サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

図解近接武器
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 新紀元社
  • サイズ:19cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7753-0493-3
  • 国内送料無料

紙の本

図解近接武器 (F FILES)

著者 大波 篤司 (著)

「トマホーク」と「バトルアックス」の区別がつかないあなたへ、古今東西、大小軽重、剣・槍・斧のさまざまな武器を図解でしっかり解説。【「TRC MARC」の商品解説】

図解近接武器 (F FILES)

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

武器そのものの性質と比較、扱う人間についても着目した、画期的図説本

2007/10/07 14:44

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いえぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

近年、様々な武器解説本が刊行されることが多くなりました。かつては、大型で高価だったこの種の本も、バリエーションに幅が出たことで、読者は財布の都合や知りたい武器の種類によって本をチョイスできるようになり、結果として、本ごとの専門化が進んでいるとも言えます。筆調もハードなものから「萌え」を意識したものまで色々あるため、読む側にとっては、簡単に武器についての知識を得られるようになったばかりか、解説本の比較的な批評までが可能になりました。武器解説本は、今まさに注目されているジャンルの一つだと言えるでしょう。
 
 そんな中刊行された本書は、類書とは全く別の切り口でもって、武器を紹介しています。武器そのものの歴史や威力といった要素だけではなく、性質や用法の部分にウェイトが割かれており、「武器をどう使うのか?」、「誰がどんな武器を扱うのが適切なのか?」という事に重点を置いた視点は、まさしく「実用的」で、実際において、伝統的な武器を使う機会がほとんど無くなったこの現代においては、かえって新鮮なニュアンスを感じさせています。巻頭には、様々な種類の武器を比較し、武器そのものの本質に迫る、「武器学講座」とでも言うべき章が存在していますが、この部分こそ、本書を象徴していると言えるでしょう。そして、文章については、その切り口はもちろん、読みやすく、過不足のない形でまとまっていますので、読み物としてもとても優れています。全く武器に詳しくなく、扱ったことがない方でも、本書を読めば武器に対する理解は、間違いなく深まるはずです。また、要所要所でユーモアが利いていたり、架空の武器に対する考察がなされていたりするところも、ハード系の著書には見られない娯楽性があり、なかなか好感が持てます。

 本書が現代において最も力を発揮するのは、小説や漫画の資料として活用した場合でしょう。武器解説本は、ファンタジー系やバトル系の小説や漫画を書く際には、欠かすことのできない必需品ですが、その意味で、形だけではなく、用法や性質までを、相互比較的に検証しているこの本は、他を凌ぐものがあります。洋の東西を問わず、伝統的な武器を紹介しているという性質上、どうしても紹介し切れていない武器はありますが、そうした品々に対しても、本書が紹介している視点は極めて有効なものがあります。実際に使っていて違和感のない武器をチョイスすることによって、物語の違和感を抑えることが、この本によって可能になってくるかも知れません。

 武器研究者はもちろんですが、創作者に対しても、極めておススメできる一冊だと言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/19 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/13 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/09 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/30 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/08 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/09 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/19 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/29 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/05 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/05 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

国防・軍事 ランキング

国防・軍事のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む