サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 音楽の通販
  5. 講談社の通販
  6. 近衛秀麿 日本のオーケストラをつくった男の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-212490-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

近衛秀麿 日本のオーケストラをつくった男

著者 大野 芳 (著)

その生涯、華麗にして波瀾万丈! 兄は宰相・近衛文麿、恋人・愛人は数知れず。山田耕筰との確執、フルトヴェングラーとの交友、そしてユダヤ人救出−。世界をうならせた名指揮者・近...

もっと見る

近衛秀麿 日本のオーケストラをつくった男

税込 2,090 19pt

近衛秀麿 日本のオーケストラをつくった男

税込 1,705 15pt

近衛秀麿 日本のオーケストラをつくった男

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 13.4MB
Android EPUB 13.4MB
Win EPUB 13.4MB
Mac EPUB 13.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その生涯、華麗にして波瀾万丈! 兄は宰相・近衛文麿、恋人・愛人は数知れず。山田耕筰との確執、フルトヴェングラーとの交友、そしてユダヤ人救出−。世界をうならせた名指揮者・近衛秀麿の知られざる全貌を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大野 芳

略歴
〈大野芳〉1941年愛知県生まれ。雑誌記者を経て作家・ノンフィクションライターとなる。82年「北針」で潮ノンフィクション賞特別賞を受賞。著書に「ハンガリア舞曲をもう一度」「革命」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サブタイトルの真の意味は最後にわかります。

2006/09/03 21:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊豆川余網 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 傑作評伝である。文麿の弟、もしくは戦前、N響(NHK交響楽団)の前身、新交響楽団を立ち上げた日本楽壇の先駆者。その程度しか知らなかった当方のような読者には、全編にわたり、興味津々である。のみならず、近衛秀麿を知らないのは当方の無知のせいのみでなく、戦後暴露された「醜聞」と、(N響を中心とした)日本楽壇の「冷遇」、その結果、反近衛派の人々の跋扈があったという事実が、最後半部で明らかにされている。
 80年代、イギリスのレコード専門誌「グラモフォン」である評者が記したという、「復刻を望むのは近衛とベルリン・フィルの戦前の演奏であって、カラヤンのはその次」という評価が、日本ではほとんどといっていいほど伝わらないのも、そういう経緯かと思う。
醜聞とは、秀麿の飽くことない女性遍歴の中の一人、映画女優・澤蘭子の発言に基づく。蘭子は1937年(昭和12)から1945年までの欧米滞在中、事実上の「妻」だったが、秀麿にはドイツ人女性の愛人がいた。これ以前から正妻のほかに複数の女性と交渉があった性癖を読まされている読者には、蘭子の異常な嫉妬と、戦後当人が暴露した秀麿の奔放な生活は、彼女のほうにも責任があったように読める。これは必ずしも評伝作家の贔屓目と言い切れないことは、秀麿が、手をつけた愛人たちにその後も、それなりに手当てしていることで説明されている(もっとも、その「手当て」には、兄文麿の意を受けた文麿夫人千代子や、秀麿正妻泰子の働きがあった。)。とはいえ、ナチス・ドイツ崩壊時、ソ連軍に捕らえられ、過酷な生活の結果一女を失った蘭子は、やはり同情すべきであろう。
 秀麿のほうは、ドイツの高官たちとともに米軍に捕らえられながら、フランス経由でアメリカに連行され、1945年12月には帰国できた。ワシントンでの尋問時、子供の数を聞かれ、(英独語ともに堪能な)秀麿が沈黙していると、“こんな簡単な質問になぜ答えられないか”と問い詰められた際の秀麿の答え。「ちょっと待ってほしい。いま、正確に数えているところだ」。後年、朝比奈隆が“先生、そろそろアチラのほうは控えたら”といったら、「相手は悦んでおりますよ」と答えたという逸話とも符合する“名場面”だ。
 戦後日本楽壇の冷遇は、秀麿の(天賦の楽才に加え)「華族」という特権階級出身者であればこそ可能だった戦前の活躍への羨望と、それゆえの警戒が下地にあった。それは、戦前戦中の日本人指揮者、というより音楽家として唯一といっていいほどの国際的活躍の証明でもある。ベルリン・フィルをはじめ多くの欧米の楽団で客演し、喝采を浴び、フルトヴェングラー、E・クライバー、クレンペラー、ストコフスキーらと交流、もしくは彼らの招聘をうけ、シベリウスからはラジオ放送での自作演奏を評価されて国賓待遇でフィンランドに招かれている。あのおそるべきトスカニーニからも、ニューヨークフィルの副指揮者に指名されているのだ。同業の母国人であれば、羨望・怨嗟の結果、帰国後は謀略をめぐらせて冷遇したかった者もいただろう。このあたり、戦後画壇から排斥され続け、近年漸く大回顧展が実現した藤田嗣治とやや似ている。
 だが秀麿は、藤田と異なり、再渡欧という道を選ばなかった。劣悪な経営環境のなか、日本での楽団設立をこいねがい、苦闘するのである。実子・秀健のいうようにドイツへ渡ったほうが、晩年もう一花もふた花も咲かせることができたのではないかと、思わずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

