サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チアガールブルース(二見文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: 二見文庫
  • サイズ:15cm/426p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-576-05214-4
文庫

紙の本

チアガールブルース (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

著者 リンダ・ハワード (著),加藤 洋子 (訳)

チアガールブルース (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

895(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

リンダはやっぱり秀逸です。

2006/01/08 21:49

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リンダの作品では「心閉ざされて」「夜を忘れたい」などシリアスかつ切ない感じの物が好みなので、今回は期待外れかなと思っていました。ところが、意外にもとっても面白い!「パーティーガール」や「Mr.パーフェクト」と似た雰囲気ですが、全て一人称で語られているのが新鮮でした。ヒロイン・ブレアの語り、というかぼやきが軽妙でテンポが良く、殺人事件が絡んでいるのにとってもコミカル。一気に読んでしまいました。ただ一人称ゆえに、他の登場人物、特にヒーロー・ワイアットの心の内は直接語られることはなく、そこは残念なところ。でも割りと分かりやすい言動をとってくれるので、読み進むに連れてあまり気にならなくなりましたが。
殺人事件の結末も個性的で、喜劇と紙一重の感じもありましたが良い読後感に浸れる内容でした。
次作はやはり好みのシリアスな物を期待しますが、またこういうタイプのがあったら嬉しいです。
ところで少し引っ掛かっているのですが、「唐変木」って今時使うでしょうか。特にブレアが言うとなると、人物設定からして違和感のある言葉だったので気になりました。原書ではどう書かれていたのか気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わたし的にはちょっと残念

2006/01/02 15:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももたろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 リンダ・ハワードの作品ではあまりない、ヒロインの一人称。ヒーローの気持ちがいまいち見えづらくて、ちょっと残念だった。
リンダの作品のいいところは、ヒーローがヒロインを想う気持ちがじんわりと伝わってくるところだと思うから。
 でも内容的には、ホットな場面あり、サスペンスありで気軽に楽しめるものだったと思う。
 完璧なヒロイン、ブレアに完璧なヒーロー、ワイアット、この2人の絶妙な駆け引きの会話はとても楽しめた。
ブレアが、殺人事件の現場を偶然目撃したところからはじまるのだけれど、そこに登場するのは2年前に2度ほどデートしただけで、連絡不通となったワイアット。
実は彼は、ブレアが死んだものと思い、あわててやってきているのだけれど。ブレアはそんなことに気づかない。
その後、ブレアが2度も命を狙われ、そのたびに心底心配するワイアット。
女ならこんな風に心配されちゃうと、くらくらするよなぁと思う場面満載だった。
最終的に、けっこう以外な人物が犯人だったのと、甘い二人に乾杯というところだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/03 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/01 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/16 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/30 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/20 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/24 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/16 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/09 01:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/06 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/22 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/04 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

二見文庫 ランキング

二見文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む