サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/11/15
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/188,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-002262-8

紙の本

名作に描かれたクリスマス

著者 若林 ひとみ (著)

「クリスマス・キャロル」や「クルミわりとネズミの王さま」など、英米、ドイツ、スウェーデンを中心に印象的なクリスマスシーンの描かれている名作を約50冊紹介しながら、クリスマ...

もっと見る

名作に描かれたクリスマス

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「クリスマス・キャロル」や「クルミわりとネズミの王さま」など、英米、ドイツ、スウェーデンを中心に印象的なクリスマスシーンの描かれている名作を約50冊紹介しながら、クリスマスにまつわる歴史や文化を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • はじめに
  •  
  • 1 クリスマスって,何?
  •   かつては大騒ぎをしたイギリスのクリスマス/ディケンズのクリスマス・メッセージ/クリスマスのこないナルニア国/もういくつ寝るとクリスマス?
  •  
  • 2 クリスマスツリー
  •   ドイツ生まれのクリスマスツリー/アンデルセンの描いたツリー/ガラスのクジャク/ツリーはいつまで飾っておくの?/アメリカのクリスマスツリー/ツリー飾りの持つ意味/回転するツリースタンド/キッシング・バンチ
  •  
  • 3 サンタクロースって,だれ?
  •   子どもの守り神,聖ニコラウス/イギリスのファーザー・クリスマス/ニコニコ顔のサンタクロースの誕生/クリスマスの小人/プレゼントをもらえるのは“よい子”だけ

著者紹介

若林 ひとみ

略歴
〈若林ひとみ〉1953年生まれ。東京外国語大学ドイツ語学科卒業。日独間を往復しながら、マスコミの取材コーディネーター、ライター、雑貨の輸入販売などの仕事を行う。著書に「クリスマスの文化史」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者からのラスト・プレゼント

2006/01/03 15:36

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

山下達郎の『クリスマス・イヴ』、ワム!の『Last Christmas』が
一ヶ月間街を席巻した後、クリスマスを境に、がらりとお正月仕様に変わってしまう日本。だが海外では趣きが異なる。クリスマスが過ぎても、厩でのキリスト生誕シーンが教会の外に残っていたり、クリスマスツリーがしまわれずに飾ってある。これは別に、海外の人々がずぼらだからなのではない。ツリーはキリストが洗礼を受けたとされる一月六日まで飾っておくのが決まりなのだ。ちなみに、クリスマスから一月六日までの十二日間は『十二夜』と呼ばれる。こう書けば、シェイクスピアを読んだ人なら、離ればなれになった双子の兄妹が、再び出会うまでを描いた『十二夜』を思い浮かべるのではないだろうか。男装した主人公が、自分の主人が恋する相手に惚れられてしまう悲喜劇は、どんな事が起きても不思議ではないとされるこの時期にぴったりだ。
本書は、名作に登場した数々のクリスマスについて紹介すると共に、クリスマスの料理、ツリー、サンタクロースの歴史についてもふれている。「クリスマスなのに、うちは何にもない!」と四姉妹がぼやくシーンから始まる『若草物語』はつとに有名だが、他にも「おや、こんなシリーズにもクリスマスが登場している!」という発見があり、幼い頃に読んだ名作を、再読してみたくなるかもしれない。そうそう、2006年公開されるC・S・ルイス原作の映画『ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女』にも、ちゃんとクリスマスが出て来る。魔女に支配された国、ナルニアでは、ずっと季節が冬なのに、クリスマスが来ない。だがアスランが動き始めた事によって、サンタクロースが現れ、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィに、白い魔女と戦うための道具をプレゼントしているのだ。カラー写真や参照した作品情報も充実しており、欧米のクリスマスの雰囲気を感じ取れる。尚、本書の著者であり、ドイツ語翻訳家でもある若林ひとみさんは、2005年11月25日永眠された。最後に素晴らしいプレゼントを残された著者に、心からの感謝の意を表したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/28 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/17 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/09 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。