サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

哀しみキメラ(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-3301-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

哀しみキメラ (電撃文庫)

著者 来楽 零 (著)

エレベーターが止まった。閉じこめられてしまった矢代純は、乗り合わせた三人の男女、十文字誠、水藤深矢、早瀬綾佳と共に、狭い箱の中で異形のものに襲われる。その不可思議な体験以...

もっと見る

哀しみキメラ (電撃文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

哀しみキメラ

594(税込)

哀しみキメラ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エレベーターが止まった。閉じこめられてしまった矢代純は、乗り合わせた三人の男女、十文字誠、水藤深矢、早瀬綾佳と共に、狭い箱の中で異形のものに襲われる。その不可思議な体験以来、純たちの体に変化が起こり始めた。傷つかない体、突然回復した視力、幽霊が見える目、そして、いくら食べても満たされない飢え。戸惑う純たちの前に、モノ祓い師であるという七倉和巳が現れる。そして彼は告げる。エレベーターの中で遭遇したのは、人間を喰って生きる“モノ”であり、彼ら四人の体は今、その“モノ”と融合してしまっているのだと—。第12回電撃小説大賞“金賞”受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞金賞(第12回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/02/25 21:28

投稿元:ブクログ

電撃小説大賞金賞作品。
あらすじと表紙イラストで選んだけど、
超 ツ ボ で し た 。
勢いで二回読んだ。
個人的には今まで読んだライトノベルの中で5本指に入る良作だと思う。
キャラクターも立っているし、話の展開も面白い。
これはこれで綺麗に完結しているので、続編とかは期待できないだろうけど、あったら是非読みたいなぁ。
シリアスな一冊が読みたい貴方にお薦め。

2006/02/15 20:28

投稿元:ブクログ

電撃小説大賞受賞作、金賞受賞のこの作品。私的には大賞より好きな作風でしたね。いや、シリアス好きってこともあるんですが、ラストが好き嫌いの多少分かれ目だと思うんですよ。そこが上手く気に入って、文章力が高く、すぐにひきつけられました。ベタで途中から展開が読めましたが、それでも面白い。特に人がモノに変わるまでの描写にリアリティがあり、思わずぞっとしました。missingに匹敵する暗くらい良質なホラー(?)だと思います。これはこれですごく素敵な話だし、十分綺麗に終わっていると思うから、無理に引き伸ばしたりはしないで次の作品に向けて頑張って欲しいです。期待しています。

2006/07/28 14:38

投稿元:ブクログ

デビュー作なのに、ここまで書ける人もいるんだなぁ、と思わず感心。
非常に面白かったです。
ある日突然、人間以外の存在と同化してしまった四人の若者。
たまたま予備校のエレベーターで乗り合わせただけの彼らが、この世でたった四人だけの同胞になる。
衝撃的な運命に翻弄されるわりには、比較的淡々と物語は進んでいきますが、それが逆に彼らの精神状態を表しているようで、圧迫感があります。
自分はまだギリギリの所で『人間』に留まっているつもりだった。
でも実際には、もう引き返せない場所まで来ているのに、目を背けているだけだった。
変に泣き喚いたり、錯乱したりするより、リアルに感じました。
凄いな〜。デビュー作ってのは大抵、『まあ、新人さんだから、多少はね。今後に期待だな』と言う作品が多いんですが、この作品は、そうゆう妥協点を感じずに読めました。次回作に期待大!です。

2010/07/26 21:01

投稿元:ブクログ

悪霊はまずくて化け物はおいしい?
基準がよく分からないけど、このこともあとで重要な話になるんだよね。
水藤深矢が好き。

2012/10/17 12:43

投稿元:ブクログ

切ない本が読みたいと言って友達に薦められた本。
なんと言うか本当に切なかった。けれど救いがないわけでもなくて、「誰のせいでもなく」「仕方ないことだった」というさじ加減が絶妙。
この後どう続けるのか、続刊も読んでみたいです!

2010/10/27 23:13

投稿元:ブクログ

エレベーターで偶然乗り合わせた4人に起こった事。
それを悲劇ととるか、日常ととるか、幸福ととるか…。
どこに属するか、よく分からないのは紅一点の彼女だけ、です。

誰の主張が一番納得できるか、と言われれば
十文字だ、と言いきれます。
その立場になって、初めて拾ったり捨てたりするかも知れませんが
大事で生きたくて仕方がないですから。
きれい事で生きていければいいですが
それと自分と、と言われれば、迷わず自分をとります。

全員、自分の思う通りに全員を守り通そうとするのが
色々無茶をするなぁ…と。
完璧ではないにしろ、守り通せたのは
よかったのか悪かったのか…微妙です。

2009/11/11 23:47

投稿元:ブクログ

日常ではありえないことが、日常の出来事から始まってしまう。
そして、そんな中で生き抜くことを学べる作品です。
読み始めると止まりません。

2012/02/04 20:21

投稿元:ブクログ

一気に読みふけってしまうほど、引き込まれる作品です。
4人の男女がエレベーターに閉じ込められ、そこから物語が始まります。
タイトルと雰囲気の差異に、とても惹かれてしまいました。
読み終わった後には、人生を深く考えさせられました。
自分の境遇を受け入れ、幸せになる、それが大切であると学んだ作品です。
全四巻。

2012/12/08 23:49

投稿元:ブクログ

終始切ない暗い雰囲気の漂う物語だった。
あまり感動、、はしなかったかなぁ。
文章力は感じさせられたし、挿絵やタイトルのセンスが素敵だな、とは思った。

2012/10/04 23:40

投稿元:ブクログ

心理描写がもう少し深いと良い作品になったかなと思うものの、ラノベとして、異形モノとして、良い作品だと思う。キャラクターが多いのに、ほぼ全員がちゃんとキャラ立ちしているのが良い。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む