サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ライフハックプレス デジタル世代の「カイゼン」術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ライフハックプレス デジタル世代の「カイゼン」術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:26cm/168p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7741-2728-0
  • 国内送料無料

紙の本

ライフハックプレス デジタル世代の「カイゼン」術

著者 田口 元 (ほか著)

lifehacksとは、仕事をシンプルかつ楽しくするような習慣を生み出そうという考え方。シンプル&ストレスフリーの仕事術GTDや、Google全サービス活用、プレゼンが簡...

もっと見る

ライフハックプレス デジタル世代の「カイゼン」術

1,642(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

lifehacksとは、仕事をシンプルかつ楽しくするような習慣を生み出そうという考え方。シンプル&ストレスフリーの仕事術GTDや、Google全サービス活用、プレゼンが簡単にうまくなる方法を特集する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田口 元

略歴
〈田口元〉1日1社、海外のユニークなWebサイトを紹介するサイト「百式」lifehacksをテーマにしたブログを運営。著書に「アイデア×アイデア」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

面白い。しかし、ただ読んで「面白かった」で終わると、非常にもったいない。

2006/03/29 10:48

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容、執筆者は下記のとおり。巻末には執筆者の紹介として、各自の使用している道具や一日のスケジュールなども紹介されている。
・「lifehacksベストセレクション−lifehacksとは何かを探る」(田口元)
・「GTD−シンプル&ストレスフリーの仕事術」(田口元)
・「Google全サービス活用」(安藤幸央)
・「プレゼンが簡単にうまくなる」(平林純)
・「はじめてのマインドマップ」(角征典)
・「いつでもどこでも文房具」(和田卓人)
・「自分のための情報整理」(金子順)
・「勉強会のススメ」(角谷信太郎)
各項目とも分かりやすく、具体的に書かれていて、仕事やプライベートの際に参考になりそうなことが多い。「デジタル世代の」と副題にあるが、必ずしもパソコンを使う必要はない。例えば、田口元氏によるGTD(Getting Things Done、ストレスなく仕事を進めるための考え方)の解説で、GTDの実践の説明がある。ここで必要なものとして挙げられているのは、次の通り。
「・十分な枚数の紙/・ペン/・カレンダー(もしくは手帳)/・クリップかホチキス(紙をまとめるもの) ・ゴミ箱」(p.19)
 パソコンのパの字も出てこない。これで、自分がすべき仕事を挙げ、分類し、計画し、実行するための方法が紹介される。
 読んでいると、非常に面白い。ただ注意したいのは、「面白い」と読み終えただけではもったいないということ。紹介されている内容の中で、自分に真似できそう、真似すると快適そうなところを実行することが大切になる。そして実行してみると、実際に快適さや便利さが実感できる。
 全部を真似する必要はないし、それは難しいと思うが、自分にとってできそうなところをどんどん実行する、というのが、この本を十分に活用する方法になると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/26 08:21

投稿元:ブクログ

GTDは唯一の本だった「仕事を成し遂げる技術」が題名が地味な上に翻訳がわかりにくくて損していたが、これはわかりやすい。役立ち情報満載。

2006/03/27 23:06

投稿元:ブクログ

これまで試行錯誤して行き着いた今の自分のやり方が、Life Hacks的にも適っていて合理的なやり方なんだなぁ、というのがわかって勇気付けられた本。具体的なテクニックももとより、前半に書いてある「考え方」の部分が好きです。

2006/03/10 04:18

投稿元:ブクログ

http://www.ideaxidea.com/archives/2006/03/life_hacks_pres.html

2006/03/27 15:24

投稿元:ブクログ

GTD!Life Hacks! ……と言えばカッコイイかというと、まあそんなことはないですわね。その辺の「新しいコトバを使ってみたかっただけ」だとほぼ紹介の価値すらないんですが、これはイイですよ。「あれもこれもやらなくちゃ。を解決する」と題した特集−それが“GTD”ってやつなんですが−はなかなか使い甲斐があります。

2006/04/10 11:26

投稿元:ブクログ

GTD(Getting Things Done)というコンセプトを中心に、仕事のやり方や考え方を技術職なりの方法で改善するための実践的方法が沢山載ってます。GTDは「ToDoリストをさっさとやっつけよう!!」ってことだと思うので、ちょいとこの週末にでも挑戦してみようかと思う。

2010/03/29 21:31

投稿元:ブクログ

仕事の片付け方やタスクマネージメントに至る心構えが参考になる。振り返って読み返せるよう手の届くところに置いておきたい。

2006/05/05 20:53

投稿元:ブクログ

10年前に比べて最近は仕事をするのがつらいと感じる人が増えたのではないでしょうか。 それでも私達は、前を向いて進まなければなりません。 そんなとき、この本が現実的な力になってくれるように思います。 結構、実用的な本です。

2006/08/02 02:24

投稿元:ブクログ

ライフハックという概念に今ハマりつつある。言葉は新しいが、実は自分がいつもやってることだ。

書籍としての切り口は面白いが、整理術的な部分に関しての記述は、どこかで聞いたことのつぎはぎのように見えてしまうのは私だけか?

2006/06/03 23:02

投稿元:ブクログ

GTD(Getting Things Done)は実践してみようかなと思う。
無駄に迷うのはやっぱり時間の無駄。そこは減らしていかないとね。

2006/07/15 23:50

投稿元:ブクログ

基本的には「Get Things Done」という、現代人のための仕事術の一つを語った本のエッセンスを凝縮した本。この本に書いてある程度のGTDの内容自体はネットで調べればすぐわかるが、そのためのいくつかのツールが挙げられているのが、なかなかすばらしい。

2006/09/18 17:55

投稿元:ブクログ

GTD(Getting Things Done)をはじめ、Google活用、マインドマップといったデジタルを用いたLife Hacksの実践的手引書。これだけだと物足りないので、原書を読んだ上でどうぞ。

2006/08/18 14:33

投稿元:ブクログ

仕事に限らず様々な作業を整理して頭(または気持ち)をすっきりさせる方法GTDが紹介されている。個人的には頭すっきりの前に書棚をすっきりさせたいところ。

2006/10/09 20:32

投稿元:ブクログ

頭の中に心配(予定)を貯めないストレス解消術、早速実践しましたが効果はあるけど中々うまく行かない。中身はあまり濃くないがストレスを溜めない方法だけでも参考になります

2007/04/19 13:44

投稿元:ブクログ

有名サイト百式の田口さんが執筆に関わっておられます。

題字の通りLife Hacksについて役立つ事が満載で「Life Hacksとは何?」から書いているのでかなり分かりやすい一冊です。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む