サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 猫は密室でジャンプする

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

猫は密室でジャンプする(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/354,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-73797-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

猫は密室でジャンプする (光文社文庫 猫探偵正太郎の冒険)

著者 柴田 よしき (著)

猫は密室でジャンプする (光文社文庫 猫探偵正太郎の冒険)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.8

評価内訳

2006/05/20 19:27

投稿元:ブクログ

日本で「猫探偵」といえば三毛猫ホームズが有名ですが、どうも奴は猫らしさに欠ける気がします。人間に対して従順というか都合が良すぎるというか。おバカな猫はもちろん可愛い。でも賢い猫ってのは飼い主を見下してるからこそ可愛いんです。このシリーズの正太郎のように。うまい話には目が無くて、人(猫)の話もろくに聞かずにわが道を突っ走る。まぁそんな飼い主じゃ正太郎じゃなくても呆れてしまいますが、この桜川ひとみもまた可愛い。いいコンビだと思います。短編集としても、本格からマヌケなものまであって色々楽しめます。京都の和菓子談義も面白い。でもやっぱり一番の見所は・・・正太郎の優しさですね。猫ってほんと、人の感情をよく読んでくれます。

2006/01/21 15:33

投稿元:ブクログ

クロと呼ばれることもあるくらい黒い部分が多いブチ猫の正太郎が活躍するミステリ6編。
正太郎の一人称で書かれたものと、人間の視点から書かれたものがある。

2006/08/03 23:06

投稿元:ブクログ

18年8月
正太郎シリーズ♪
おいしい話をついつい鵜呑みにして信じてしまう、飼い主のおおざっぱかげんと、素直さ(?)と、それとは対照的でいつも冷静な猫の正太郎のコンビがいい♪

2007/05/28 00:05

投稿元:ブクログ

猫の視点でお話が語られる、猫が探偵の者語。
時にはクール、時にはちゃっかりな、猫探偵正太郎と飼い主(正太郎からは同居人と認識されてますが)の関係が楽しいです

2009/08/19 11:38

投稿元:ブクログ

作家桜川ひとみの飼い猫正太郎が事件を解決するミステリー。

すべてが正太郎視点の話ではないけれど、それも良かった。
あくまで猫なので、直接事件を解決する事はないけれど、
同居人との関係の中で頭を使って解決するところがかわいい。
京都の案内もあって楽しめた。

2008/06/01 15:50

投稿元:ブクログ

○猫探偵、正太郎の短編集。ミステリー(推理以外)と推理が入り交ざった6つの短編。
○読みやすくて面白い。

でも、繰り返し読むことは無いかな。

2015/05/16 21:23

投稿元:ブクログ

『愛するSへの鎮魂歌』
桜川ひとみの熱烈なファンの男の妄想。彼女の作品「愛するSへの鎮魂歌」は自分へ向けてのメッセージと考える男。桜川ひとみを叱る隣人を殺害し自分が隣へ引っ越してくる。桜川ひとみの部屋の観察。正太郎を殺そうとするが。

『正太郎とグルメな午後の事件』
飼い主の桜川ひとみと元の飼い主の浅間寺竜之介の対談に連れていかれた正太郎。浅間寺の飼い犬で兄弟のように育ったサスケとの再会。駐車場で「泥棒」と叫ぶポメラニアンを見つける。ひとみ達を付け回すポメラニアンを乗せた車。担当編集者・村田が新幹線内で取り違えた土産のひよこぴよぴよ。

『光る爪』
浮気相手・川辺徹の妻・章子の殺害事件の証人になった女。川辺家の猫に塗られていたマニキュアを落としているところを桜川ひとみに目撃されていた。章子の遺体の下にあったマニキュアの塗られた猫の爪。話を聞いていた桜川ひとみ。女の部屋の冷蔵庫からたれてきた水。

『正太郎と花柄死紋の冒険』
桜川ひとみが発見した猫の死体。何者かに殴りこらされた猫。死体の回りに残された花柄のような猫の足跡を猫のダイイングメッセージと考えるひとみ。仲間と退屈しのぎの捜査をする正太郎。猫の死体の状況。カラスがくわえていったクレジットカード。

『ジングルベル』
クリスマス・イブに一人で過ごす事を極度に嫌う葉月。毎年交際相手を代える葉月。30歳の冬に出会った塚原。突然のプロポーズ。ペットショップで塚原が浴びたマタタビ。公園で正太郎が塚原の胸ポケットから抜き取った手帳の中身。

『正太郎と田舎の事件』
浅間寺竜之介と玉村家に招待された桜川ひとみ。玉村家の猫レオと仲良くなる正太郎。玉村家の相続税対策で博物館にされた蔵。主人の勝馬と小説家の弟・一馬、妹の愛子。兄弟の従姉妹・今津萌と舞。密室の蔵の中で見つかった舞の遺体。博物館見学中に愛子が壊したひとみの腕時計。萌が食事の支度中に見ているニュース。

