サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

権力の花(SHY NOVELS(シャイノベルズ))

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

権力の花 (Shy novels)

著者 榎田 尤利 (著)

次席検事を父に持つエリート検事・蔵持楓は類い稀な美貌と優れた頭脳の持ち主。恵まれた順風満帆な人生。しかし内実は大きく異なっていた。奔放な魅力を持つ大学教授・陣内からデート...

もっと見る

権力の花 (Shy novels)

929(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

権力の花

918 (税込)

権力の花

ポイント :8pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

次席検事を父に持つエリート検事・蔵持楓は類い稀な美貌と優れた頭脳の持ち主。恵まれた順風満帆な人生。しかし内実は大きく異なっていた。奔放な魅力を持つ大学教授・陣内からデートに誘われる楓。彼は敵なのか、それとも…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

権力と正義

2013/03/13 15:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

次席検事を父に持つエリート検事、楓(受け)は類い稀な美貌と頭脳の持ち主であることから
「思想部の宝石」と呼ばれています。すべてに恵まれた順風満帆の人生。
でも、内実は大きく異なっていたのでした。
誰にも言えない持病。父の手駒としての男とのセックス。そして、見知らぬ誰かからの脅迫。
生来のプライドの高さゆえに、弱音を洩らすことなく生きてきた楓でしたが、ある日
取り調べの対象である大学教授、陣内(攻め)からデートに誘われるのでした。
奔放な魅力を持つ陣内。彼は敵なのか、それとも・・・。と、お話は続きます。
架空の職業、思想検察。個人の思想を取り締まるという、とっても硬いお話です。
父親との確執に持病、権力を持つ代議士からの強要やら、検事としての仕事などなど
とにかく盛りだくさんな内容です。
権力に思想、様々な思惑の中から楓が自分の中にある正義を見つめ直していく
成長物語ってところでしょうか。ただ、内容が硬すぎて読んでて疲れました。
あと、不本意な複数の絡みなどがありますのでそこが地雷の方はお気を付けを。
新田さんのイラストは内容にとてもよく合っていましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/06 06:37

投稿元:ブクログ

陣内幸也(32/大学助教授)×蔵持楓(28/検事)。正義とは? 誰が味方で誰が敵か!持病の?型糖尿病を抱えながら楓は・・・。おもしろ〜い!いろいろ考えさせられる。新田さんの挿絵が硬さと柔軟さを見事に表現している・・・と思う(自信なし)。

2012/04/16 16:47

投稿元:ブクログ

もしも、反社会的な危険思想・テロ計画を取り締まる新破防法が制定されたなら…という架空設定がベースになった、社会派BL。政治の闇に正義を楯に果敢に挑む「思想検事」が主役です。いかにも榎田センセらしいなー、というストーリー。

とは言っても、新破防法とか危険思想とか掘り下げては語られていないので、そんな世界なんだという認識だけでも話の大筋は理解できます。良くも悪くもほんのりBL向きで適当。
主人公の楓はエリートでクールビューティーな思想検事。とても理性的で隙のない印象とはうらはらに、父親の傀儡となり有力者に体で接待させられ、持病に苦しむ毎日。けれど、けっして弱音を吐かない気丈さを持つ男前です。
そんな楓が取り調べたのは、大学教授の陣内。彼は、取り調べの席で自分はゲイだとカミングアウトして楓に誘いをかけてくるようなふざけた男。
楓は、影の大物であり自分を蹂躙する金森が危険視する柳原を追ううちに、不本意に陣内と協力するようになり、彼の持つ人間性に惹かれていきます。楓が陰なら陣内は眩しい陽の世界に生きている男。病気で苦しむ楓にさりげなく気遣いを見せる優しさが人柄を表しています。

真相を追う中、陣内の全てを信じきるわけにはいかない事柄が、次々と楓の身に降りかかってきます。それでも、心の片隅で陣内を信じ、男としての矜持を忘れることなく、正義にこだわり真相を解明しようとする楓の姿が潔くすてきでした。
好きでもない男に蹂躙されたり、輪○レイプされたり痛いシーンが度々あります。榎田作品には意外にもけっこうありますね。今回もびっくりするくらいガチで犯されています。ただ、被害者が大人の男なので、悲惨さというよりはプライド面での描写としての大きなヤマ場となっています。
そして、そんな闇から楓を救い出すのが陣内です。ポンポンとテンポのいい陣内の軽めのセリフは鬱屈した空気を吹き飛ばしてくれる、いい役目を果たしていた気がします。
ただ、エロ面ではそこが今ひとつムードに欠けるところだったような。せっかくの言葉攻めでしたが…

頭の中まで取り締まって欲しくないな~と、真剣に思ってしまった…

2010/01/19 03:05

投稿元:ブクログ

『思想部の宝石』と呼ばれるエリート検事・蔵持楓は、ある日取調べ対象である大学教授・陣内からデートに誘われ・・・。疑惑とか探りあいとかあって、ふたりの対等な感じが好きなんだろうな。多分。

