サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販 全商品対象 ポイント最大10倍キャンペーン ~9/20

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-05086-7
文庫

紙の本

オックスフォード連続殺人 (扶桑社ミステリー)

著者 ギジェルモ・マルティネス (著),和泉 圭亮 (訳)

アルゼンチンからの奨学生として、オックスフォード大学に留学した「私」は22歳。渡英したのもつかのま、下宿先の未亡人の他殺死体を発見してしまう。一緒に第一発見者となった世界...

もっと見る

オックスフォード連続殺人 (扶桑社ミステリー)

税込 996 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アルゼンチンからの奨学生として、オックスフォード大学に留学した「私」は22歳。渡英したのもつかのま、下宿先の未亡人の他殺死体を発見してしまう。一緒に第一発見者となった世界的数学者セルダム教授のもとには、謎の記号が書かれた殺人予告メモが届けられていた。その後も、謎のメッセージを伴う不可能犯罪が矢継ぎ早に起こって…。知の巨人セルダムの叡智がいざなう、めくるめく論理のラビリンス。南米アルゼンチンから突如現われた、驚愕の本格ミステリーに瞠目せよ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まるで本家のイギリス人が書いたかのような作品です。

2007/07/19 23:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書、南米アルゼンチンの作家さんが、書いた作品ですが、
まるで、イギリス人が書いたかのような、英国調の正統派ミステリです。
ミステリというより、パズラーですが。

 アルゼンチンからオックスフォード大へ留学した、主人公が、
経験した連続殺人事件についてなのですが、
 どれも、殺人事件の前に、犯人からの予告メモが届きます。
そして、それには、数学の論理数列が、、。
 この数列の意味は、そして、、犯人は??
と、言った感じ。
 
 南米の作家が書いたとは、思えないほど、
(勝手に南米の作家のイメージを偏見に近いものでもっている私ですが)
叙述的で著者のラテン系の名前さえ見なければ、英国のミステリといってもとおりそうです。
あんまり関係ないですが、フォークランド紛争があったのに、アルゼンチンから留学できるのですね、、。
 一応主人公が、ワトソン役で、天才的な教授(犯罪学が専門でなく数学が専門)が、ホームズ役です。
 連続殺人事件を数列に見立てるあたりが、日本で言う、トリック重視の本格派
みたいです。
 
 これ、触れざるを得ないので、書きますが、
ここより、ネタばれそれも、今回は本書の根幹にかかわる致命的ものなので、
*読書予定の方は、パスしてください。
 本書は、ウィリアム・L・デアンドリアの某作品と、作品のネタが酷似しています。
その作品ですが、日本では、オールタイムベストに書名が、必ず、載るぐらい
の作品なのですが、 本書の解説によると、欧米圏では、日本ほど、有名でないとか、、、。
著者は、かなりのブッキスト(本好き)で、知らないはずは、ないとか、
なっていて、一種のパロディか?と、なっていますが、
 私が、読んだ感じは、これパロディではないですね、、。
多分、著者の知らないのでは?。
 ミステリとしては、ノックスのルールにも反しているし、
知的興奮というか、知的挑戦として数列というものに
拘ってそれをメインのトリックに書いている感じです。
 しかし、まぁ、連続殺人や、犯人探しでトリックというより、
ネタを突き詰めて考えていくと、こういうネタに行き着くこともあるでしょう。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/27 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/18 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/26 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/25 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/19 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/09 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。