サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

万年筆とチョコレート(ショコラ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 心交社
  • レーベル: ショコラ文庫
  • サイズ:15cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7781-1177-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

万年筆とチョコレート (CHOCOLAT BUNKO)

著者 如月 静 (著)

家政夫の中原知春は、大企業の役員をしている四方博文の屋敷での採用にあたり、若くても職務遂行能力があるというところを見せるため、一ヶ月ほど主人である四方に姿を見せずに働くこ...

もっと見る

万年筆とチョコレート (CHOCOLAT BUNKO)

627(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

万年筆とチョコレート

627 (税込)

万年筆とチョコレート

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

家政夫の中原知春は、大企業の役員をしている四方博文の屋敷での採用にあたり、若くても職務遂行能力があるというところを見せるため、一ヶ月ほど主人である四方に姿を見せずに働くことになる。だがそれゆえに彼は顔合わせまで知春を女性だと思い込んでいた。その勘違いから女装してパーティーに同伴することになってしまった知春は、なりゆきでその後もしばらく四方の偽装デートにつきあうことになり—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

珍しい出会い

2011/11/10 04:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maruma - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本とは私にしては珍しい出会い方をした。
普段は好きな作家さんだったり好きな設定だったり
(眼鏡、スーツ、丁寧語、検事などなど)割と手に取る本は決まってるんですが。

久しぶりに本屋さんをふらふらしていた時に
優しげなピンク色とチョコレート色が使われた北沢きょうさんのイラストに一目惚れ。
「万年筆とチョコレート」と言う題名にも惹かれて手に取ってみた。

主人公は家政夫の中原知春。
高校入学と同時に短時間の通い仕事ながら働き始めて約三年。
高校卒業を控えた彼が家政婦紹介所の紹介を受け面接をしているところから話は始まる。
この面接で知春は条件を出される。
それは雇い主に姿を見せずに働くと言うこと。
雇い主は熟練した家政婦を望んでいて、熟練していると言うのはそれなりの年だと思っているらしく。
先入観なしに働きぶりを見せれば納得するだろう、と面接官でもあるその家の執事は言う。

知春の働きぶりは細やかだ。
担当は雇い主の使う場所の掃除。
ベッドメイクをしながら雇い主に思いを馳せる。
シーツにも寝具にも殆ど乱れがなく、羽根布団はいつも同じ分量だけめくれている。
シーツの皺からかなり背の高い人だと言うのが分かる。

そう、知春が姿を見せないだけではなく、知春も雇い主について知らされていないのだ。

ある日知春はベッドメイク中、シーツを整えている時に手にケガをする。
傷の原因は何故かそこにあるはずのない万年筆。

それから話は動き出す。
雇い主と少しずつ言葉を交わし始め、そして・・・。

この話の鍵はお互いに姿を見せなかったこと。
そこから全てが始まっている。

陰謀も悪意も何一つないお話。
働きぶりが細やかでひたむきで初心な知春にぐっと入り込んで読んでしまった。

知春に何が起こっていくのか。
ぜひ本を読んでみてほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

設定は惹きこまれる作品

2016/03/25 11:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

偏屈×女装メイド

設定は好きだし、最初の顔を互いに知らないところは読んでいてワクワクした。
けど、読み続ける内に四方の頑固というより幼稚にも見える言動や、知春が好きになったという四方の魅力が何処からも伺えず、読むのが苦痛になり途中で置いといて3週間後に読了しました。
うーん、導入とか設定は素敵だったのですが、物語の起承転結が薄く残念だという印象が残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/29 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/09 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/25 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/17 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/04 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/10 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る