近衛秀麿の波乱万丈の音楽人生

2006/09/10 18:27

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブルース - この投稿者のレビュー一覧を見る

近衛秀麿と言っても、現在は忘れ去られたも同然であるが、戦前は日本を代表する名指揮者であったばかりではなく、欧米の多くの主要オーケストラで客演をした逸材であった。何しろ、昔も今もオーケストラの頂点に君臨するベルリンフィルを6回も指揮し、ストコフスキー、E・クライバー、フルトベングラー、トスカニーニ、クレペラーなどの名指揮者とも交わりを持ち実力を認められていたというのであるから、現在の小澤征爾に匹敵する存在と言っても過言ではないであろう。
本書は、関係者のインタビュー、演奏会プログラム、最近発見されたドイツ人の盟友レーマンに宛てた多数の手紙などを基に、近衛家の次男として生を受けた近衛秀麿(因みに政治家の文麿は実兄にあたる)の波乱万丈の音楽人生を詳細に辿っている。
この評伝は興味深い記述が幾つもあるが、注目すべきものの一つとして、秀麿とオーケストラ創設との関わりがある。本書の記述に従えば、当時は日本にはプロの交響楽団と言えるものはなく、秀麿は国内の演奏家をかき集めて、現在のNHK交響楽団の基となった「新交響楽団」を創設している。秀麿は、この後も幾多の楽団の創設に関わっているが、自分の理想とするクラシック音楽を演奏するために次々と楽団を立ち上げていった秀麿の情熱には心打たれるものがある。
本書は、評伝である以上、秀麿の人間的な面にも多くの頁を割いている。とりわけ、秀麿よりも先行して音楽活動を展開していた山田耕筰との葛藤と軋轢には詳細に触れている。山田耕筰と言えば、「赤とんぼ」などの歌曲やオーケストラ曲を作曲したクラシック音楽作曲界の大立者として著名であるが、この人物は人間的にかなり問題のあったらしく、多くの音楽関係者とトラブルを起こしており、秀麿とも楽団創設を巡って激しく対立している。著者は、両雄並び立たずという例えもあるように、両者の個性の違いに加えて、秀麿は山田の弟子筋に当ったことからかえって近親憎悪的な面が増幅されたということもあったかもしれないとし、その複雑な人間関係の陰影を克明に描いている。
また、本書を読んで驚かされるのは、秀麿の激しい女性遍歴である。結婚後も、秀麿は女性演奏家・女優・芸者など多くの女性たちと浮名を流し、そのうちの幾人かとは庶子を設けてさえいる。戦後、秀麿は無情にも捨て去った女性たちから、乱脈な性生活振りを暴露した私記を週刊誌などに発表され手厳しいしっぺ返しを受けている。
終章では、戦前あれほど名声に包まれていた秀麿が、その死後に急速に忘れ去られて行った原因について論じられている。それには様々な要因があるが、著者は秀麿の融通無碍な音楽解釈にその一端があるとしている。現在では、作曲者が残した楽譜に忠実に演奏することが当たり前となっているが、秀麿は音楽をより完成度の高いものにするために、自分なりの改訂を加え近衛版として演奏しており、ベートーベンの一連の交響曲などは死ぬまで改訂作業を続けて倦むところがなかったという。このような改訂作業は、原典主義の現代にあっては厳に戒められており、秀麿の演奏が忘れさられたのはそうした背景があったと著者は結論している。他方、最近の新ロマン主義的な流れに乗って、秀麿の演奏は再評価されつつあり、残された音源からCDでの復刻もされているという。本書の出版やCDの復刻などの状況を見ていると、近衛秀麿という稀有な指揮者が忘却の中から掬い挙げられ正当に評価される機運が整いつつあることを実感させられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/24 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/17 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/03 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。