サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 扶桑社
  6. 扶桑社文庫
  7. 試練が人を磨く 桑田真澄という生き方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

試練が人を磨く 桑田真澄という生き方(扶桑社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社文庫
  • サイズ:16cm/256p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-05487-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

試練が人を磨く 桑田真澄という生き方 (扶桑社文庫)

著者 桑田 真澄 (著)

試練が人を磨く 桑田真澄という生き方 (扶桑社文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

試練が人を磨く

462 (税込)

試練が人を磨く

ポイント :4pt / 紙の本より134おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

応援したい。

2007/10/03 22:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由良 博英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は野球には興味が薄いのだが、書店でこの本を立ち読みして、惹かれるものがあったので買った。「とにかく感謝することと驕らないこと、そして自信を持つこと、この三位一体だ。」本書はそのテーマに貫かれた桑田投手の自叙伝である。1994年のシーズンの話題が中心になっており、各場面で著者の謙虚な心情の窺い知れるところが興味深い。現在、米メジャーのパイレーツを退団になった著者だが、復帰を望んでいる様子。応援したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先入観なく読めば、刺激されるところが大きい桑田投手

2011/09/14 21:48

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある人にとっては甲子園のヒーロー、またある人にとっては巨人のエース、またある人にはメジャーリーグに挑戦した向上心の人。桑田真澄は、各年代の野球ファンにいろんな形で記憶されている。すでに何冊かの本を出しており、素顔ものぞかせてくれている。

 本書で一番興味深かったのは、高校一年生の夏に甲子園に登場したときのエピソードである。
 中学でも地区大会レベルでは優勝していたが、PL学園に入学直後は、特段の目立つものがなく、外野の球拾いに甘んじていた。その外野からの返球の様子を見ていたコーチに注目され、特訓を受けたあと、PL学園を甲子園優勝に導くまでになる。その期間わずか数ヶ月。清水氏の特訓も、桑田だけスクワットを200回追加などと、過酷なものではあったが、それに耐えて急成長したストーリーは目の覚めるようなものだ。

 身長は170cm台とスポーツ選手としては小さい。それにも関わらず、清原とのKKコンビで、甲子園に5回出場し、優勝2回、準優勝2回、ベストフォー1回と驚異的な成績を収めた。結果から見れば、才能があったとしか思えないのだが、清水氏に見出されていなかったら、それもなかった。
 人生において成功する人によくあるように、こうした偶然の出会いに引き寄せられて、成功の階段を上った典型的な例だ。桑田の才能とそれを見出す人と、どちらが欠けてもこうはならなかった。

 桑田は、早大進学を志向しながら、ドラフトで巨人に指名されて入団する。その経緯を誤解されて、巨人と密約があったのではないかと疑われた。その点も、詳述している。桑田は、スポーツ・マスコミの報道で作られたイメージとかなり違い、まじめで努力家だった。そして、いたって謙虚である。

 高校時代は華々しい成績であったが、プロ野球でも成功を収めるとは、入団時にはあまり思われていなかった。高校野球のピッチャーとして完成されており、プロでは通用しないかのように言う人も少なくなかった。
 実際には、入団後の身体作りもうまくいって、2年目からは15勝をあげる投手に成長する。先入観にとらわれると、桑田というピッチャーを理解し損ねる。投手としては体が小さい、打撃の方がセンスがある、高校野球で完成してしまっている、などと思われた時点で、その後の桑田はなかった。

 その意味では、本人の努力と才能もあるが、それに気づく指導者の存在も大きい。桑田は、たぶんにスピリチュアルな視線を持っている。ひょっとすると、それが、自分の周囲にそうした人を呼び寄せているのかも知れない。先の清水氏も交通事故にあって、一命が危ういところまで行きながら、結局、回復している。

 ちなみに、マウンド上でボールに何かしらつぶやく姿も現役時代に有名だった。それは、ワン・ストライクとるごとの「ありがとうございました」である。これも読唇術で誤って理解されていたことが、本書で披露されている。この点は笑える。

 桑田はもちろんすべてに順風満帆だったわけではない。ダイビングキャッチでヒジの靱帯を痛めているし、メジャーリーグに挑戦したときも審判にぶつかって足を痛めた。不動産投資は人に任せて、大失敗している。ひどい中傷にもあい、ものをぶつけられたりしている。それでも忍耐強く、努力を重ねていく。
 
 結局、目標としていた200勝には届かず173勝に終わった。人生は、何もかもうまくいくわけではないが、才能と努力と、それを認める人の存在があれば、ここまでたどり着けるという好例を球界に残した。

 試練が人を磨くと言うのは簡単だが、ここまで実践できれば見事と言うほかはない。少しでも真似をしたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/04 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/20 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/28 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/18 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/25 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/14 09:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/06 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/14 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/09 02:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/04 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

扶桑社文庫 ランキング

扶桑社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る