サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブルーベリー・ソースの季節
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/276p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-15-250032-8

紙の本

ブルーベリー・ソースの季節 (ハリネズミの本箱)

著者 ポリー・ホーヴァート (著),目黒 条 (訳)

【全米図書賞(2003年度)】少女ラチェットは、おばあさんのティリーとペンペンの家を訪れた。2人は次々に噓みたいな昔話を語る。おまけに、実際の生活でもへんてこな事件の連続...

もっと見る

ブルーベリー・ソースの季節 (ハリネズミの本箱)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【全米図書賞(2003年度)】少女ラチェットは、おばあさんのティリーとペンペンの家を訪れた。2人は次々に噓みたいな昔話を語る。おまけに、実際の生活でもへんてこな事件の連続…。ちょっと変わった成長物語。全米図書賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ポリー・ホーヴァート

略歴
〈ホーヴァート〉1957年アメリカ生まれ。「ブルーベリー・ソースの季節」で全米図書賞等を受賞。著書に「みんなワッフルにのせて」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

とても気持ちのいい「変な」お話。

2005/07/20 22:11

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとも不思議なお話。不思議といっても、ファンタジーやミステリーの「ふしぎ」ではない。「変」という意味での「不思議」。でも、それは、とても気持ちのいい「変」なのだ。
13歳の少女ラチェットは、母親のわがままのせいで、親戚の双子の老女の屋敷に預けられる。その屋敷ときたら、クマが出没するような森の中の一軒家である。この大きな屋敷に住む双子の老女、ペンペンとティリーは、村の人からは、変わり者と思われている。両親が亡くなった後、ずっと二人きりで暮らしてきたから。でも、実は、自分の人生の楽しみ方を知り、はっきりとした自分の考え方を持っている魅力的な二人なのである。
この二人がラチェットに語る自分たちの昔話が、不思議な味わいを持ち、おもしろい。悲惨な話が多いのだけれど、それが時を経て、ティリーたちによって熟成されたかのようにひとつの味のある物語になるのだ。悲しいことも、このように語られる時が来るのなら、人生というものは、なかなかにあなどれないと思う。
この3人の生活に、あるとき親に捨てられた少女ハーパーも加わって、4人の不思議な生活が始まる。
この4人には、大きな共通点がある。それは、親から捨てられたということ。老女たちの母親は、彼女たちが子どもの頃に衝撃的な自殺をし、ラチェットの母親は子どもを放置しているし、ハーパーにいたっては、生まれてすぐ捨てられ、養い親の叔母も自分の子どもが生まれるという理由で、彼女を孤児院に預けようとする。4人とも、心のどこかに、自分は置き去りにされたという痛みを持っている。その痛みをお互いに感じながら、どう生きていくのかという物語でもあるのだ。
豊かな森の中で、お互いの思いを、毎日の暮らしやできごとの中に重ねていくうちに、4人は、それぞれの価値観を見出していく。
「時や、場所や、心の動きなどの偶然が重なって、絶妙なバランスでひとつの人生を作りあげたかのよう」(267p)に。そんな人生のあり方を見せてくれるとてもすてきな物語だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/23 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/06 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介しますYA(ヤングアダルト)文学 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。