サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 原発と権力 戦後から辿る支配者の系譜

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原発と権力 戦後から辿る支配者の系譜(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06628-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

原発と権力 戦後から辿る支配者の系譜 (ちくま新書)

著者 山岡 淳一郎 (著)

中曽根康弘、正力松太郎、田中角栄。権力者は原子の力を我がものにし、こんにちの日本を形作った。戦後から連綿と続く忘れさられた歴史を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解...

もっと見る

原発と権力 戦後から辿る支配者の系譜 (ちくま新書)

821(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中曽根康弘、正力松太郎、田中角栄。権力者は原子の力を我がものにし、こんにちの日本を形作った。戦後から連綿と続く忘れさられた歴史を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山岡 淳一郎

略歴
〈山岡淳一郎〉1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。人と時代、21世紀の公と私を共通テーマに、近現代史、建築、医療、政治など分野を越えて執筆。著書に「国民皆保険が危ない」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「権力」という言葉がタイトルにありますが…

2014/09/23 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shiina - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰かが暗躍して、または権力を振りかざして、原子力発電を始めたというように、人々に思わせようと一生懸命に筆者は努力しているみたいですが、記載されてる内容を見て、普通に日本にはエネルギー資源がないことと、ちゃんと研究、実用化すべき技術として、始めなければならないものだったと感じました。

ただ、他の発電技術も同様に研究開発と実用化とその運用ノウハウの蓄積はすべきであったでしょう。
それらがないがしろになっていたことは、国の政策としては失敗だったと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「原発推進政策」を軸にみると「敗戦国日本」の政治経済史が手に取るように見えてくる

2012/03/26 14:42

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「原発推進政策」を軸にすると、「敗戦国日本」の戦後政治経済史が手に取るように見えてくる、そんな感想をもつ中身の濃い、読み応えのある一冊である。

すでに多くのノンフィクション作家が原発推進をめぐるこの戦後政治経済史について書いているが、本書のいたる所でその分析力の鋭さと洞察力の深さに、なんどもうならされる思いをするのは、著者がすでに『田中角栄-封じられた資源戦略石油、ウラン、そしてアメリカとの闘い-』(草思社、2009)において、エネルギー問題を軸にすえた戦後史への鋭い斬り込みを示していることにもある。

広義の安全保障には、軍事力だけでなく、国民生活の根本にかかわるエネルギー問題と食糧問題が大きな意味をもつ。

「石油の一滴は血の一滴」という名台詞を吐いたのは第一次大戦当時のフランス首相クレマンソーだが、日本が第二次大戦で敗れ去ったのもまた、エネルギー源である石油が絶対的に不足していたからだ。「敗戦国日本」が「唯一の被爆国」でありながら、政治家たちが原子力に着目したのはエネルギー問題の観点だけでなく、真の国家独立を獲得するために核武装へのつよい憧れが原発推進の「隠れた動機」であったことも、本書ではつぶさに検証される。

権力ときわめて相性のいいのが原子力だ。こと原子力をめぐっては党派を超えて戦時中の大政翼賛会的体質が見え隠れするのはそのためなのだ。政治家、官僚、電力会社という鉄のトライアングルをめぐる関係も、じつは一筋縄ではいかない複雑さがあることを感じ取り、日本が高度経済成長とひきかえに、いかに国土だけでなく人心をも荒廃させてきたかを知るためにも、ぜひ読んでおきたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/21 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/29 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/23 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/16 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む