2008/05/28 02:05

投稿元:ブクログ

検事×大学助教授の話。

実際に起こりうるかもしれない熾烈な状況設定に
ついつい引きこまれます。
正義とは何か?と考えさせられます(笑)

2008/05/21 16:18

投稿元:ブクログ

あらすじ:「思想部の宝石」と呼ばれるエリート検事・蔵持楓の前に現れたひとりの男、彼は敵なのか、それとも味方なのか!?
次席検事を父に持つエリート検事・蔵持楓は類い稀な美貌と優れた頭脳の持ち主であることから「思想部の宝石」と呼ばれている。順風満帆の人生。しかし、内実は大きく異なっていた。誰にも言えない持病。父の手駒としての男とのセックス。そして、見知らぬ誰かからの脅迫・・・。楓は生来のプライドの高さゆえに、弱音を洩らすことなく生きてきた。そんなある日、取調の対象である大学教授・陣内幸也からデートに誘われるのだが・・・!?
男同士のアダルト&スクエアな恋を読みたいあなたに!!


2012/05/13 22:02

投稿元:ブクログ

攻め:助教授・陣内幸也
受け:検事・蔵持楓

思想検事の楓は?型糖尿病を抱えながら父の言いなりに政治家とセックスする日々。
助教授の陣内をその思想が危険ではないかと取り調べを始めたが陣内は余裕綽々であろう事か楓を口説いてきて…。


挿し絵が新田さんなので読みました。榎田先生が好きなので好きな絵師さんだと更に嬉しくなります。
思想検事とは榎田先生の架空の検事ですが、仮にこういう事がホントになったら生きにくい世の中になっちゃうなと思いました。
楓の抱える持病、血の繋がらない父との確執など内容は想像の範囲内ですが、やはり榎田先生、読ませる作家さんですよね。
楓と陣内は一応結ばれましたけど、父親や事件の確信の政治家など、問題は全然解決されていなくてちょっと消化不良でした。
解決したのは楓を脅す怪メールの事だけ。にしては怪メールより、政治家や親との確執の方にページ数が割かれていたのが腑に落ちないというか。どっちつかずでしたね。
このあと続編を書くつもりだったのかな。書いてないと思うけど、続編あるのかな。

新田先生の挿し絵はエロかったです(笑)
特に薬を使って複数の男にいたぶられているカット(笑)
余談だけど新田先生って受けは黒髪が多いですよね。

2011/03/21 19:08

投稿元:ブクログ

危険思想を取り締まる、思想検事が存在する架空設定のお話です。
なかなか読み応えがあり、キャラも魅力的です。
楓と陣内のテンポの良い会話が面白いww

「私の正義は消えない。私が死ぬまでは」という台詞が好きです。

2011/11/07 23:29

投稿元:ブクログ

今回は検事でした。思想検事という架空のものでしたが、読んでいくと世界に引きこまれて本当にこんな検事がいるように思えてきました。それにしても、榎田さんの作品はいろんな職業が出てきて楽しませてくれます。しかもインスリン依存型糖尿病という持病を持ってたり・・・いろんなことが出てきます。
陣内がカッコイイな。最後に親友が真犯人だったことには驚かされました。
父と決別した時、父は何を考えていたのか。本当に少しも愛していなかったのか、そこが気になります。

2011/12/11 22:26

投稿元:ブクログ

現代日本設定だけれども現実には存在しない「思想検事」という役職。憲法では思想の自由が許されてるわけですが、実際にテロ行動等をしなくてもそれを計画する段階で逮捕されるかもしれないというフィクションな設定でした。
戦前日本ではありえたことですので、この先日本がとち狂ったら復活するかもしれないなと思いました。おそろしや。

設定が他にはないので色々考えながら読みましたが、BL萌え自体は薄かったので評価は低めにしました。モブ×受けが苦手なんだよ・・・やめて。

2017/03/04 15:57

投稿元:ブクログ

なんだか特殊な設定で、ちょっとビビリました。
でもそこは榎田さん、全く澱まずスラスラ読ませてくれちゃう。
おもしろかった♪

イケイケGOGOな教授、好き!

2014/07/17 11:22

投稿元:ブクログ

大学助教授×思想検事

面白かった!思想検事は架空の職業だけど、話のスパイスになってそれにまつわる事件を反発しながらも攻めと解決していくさまは、普通に話として面白かった。

愛を知らない受けと、いまいちどうしてそんなに受けに惚れたか分からない攻め。
拒絶と興味の狭間ででも信用することも怖い受けの頑ななところがしっかり描かれてるし、攻めのワイルド系出来る男っぷりも良かった。

犯人はやっぱりって感じだし、父親との確執や問題だったことの決着はついてないけど、BLだからそこまで求めなくてもいいのかな。
なかなか面白くて一気に読み上げました。
☆3.7