日の国だということもあるのか、作者はまた日本文学にも造型が深いようで、訳者解説にあるように細密画の名人が「盲目」を選ぶということに『春琴抄』に似た狂気を読み解くという面白さもある。それに加えて、明治維新の近代化と比較して論じられるトルコの近代化を意識すれば、東と西について思いを及ばせる読みは一層深みを増す。この作家の作品は、どんどん訳されてほしい。切に願います。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/28 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/24 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/03 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/05 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/08 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/14 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/18 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/16 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/04 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/07 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/28 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/04 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

アジアの小説・文学 ランキング

アジアの小説・文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む