サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.8
  • 出版社: 東京シューレ出版
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-903192-04-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの

著者 永山子ども基金 (編)

1969年、連続射殺事件の容疑者として19歳の少年・永山則夫が逮捕された。獄中からの叫びは人々の心を揺さぶった。1997年、彼は死刑に処せられた。少年事件、死刑制度、南北...

もっと見る

ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの

1,337 (税込)

ある遺言のゆくえ 死刑囚永山則夫がのこしたもの

ポイント :12pt / 紙の本より391おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1969年、連続射殺事件の容疑者として19歳の少年・永山則夫が逮捕された。獄中からの叫びは人々の心を揺さぶった。1997年、彼は死刑に処せられた。少年事件、死刑制度、南北問題、永山則夫がのこしたメッセージとは。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/05/25 23:35

投稿元:ブクログ

永山則夫という人が、裁かれていたそのリアルタイムは知らないけど、なぜだったか、執行される少し前に知ったその人の生き様。その後のことは全く知らなかったけど、まさかこんな展開になっていたとは。死刑制度云々というのは言われているけど、現実の制度自体にも謎が多いということも始めて知った。

2012/03/08 21:13

投稿元:ブクログ

死刑囚永山紀夫が残した原稿と遺言からこのドキュメントが始まる。
原稿の出版による印税とそれを基に「永山子ども基金」がつくられ、永山の遺言どおり東京シューレやペルーのナソップ(子共による自治会)とつながっていく。

この場合幸運にも貨幣価値の違いによって円が何十倍もの価値になってペリーの子供たちの食堂や宿泊施設や集会場や・・・になって、日々の生活と学びと共生の意識を支え続けた。

人が人を裁く死刑が何故暴力的殺人でないのか?
何故死刑が理不尽なリンチでないのか?
秘密の説得の末の死だろうが、秘密の説得に失敗した挙句の強引な死刑だろうが
権力によって合法化された秘密の部屋での理不尽極まりないリンチでしかない。
その陰惨さは戦争に匹敵し貧しさゆえの殺人強盗をも上回るだろう。

19歳の永山は獄中で差しいれられた「貧乏物語」を読むことで、自分に気付く。
貧困が無知をつくり無知が依存を生み依存が人を対立させて対立が罪をつくる。
そしてその罪が貧困・無知・依存と繰り返して行くのだから、貧困と無知と依存をなくすことで、人が個として自律して共生へと成長していくことができると考え、彼は権力の罪を訴え続けて戦った。

獄中で無知だったと自ら認める永山は読書に没頭して文学・ドキュメント・論文とあらゆるジャンルの本を読みあさり、貧しい子どもたちが集える塾に関心を持つようになる。
それ以後、自らも日記を書き小説を書き膨大な論文を書き続ける。

30歳で死刑を宣告され、31歳で文通していた女性と面談室で結婚。その後32歳で一旦無期懲役の判決となるが、検察は異例の上告を行い最高裁は差し戻しの判決を下す。
40歳で死刑確定。6日後には下獄(確定死刑囚としてほとんどの面会と情報を切られて隔離される)。日記等を身柄引き受け人宛てに送ろうとするが許可されず。
48歳になる直前6月13日に身柄引き受け人からの辞任があって、その45日後7月28日48歳になってじきの事、外部の人との面会が許されたのは三年半振りであった。
7月31日新しい身柄引き受け人(新谷のり子)を手紙で知らせるが、開封されないまま8月4日に返還される。
引き受け人が決まる間のわずかな隙であろうか、8月1日の朝死刑が執行される。
死刑の日取りはあらかじめ宣告されることはなく、突然秘密裏に連行されて執行される。
死刑自体もその前後に関する事も、外部への情報は閉ざされているのが普通だと言う。
その朝ひと声、「ウオー」と叫ぶのを同じ官房の死刑囚が聞いており、毎朝日課としていた原稿には、「・・朝、」と書かれたところで終わりのない終わり方をしていると言う。

永山の場合、死刑から無期になり、あらためて死刑を宣告されると言う、二度の恐怖を法廷によってもてあそんでいる。
何もない独房で、突然の執行は朝に決まっていると言うことなので、八年の間朝を迎える恐怖が毎日襲い、食事になるまでの不安な時間から逃れる術がないのである。

新聞記者から死刑が執行されたことを聞い��すぐに、遺体をそのまま引き受けたいと申し出たが、遺骨となって布団その他の身の回り品と一緒に渡された。その際遺言として口頭で伝えられたことから始まった事がこの本になっている。
遺言がどのようにして残されたのかの説明もなく、あるはずの肝心な日記や書類の一部が戻されていないとも言う。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む