サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

散歩もの(扶桑社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.10
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社文庫
  • サイズ:16cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-06080-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

散歩もの (扶桑社文庫)

著者 久住 昌之 (作),谷口 ジロー (画)

散歩もの (扶桑社文庫)

596(税込)

散歩もの

432 (税込)

散歩もの

ポイント :4pt / 紙の本より164おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 24.7MB 無制限
Android EPUB 24.7MB 無制限
Win EPUB 24.7MB 無制限
Mac EPUB 24.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

エジソン電球 7−15
品川の雪駄 17−25
古絵本 27−35

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

「孤独のグルメ」の久...

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

「孤独のグルメ」の久住昌之&谷口ジローの
コンビが書く今回のテーマは『散歩』。
なかなか時間が取れないこの頃、
でも思い切って時間をかけて散歩に出ませんか?
思いもよらない出会いと発見があるはず。
近所でもいいし、気になっていた場所、
よく通るけど知らない町、それぞれゆっくり
回れば違う景色が見えてくる。
今度の休みは散歩に出かけましょう。
                
            コミック担当 碓井
                   

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「孤独のグルメ」ほどの派手さはないけど……。

2009/11/14 07:59

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「孤独のグルメ」の久住昌之×谷口ジローコンビによる散歩マンガ。季刊誌「通販生活」に二年間(つまり、四回×二年=八話)連載されたものに、原作者のあとがきと原作うらばなしを収録したもの。
ページ数的にはこぢんまりとしているが、密度は、濃い。
特に、谷口ジローの絵は、薄墨やトーンを多用しているため一見白っぽい印象を受けるものの、その実、「孤独のグルメ」以上の緻密さ。季刊誌、ということで、スケジュール的にも余裕があったせいかな? むしろ、こんな絵を文庫サイズに縮小印刷できたことが、異常。
内容的には、主人公がいろいろな場所を散歩して、そこで見聞したものに触発されてちょこっと内省的なったり過去を振り返ったりする、ってだけの、エッセイ的なマンガ、でしかないのだけれど、「空間的な移動=散歩」と「回想=主人公の内面内での、時間的な移動」とが密接にリンクしていて、ページ数のわりには随分と奥行きがあるように受け止めてしまう。
「孤独のグルメ」における「ゴローちゃん」ほどはっちゃけた過剰なモノローグに彩られているわけではなく、その意味ではかなり地味な内容なんだけど(なにせ、ものが「散歩」だ)、淡々と何度も読み返したくなるような妙味がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

散歩もの

2014/04/05 15:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:REON - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者が好きなので手に取ってみた一冊。独特の雰囲気で面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な安らぎと懐かしさを感じた作品。谷口ジローの絵の雰囲気が、とても素敵です。

2009/11/06 18:15

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 忘れ難い漫画『孤独のグルメ』(扶桑社)でタッグを組んだふたりが、自分の好きなようにのんびりと歩く散歩の面白み、散歩の楽しみをテーマに描いた作品。一話八頁の作品が、全部で八つ、収められています。「エジソン電球」「品川の雪駄(せった)」「古絵本」「ヒッピー祭り」「真夜中のゴーヤ」「犬と軟球」「ハーモニカ横町」「目白のかき餅」の八つの話。

 話の主人公は、東京の吉祥寺に住んでいるサラリーマン、上野原(うえのはら)。彼が東京界隈をぶらりと歩くうちに、なんか面白そうな店を見つけて立ち寄ったり、妙に心地よい路地裏の魅力を発見したりするという、ただそれだけの話です。ただそれだけの話なのに、これがいい味出しているんですね。東京にまだ、こんな店や空間が残されていたんかなと。ホッとするのとともに、不思議な安らぎと懐かしさを覚えました。

 巻末の「原作うらばなし」で久住(くすみ)昌之が語っているとおり、作画・谷口ジローの絵のタッチ、雰囲気を持った絵の魅力が素晴らしいですね。なかでも、「第五話 真夜中のゴーヤ」の中、主人公が歩く夜の町の絵は見事だったなあ。人みな寝静まり、明かりがぽつぽつと灯る通りの絵が、詩情をたたえて描かれている。本の中にすーっと誘いこまれるような気持ちに気分になりました。

 残念だなあと思ったのは、セリフの字がちっちゃくて読みづらかったのと、絵の魅力はやはり薄まってしまっているんだろうなってこと。文庫版サイズに縮小している本の制約上、これはどうしても仕方ないことなのですが・・・。逆に考えれば、オリジナル本を大幅に縮小していながら、これだけの絵の魅力、絵のたたずまいが残されているのは貴重なのでしょう。八つと言わず、せめてあと四話くらい、作品を読みたかったなあ。それが一番、残念だったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった

2018/10/06 09:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者買い。
タイトルの通りに散歩して、いろいろと思いを馳せる。
派手さはないけど、おもしろかった。
なかなか散歩しないがこんな風に散歩できたら楽しいのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

谷口ジロー 結構好きです

2013/08/01 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷口ジローの絵が好きですが、久住昌之の原作であるところの孤独のグルメも好きなので買ってしまいました。買って損は無いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/10 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/30 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/03 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/07 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/28 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/05 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 06:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/30 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/30 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

扶桑社文庫 ランキング

扶桑社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む