サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ソウル・アンダーテイカー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソウル・アンダーテイカー(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/372p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-2943-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソウル・アンダーテイカー (電撃文庫)

著者 中村 恵里加 (著)

ソウル・アンダーテイカー (電撃文庫)

724(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ソウル・アンダーテイカー

724 (税込)

ソウル・アンダーテイカー

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.6

評価内訳

流石

2005/09/02 21:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬほがち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ダブルブリッド」で有名な中村恵里加さんの新シリーズ。
相変わらず、素晴らしい文章力。ダブルブリッドもそうなのですが、彼女の作品は「人と人との心情描写」が一級品です。「恋」とか「友情」とか、そんな典型的な感情ではなく、気持ちを抱いている当人ですら分からないような、心の奥底にある人間としての本質。それを持ち前の文章力でうまく表現してる気がします。会話中に出てくる微妙な気持ちの揺らぎと変化を表現している箇所を読んだ時は、あまりの巧さに悶えました(笑)「うぁあぁ〜、巧いなぁ〜」って。
この作品を読んで彼女の作風は決定したのかもしれません。ダブルブリッドと同様、作品全体としての雰囲気はダーク&グロテスクが微妙に混じってます。ただ、全然行き過ぎてない感じ。味付けの域を脱していないというか。ダブルブリッドは「暗い、そしてグロテスク」が代名詞になってしまうくらいでしたけど、この作品のそれはバランスが取れています。非常に良作。一読の価値アリ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/20 23:17

投稿元:ブクログ

天然な少女が自然体で非日常に身を置いて行く過程が丁寧に描かれた作品です。
第六回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞
の中村 恵里加先生の最新作で、
雑誌「電撃hp」にて連載されていたものが単行本化されました。
死を招く猫『ハンニバル』と
その主である12歳の少女
『江藤比呂緒』が悪霊退治に
乗り出す物語です。
過去のとある事件で思考能力が極端に低下してしまった少女と、
その周囲の人々の細かな心理描写に好感が持てます。
本書は物語の序章とも言える内容になっていて、
多少展開的に物足りない部分がありましたが、
それは今後に期待というところで。

2005/06/16 21:16

投稿元:ブクログ

中村恵里加の最新作。
主人公が小学生って設定が気に食わない。中学生でも良かったんじゃないかなー?妹が小4であんなに毒舌だったらいや・・・!!でも、やっぱり中村先生の作品は描写がきれいです!ダブルブリッとの戦闘シーンも凄いナーと思ってたけどやっぱイイです。
ダブルブリッドみたいに伏線がいっぱい張ってあるので続きがあるのかな!?

2007/12/20 15:06

投稿元:ブクログ

中村恵里加さんの本は、やっぱり他のライトノベルとは一味違う。ライトノベル的な要素がたくさん詰め込まれているのに、それでもどこか独特です。しっかりとした世界観と、美しさを感じる文章。伏線もたっぷりなシリーズ1冊目、という感じなのですが、続きは出ていないようで残念です。

2006/03/15 22:53

投稿元:ブクログ

主人公・比呂緒の一見するとどうしようもない馬鹿なような、不可思議な言動に惹かれますね。
なんとなく、私的には物語の奥底に触れられる本だなぁという気がします。

2006/07/14 20:58

投稿元:ブクログ

最後までよく分からないところが多かった…。六年前の事件(明海と何があったのかとか)をちゃんと書いて欲しかった。あと三嶋がなんであんなにヒロに揺らいだのか、とか。

2006/07/14 12:27

投稿元:ブクログ

小学校卒業を控えた少女が父親から誕生日プレゼントを貰った事から物語は始まります。箱の中には銃と、仔猫。そして少女はある少年と出会い―自身の未来を決める事になる。続く…んだよね、コレ?不明な点あり過ぎるし。

2006/06/08 01:19

投稿元:ブクログ

作品はとても面白いです。
ただ、ストーリ的にそうだとわかってますが馬鹿という言葉が大量に出てくるので読んでてちょっと・・・・・・と思いました。

2007/07/24 21:33

投稿元:ブクログ

<内容>
「運命。私は彼女との出会いをそう表現する。何とも都合のいい言葉だ。もっとも、そう胸を張って表明できるようになるのはだいぶ先のことであり、出会った時の印象といえば…最悪に近いものがあった」生者の魂を喰らい、死者の魂を引き寄せるハンニバル。主に忠義を尽くし主と共に死ぬ使い魔の常道から外れ、主に不義を働き主を冥府へと誘いながらも己のみは生き長らえるという死を招く猫。そんな使い魔の次なる主―江藤比呂緒は弱冠十二歳で、たぐいまれな霊的な素質を持っているが、とんでもない“大馬鹿者”で…。

2007/11/29 15:04

投稿元:ブクログ

比呂緒は本当に大馬鹿者なんだけれど、自分よりも友達のほうが大事っていう優しいところが好きです。
比呂緒はマヌケなので、読んでいてとてもひやひやさせられました。

2016/08/21 02:59

投稿元:ブクログ

久しぶりに読み直したけれど、相変わらずよくわからない話だった。思いやりあっているような、エゴをぶつけ合っているような登場人物たち。伏せられたままの過去、時代的に許容される暴力、狂っていると思えた方がいっそ気楽な主人公。精神的に肉体的に殴りつけられるような文章に疲れながらも惹きつけられて読み進めるが、果たしてこの話はなんなんだと思ってしまう。ダブルブリッドは、愛の話だと思えたけれども私にはこの話はわからない。

2008/12/16 20:24

投稿元:ブクログ

電撃hpで連載していた作品です。
銃の掃除の仕方といい、えりかちゃんのねっとり文章を堪能!^▽^
1巻は序章って感じなので続編書いてください…

2009/06/26 14:53

投稿元:ブクログ

あー中村さんってこう言う文書く人だったっけ。

興味深い世界ではありました。
でも主線一本で書いたら半分…いや1/3ぐらいに成るんじゃないかと僕は思うw
その周囲のものを巻き込み、いらぬだろうところまで詳細に書いているのだ。
これが好きな人はいいんじゃないかと思う!
文章自体面白く書かれているしね!

どのくらい無駄があるのかと言う話を説明するとですね。。。
蒼儀が比呂緒に会いに来て、比呂緒に会えるまで約20ページを要しているのです。



うん。まあそんなわけで。
馬鹿が何も考えてないようで、何か思うところあって
ソウル・アンダーテイカーになったと言うお話だね。
もっと何か1巻でおわるような、そんな類のものだと思ったのですが…これ、続くの…?

2015/09/28 20:01

投稿元:ブクログ

父親からの誕生日プレゼント。
それはモデルガンではない銃だった。

馬鹿にしたような笑い、がデフォルメな馬鹿。
台詞混みだと、ちょっと想像がつきません。
貰った銃によって、違う世界へこんにちは。
しかし本人ありのままに受け止めているので
まったく混乱なし。
良い事、やもしれません。

一番の被害者(?)は売った親父かもしれません。
何だか、出てくるたびに可哀そうな気が…w
そして気になるのは、友人との関係。
家族ぐるみで、一体何が起こったのか。
頭部に穴が空いているのは、関係あるのか。

ところでエーテルって、削られたら
回復とかしないのでしょうか?
出っぱなし、と同じ扱い、になるのでしょうか??

2011/06/01 23:25

投稿元:ブクログ

主人公のキャラクターが怖い。何となくダブルブリッドを書いている途中の筆者の心境が伝わってくるような。血と肉と骨の物語。テーマは『欠落』。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む