サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~今読むべき~ ビジネスに効く教養 ポイント5倍キャンペーン ~6/23

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 伝記の通販
  5. 羊土社の通販
  6. 小さな小さなクローディン発見物語 若い研究者へ遺すメッセージの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 羊土社
  • サイズ:19cm/93p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89706-850-9

紙の本

小さな小さなクローディン発見物語 若い研究者へ遺すメッセージ

著者 月田 承一郎 (著)

少年時代から生命科学に憧れを抱いていた著者は、常に情熱をもって学問に励み、自らの「視力」を磨き続けた…。発見の感動を知る科学者・月田承一郎が歩んできた道を著した書き下ろし...

もっと見る

小さな小さなクローディン発見物語 若い研究者へ遺すメッセージ

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少年時代から生命科学に憧れを抱いていた著者は、常に情熱をもって学問に励み、自らの「視力」を磨き続けた…。発見の感動を知る科学者・月田承一郎が歩んできた道を著した書き下ろし。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

発見の感動と、mementomoriと。二つのメッセージが伝わってくる。

2006/08/15 16:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一人の生物学者が自分の研究・発見を生い立ちから綴った短い自伝的一冊。研究紹介書としても良く書かれているが、この一冊が通常の「自伝」と少し違うのは、著者が膵臓癌に罹患したことを知り、余命少ない中で研究を続けながらこの物語を短期間で書いたことである。
 ただ研究者の発見物語として読んでも、この本はこれから研究者になろうかと考える人に知って欲しい、研究、発見の感動が伝わってくる本である。著者は研究を山登りに見立て、「みんなの目指す山に向っていても、<視力>があればみんなの見過ごしている山を見つけることができる」という。「生い立ち」の章では「何のためかがわからないような勉強も、将来宝物を見逃さないための全方向の視力を高めるための勉強」であり、それが科学における「視力」であると書いている。まだ気付かれていない、未発見の山の近くを通るかどうかには「運」も関係するだろうが、それが見えるかどうかには広い知識を備えていることが必要、ということなのだろう。セレンディピティという言葉が思い起こされ、知識とは何かをわかりやすく表現してくれた言葉だと感じた。
 著者の「視力」で細胞の機能に重要なタンパクを発見していった経緯からは、苦しい時期もあるけれど、いろいろな人との触れ合いや闘いを通りぬけて得た発見の感動がとても活き活きと伝わってくる。具体的な研究の進め方、手法、理論などは専門的な分子生物学実験の知識がないと詳細は理解できないかもしれない。それでも現代の研究の実態、著者の感じた発見の喜びは充分に伝わるだろう。クローディンという物質の発見経緯やその内容を初学者に紹介する本としても要領よくまとまっていて良い本になっている。研究者になることを考えている人には是非読んでみて欲しい。
 著者は2005.12.11に他界。享年52歳であった。本書はその2ヵ月後には出版されている。2003年には学士院賞も受け、本書の主題にもなった発見も論文になっているので、本書のような「発見物語」の執筆の予定は病気を知る前からあったのかもしれない。大きな発見をし、まだまだこれから、と本人も思っていたことと思う。それでも、死は訪れるときは容赦なく訪れる。余命少ないことを知ったあと、どのように過ごしていくか。文中には、死を受け入れる言葉と、出版を予定した言葉、遺しておきたい言葉が入り混じっていて、「人の死」への向い方、を考えさせられる。
 2週間ほどで書き上げられたという本書は、100ページ足らずの薄くて小さな一冊であるが、さまざまなことを読み手に語りかけるだろう。研究・発見の苦労も、感動も。死も、生きることも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/23 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/28 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/29 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。