サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発売日:2006/10/24
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社の創作絵本
  • サイズ:25×27cm/31p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-06-132337-7
絵本

紙の本

わたしクリスマスツリー 新装版

著者 佐野 洋子 (作・絵)

山のふもとの雑木林のなかに立っていた1本のもみの木の夢は、きれいな町でクリスマスツリーになること。他のもみの木たちが運ばれる列車を追いかけ、根っこを土からひきぬいて、モミ...

もっと見る

わたしクリスマスツリー 新装版

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

佐野洋子の本 8巻セット

  • 税込価格:11,330103pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

山のふもとの雑木林のなかに立っていた1本のもみの木の夢は、きれいな町でクリスマスツリーになること。他のもみの木たちが運ばれる列車を追いかけ、根っこを土からひきぬいて、モミの木は町へと走り出しますが…。【「TRC MARC」の商品解説】

 【商品解説】

著者紹介

佐野 洋子

略歴
〈佐野洋子〉北京生まれ。武蔵野美術大学デザイン科卒。「おじさんのかさ」でサンケイ児童出版文化賞推薦賞、「わたしのぼうし」で講談社出版文化賞絵本部門賞受賞。他の作品に「100万回生きたねこ」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

佐野洋子さんが描いたクリスマスの絵本

2017/12/23 08:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスマスの絵本はたくさんありすぎて困ってしまう。
 ましてやあの佐野洋子さんもクリスマスの絵本を描いていたなんて知らなかった。
 でも、さすがに佐野さんだけあって、かわいい、美しい、胸キュンの絵本とは少し違う。

 物語の舞台は山のふもとの雑木林のなか。
 一本のもみの木が主人公。
 その隣で大きな年とった木が「木はしっかり根を広げて倒れるまでそこにいるもの」と教えるのだが、もみの木はきれいな町でクリスマスツリーになることばかり夢みていた。
 だから小鳥やリスがいくら言っても話をきかない。
 町に行く貨物列車を見つけては何を載せているのか気になって仕方がない。

 そしてある日、ついにたくさんのもみの木を運ぶ貨物列車を見つけて、もみの木は自ら根っこひっぱって、貨物列車のあとを追いかけた。
 クリスマスツリーになることを夢みて。
 でも、もみの木をおいて列車は行ってしまったあとだった。
 泣きながら雑木林に帰るもみの木に、白い雪が降ってきて、もみの木は白い化粧をほどこしたようになる。
 そんなもみの木を森の仲間たちは暖かく迎えてくれる。
 そして、もみの木がなりたかったように、きれいな飾りつけをしてあげた森の仲間たちは「きみはすばらしいクリスマスツリーだ」と言ってあげた。

 本当にこれでいいのだろうか。
 こんなわがままなもみの木を森の仲間たちは簡単に許していいのだろうか。
 最後にもみの木が「わたし、クリスマスツリーになるためにうまれてきたの」と言うのだが、佐野さんは「小さな声でいった」と書いた。
 佐野さんの気持ちがなんだかわかったような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/26 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/02 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/24 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/25 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/06 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/29 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/27 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。