サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. この世でいちばん大事な「カネ」の話 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この世でいちばん大事な「カネ」の話 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: ユーメイド
  • サイズ:19cm/234p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-904422-11-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

この世でいちばん大事な「カネ」の話 新装版

著者 西原 理恵子 (著・装画・挿画)

「働く」はもっと、「しあわせ」につながっていい。だから、歩いていこう。自分の根っこを忘れないために。「貧乏」は、札束ほどにリアルだった…。切れば血が出る、読めば肉となるサ...

もっと見る

この世でいちばん大事な「カネ」の話 新装版

812(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)

540 (税込)

この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)

ポイント :5pt / 紙の本より272おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「働く」はもっと、「しあわせ」につながっていい。だから、歩いていこう。自分の根っこを忘れないために。「貧乏」は、札束ほどにリアルだった…。切れば血が出る、読めば肉となるサイバラの物語。〔初版:理論社 2008年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 第1章 どん底で息をし、どん底で眠っていた。「カネ」がないって、つまりはそういうことだった。
    • 生まれる場所を、人は選ぶことができない。
    • だとしたら、ねえ、どう思う?
    • 人って、生まれた環境を乗り越えることって、本当にできるんだろうか。
    • 「カネ」はいつも、魚の匂いがした/新しい町、新しい「お父さん」/オカマのリョウくんと観た映画/戦場みたいな家、盗むか死ぬかの子どもたち/「暴力」と「貧困」が居場所を奪う/町から出て行く女の子、町にとどまる男の子/何にもなくても、認められたかった。何にもなくても、好きになってほしかった。/真夜中のドーナッツ/お父さんが、行ってしまった日/子ども時代の終わりに
  • 第2章 自分で「カネ」を稼ぐということは、自由を手に入れるということだった。
    • 「最下位」の人間に、勝ち目なんてないって思う?
    • でもね、「最下位」の人間には、「最下位」の戦い方ってもんがあるんだよ。
    • 高校を退学になった女の子/「お前は世界でいちばんいい子だ」/自分を守るために噓をつく大人たち/めざすは、ヘタウマのイラストレーター/手には、なけなしの百万円/上京。そして、デッサンの日々/「寝たきり浪人」と、こってりワル汁/最下位による、最下位からの戦い方/予備校生の売り込み屋/下請けの下請けは、ノーギャラだった/プライドでメシは食えません/エロ本。「何でもアリ」のワンダーランド。/天賦の才能よりも「サービス精神」/他人が、キミのことを教えてくれる。/捨てた故郷がわたしにくれたもの/「カネ」を稼ぐこと、「自由」になること
  • 第3章 ギャンブル、為替、そして、借金。「カネ」を失うことで見えてくるもの。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

「労働」と「お金」の尊さ

2013/10/19 01:20

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西原理恵子は、「毎日かあさん」などで有名なマンガ家だが、これは「字」の本。
この本での、サイバラは大マジメである。

中扉に、自身の二人の子供を描き、「子供に読んでほしくてかきました。」とある。
本文、すべての漢字に振り仮名が振ってあり、語調(文体)も、「…だよね」「…と思う?」などと、本当に自分の子供か、知り合いの子に話しかけているようである。
話の展開も、とても分かりやすい。

さて、内容だが、自らの生い立ちをなぞるようにして、「お金」についての話をあれこれと進めていく。
この本は、サイバラの自叙伝とも言える。
生まれる直前の両親の離婚、三歳での実父の死、再婚した母と義父の不仲といった家庭環境や、六歳まで過ごしたという高知県浦戸の港町と後に引っ越した県内の工業団地の町での社会環境。
それらから、本書は、まず貧困と家庭不和、貧困と非行について書き起こしていく。
あの頃は、町中が皆貧乏だったと回想する。
サイバラは、1964年生まれである。
だから、前述の家庭環境は、70年代頃の、高知県の一地方の状況である訳だが、今日児童虐待などで虐げられている子どもたちのニュースを思い浮かべると、全く違和感なくイメージが重なるのは、やはり「貧困」と「暴力」の結びつきについてのサイバラの見識が、今も普遍性を持っているということか。

その後、サイバラは上京し、美大受験のための予備校に通う。
この辺りの件が、僕は一番面白いと思った。
予備校で出された課題の結果が、成績順に貼り出され、自分が最下位であるのを見て青ざめたとあるが、その後の行動がすばらしい。
自分の目標は、「トップになること」ではなく、「東京で、絵を描いて食べていくこと」であると再確認し、まだ予備校生の頃から出版社周りを始めるのである。売り込み(営業)である。
少なく見積もって五十社、部署にしたら百カ所以上回ったという。
すごいバイタリティだ。
結果、カット描きから、仕事をスタートさせる。

本書でサイバラは、「働くこと」の大切さを何度も説く。
働いてお金を得ることで見えてくるもの、さらに得られるものについて、様々な面から丁寧に語り、「働きなさい」と勧める。
「労働」と「お金」の、本来の尊さに、改めて気付かされる。

本書では、他にギャンブルや投資の話、アジアの貧しい子どもたちやバングラデシュのグラミン銀行についてなどにも触れられていて、文字が大きく、やさしい文体ながらなかなか読み応えがある。

まずは、自分で読み、お子さんのいる方は、お子さんに読ませるのもアリかと思う。
(角川文庫にもなっている)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いちばん大事な本かもしれない

2016/01/31 15:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トモモモモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供のために書かれた本だそうです。
でも大人にも、いや大人にこそ骨身にしみるカネの話。
あまりにも心に突き刺さって泣けました。

「生まれる場所を、人は選ぶことができない。
だとしたら、ねぇ、どう思う?
人って、生まれた環境を乗り越えることって、
本当にできるんだろうか。」

西原理恵子の問いかけ。
いろんなお金の話がでてきます。
海辺の町の魚の匂いがするお金から、FXのあぶく銭まで。
その間には、つらいことをして手にするお金、工夫して働いてもらえるお金、ギャンブルで消えていくお金、貧しい国のお金。お金がない恐怖ももちろんある。

どうして働かなければいけないのか、やりたいことが見つからない。
迷った時に、この本を読んでガツーンとやられたらいいと思います。
私はやられました。

大手出版社が同じ本を出しているようですが、ユーメイド社から出版された経緯は、冒頭で著者自身が説明しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/02 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/08 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/07 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/17 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/01 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/23 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/24 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/01 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

哲学・こころ・生き方 ランキング

哲学・こころ・生き方のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む