サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. わたし、まだねむたくないの!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わたし、まだねむたくないの!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:27×27cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-265-85014-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

わたし、まだねむたくないの!

著者 スージー・ムーア (さく),ロージー・リーヴ (え),木坂 涼 (やく)

「だれかさんはもうねるじかんでしょ?」ママがいいました。でも…だれかさんはぷんぷんぷん。「ねむってるばあいじゃないのよ!だってね…」なりたいものは、かいぞく、かいじゅう、...

もっと見る

わたし、まだねむたくないの!

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

岩崎書店えほん新刊セット2012年版〈外国のえほん〉 13巻セット

  • 税込価格:18,792174pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「だれかさんはもうねるじかんでしょ?」ママがいいました。でも…だれかさんはぷんぷんぷん。「ねむってるばあいじゃないのよ!だってね…」なりたいものは、かいぞく、かいじゅう、きし、バレリーナ、まほうつかい…。ねむりにつくまでのたのしいひととき。いつまでも遊んでいたい、のびのびとした子どもの心を描いたベッドタイムの絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】

なりたいものは、海賊、怪獣、騎士、バレリーナ、魔法使い! 寝る時間がきてもまだ遊んでいたい、子どもののびのびとした心を描いたベッドタイムの絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スージー・ムーア

略歴
〈スージー・ムーア〉家庭教師、小学校のティーチング・アシスタントとして子どもたちと多くの時間をすごし、読み聞かせに定評がある。
〈ロージー・リーヴ〉イラストレーター。絵本に「すきすきちゅー」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

うーん、しあわせ

2017/02/28 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やさし - この投稿者のレビュー一覧を見る

親目線だと「バカヤローてめえ、また朝グズつくなよ」とか言いたくなっちゃいそうだけど、子どもの何でもなれるキモチの自由さ! こんなに楽しい「やること」がいっぱいあるんだもん、寝てるバヤイか! でもちゃんと身支度は進めるのがこの子のエライところ。ちゃんとはみがきして、おフロ入って、ママのキスであとはユメで…しあわせですなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

眠りにつく前の至福の時間!

2011/09/21 23:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本当は眠いのに、「ねむたくない!」と言う子どもの気持ち。わかるわかる! 子どもの頃、眠るのがもったいなくて、こう思ったことは、みんなあるはず。
 そして、それといっしょに思い出すのは、あの眠りに着く前のひとときの幸せ感。一日遊んで、身体はクタクタ。でも、その、ちょっとぼうっとした中で、まだやりたいことが…。もっと起きていたいと、現実と想像のあわいの中を漂う幸せな気持ちときたら…!
 
 主人公の女の子は、想像の中で、海賊になったり、怪獣になったり、騎士になったり、バレリーナになったり。画面には、「あぁ、これって、もしかして、あの場面?!」と思えるおはなしの名シーンが出てきて楽しませてくれる。つまり、この女の子は、本を読んだあと、ひとりで物語の主人公になって遊べる豊かな時間を持っているということ。「まだねむたくないの!」という言葉は、この子が親に守られて幸せだからこそ、言えることなのだ。
 作者の、子どもが子どもとして過ごせる時間へのいとおしさが伝わってくる絵本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/07 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/28 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/08 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/18 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/25 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む