サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベルの通販
  4. 男性向けの通販
  5. ホビージャパンの通販
  6. HJ文庫の通販
  7. ハガネノツルギ Close Encounter with the Ragnarekの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.7
  • 出版社: ホビージャパン
  • レーベル: HJ文庫
  • サイズ:15cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7986-0084-0
文庫

紙の本

ハガネノツルギ Close Encounter with the Ragnarek (HJ文庫)

著者 無嶋 樹了 (著)

公園で死にかけていた高校生・矢上玖朗を救った少女、九季塚鋼音。彼女は数多の世界を救う宿命を負った“救世の執行者”であるがゆえに、激しくも孤独な戦いをし続けていた。そんな鋼...

もっと見る

ハガネノツルギ Close Encounter with the Ragnarek (HJ文庫)

税込 681 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公園で死にかけていた高校生・矢上玖朗を救った少女、九季塚鋼音。彼女は数多の世界を救う宿命を負った“救世の執行者”であるがゆえに、激しくも孤独な戦いをし続けていた。そんな鋼音に一目惚れをした玖朗は、彼女の傍にいるために自ら危険な世界へと足を踏み入れる!!“普通”だった少年が“英雄”を凌駕する珠玉のバトル・カタルシス、開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ノベルジャパン大賞銀賞(第4回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

普通の少年と異世界少女の出会い

2010/07/03 11:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 10年前に両親を事故で失ってから何事にもやる気がなくなってしまった少年の矢上玖朗が、異世界の血統を継ぎ世界を救う使命を持つ少女の九季塚鋼音に命を救われ、彼女が身を置くバトル世界に巻き込まれていくというストーリー。
 どこにでもいるような普通の人間が運命に導かれて非日常の世界に入り込み、強大な敵と出会い敗れ、幼なじみの励ましを受けて再起し、ヒロインを守るため覚悟を決めて再び戦いに挑むという形式は、王道中の王道として人気を集めてもおかしくはないはずだ。

 でも、個人的にどこか物語に入り込めない気がした。
 文章展開がぎこちなく感じるから?など色々と理由を考えたのだが、自分として一番すっきりしたのは、世界観が統一されていないと感じたからではないかと思う。
 登場人物たちが持つ武器や技などには名前がルビで振られている。それが、英語だったりルーマニア語だったり、古代バビロニア神話由来だったり北欧神話由来だったり、何がベースにあるのか理解できなかったのだ。

 好意的な解釈としては、色々な世界観に基づく異世界の勢力同士がぶつかり合っているから、と見ることもできるかも知れないが、明確にそう解釈できる構造は示されていないように思えたし、ギリギリそうかなあと思えないこともないが、彼らの振るう力の起源は一つらしいことを思えばやはり違う気がする。

 次の展開があることが仄めかされて終わっているので、そちらで色々スッキリと解決が示されることを期待したいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/07 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。