2008/09/10 00:00

投稿元:ブクログ

正太郎視点の話と人間視点の話がありました。人間視点のものはサスペンスですね。サスペンス劇場?ハラハラしました。正太郎視点のものはやっぱり面白いですね。猫も人も個性があって生き生きしててよかったです。

2009/06/03 02:21

投稿元:ブクログ

09/06/03読了。
猫探偵正太郎シリーズ。
愛するSへの鎮魂歌(レクイエム)→桜川ひとみをストーカーする男の視点の話。
正太郎とグルメな午後の事件→京都の街で甘味対談中、不審な車に後をつけまわされる。
光る爪→不倫している女。ふと不倫相手の妻と飼い猫を見に行きたくなる。ラストにびっくりΣ(゜д゜)不倫している女は自分の夫を殺してたオチ。
正太郎と花柄死紋の冒険→ある朝正太郎のすむマンションの花壇で死んでいた猫。周りにある足跡はダイイングメッセージか?
ジングルベル→クリスマスに1人は嫌だと相手を必死に探す女の話
正太郎と田舎の事件→おやじさんと同居人と共にある村の蔵を訪れる。そこで起きた密室殺人。
正太郎の淡々としてるように見えてなんだかあったかい一人称が大好き(´∀`)

2010/01/24 14:17

投稿元:ブクログ

猫探偵の正太郎と、同居人の桜川ひとみが、解決する推理小説の短編集第一作目です。
この短編集は、6話収録されていてどれもとても面白い作品です。
中でも私は、愛するSへの鎮魂歌がとても面白く感じました。
この話は、愛する人を守るために、愛する者の敵だと思われる女を殺害してしまう男の話です。
六つの作品は、とても、ミステリー好きには、たまらないものになっていると思います。

2010/01/24 23:04

投稿元:ブクログ

 僕自身が猫好きということで、購入してみました。短編小説です。話によって、猫ちゃん像が違くて不思議な感じがしました。こういう作風は初めてだったので新鮮でした。
 猫好きな方はもちろん、推理好きな方にもおススメです。

2015/11/13 20:43

投稿元:ブクログ

 「猫探偵正太郎の冒険1」てあったから、第1巻かと思ったら、第2巻だった。何でよ。

 推理作家の桜川ひとみに飼われてる正太郎ていう猫が主人公で、彼が事件を解決していく、て裏表紙に書いてあるのに、この本では、正太郎視点のお話と、正太郎でも桜川でもない第三者視点のお話が交互に入ってます。

 第三者視点のお話では、正太郎も桜川も殆ど登場しないので、桜川が普通の人に見えるが、正太郎視点のときは桜川がたくさん登場するので、途端にものすごい頭の悪い感じの女に成り下がってる。
 全然いい意味でなくギャップがすごい。
 だって、『正太郎』ていう名前で自分が飼ってる猫の名前を、『タマ』とか『クロ』て呼ぶとか、普通の神経とは思えない。
 桜川がもう少し普通の人だったら、もうちょっと楽しく読めるのになぁ、て思う。

 第三者視点のときは結構シリアス風味なのに、正太郎視点のときは桜川が頭悪すぎて、台無し。

 あと、第1話(第三者視点)で、主人公の男は、自分の頭文字がSだから、桜川の書いた『愛するSへの鎮魂歌』のSが自分のことだと思い込むんだけれど、前川ていう名前なのに、何で? どこの頭文字がSなの?
 しかも、落ちる直前に顔を猫に引っ掛かれてることに、警察は何も気付かないの?
 おもしろいんだけど、何か突っ込みどころが多い。

2010/01/14 22:23

投稿元:ブクログ

正太郎最高~。「三毛猫ホームズ」ほどに擬人化されていなくて、適度に「ただの猫」なのが好き。すっごく可愛い。だけど最高にクールでカッコいい~!!!
今回のお気に入りは「愛するSへの鎮魂歌」。ストーカー男の勘違いっぷりに爆笑。そして「ただの猫」として登場する正太郎がもうめちゃめちゃにいい味だしてる。オチも抜群。

2011/01/06 14:37

投稿元:ブクログ

前作??は読んではいませんが、



ここからでも十分楽しめる1冊でした。



名探偵(?)の猫・正太郎もヒトクセあり



中々面白いです(笑) 続編も出ています!

2012/03/30 23:24

投稿元:ブクログ

推理小説家の飼い猫・正太郎が謎解きに活躍する猫視点の話と、サスペンス調の人視点の話が交互に展開される短編集。前者は正太郎と仲間の犬猫との会話がなんとも面白い。後者は…女性作家が書く女性の話は苦手だと改めて認識。女は怖いね(笑)

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む