サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1115-17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏の夜のわるい夢(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-19809-1
文庫

紙の本

夏の夜のわるい夢 (創元推理文庫)

著者 ジェイニー・ボライソー (著),安野 玲 (訳)

だれもがローズには打ちあけ話をしたり、問題を解決してくれと頼むらしい。若い女性のレイプ事件を捜査中のピアース警部は、心のなかでつぶやいた。ローズときたら、絵画教室の生徒で...

もっと見る

夏の夜のわるい夢 (創元推理文庫)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

だれもがローズには打ちあけ話をしたり、問題を解決してくれと頼むらしい。若い女性のレイプ事件を捜査中のピアース警部は、心のなかでつぶやいた。ローズときたら、絵画教室の生徒である、被害者の親友の母親から相談を受けたというのだ。レイプ事件はなかなか解決せず、ジャックの懸念をよそに、ローズは事件に深入りしてしまう。コーンウォールの魅力満載、好評シリーズ第6弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

シリーズのリアルな限界が見えてくる、一抹の寂しさ

2016/07/24 06:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コーンウォール・ミステリーシリーズ第6弾。
第7弾がシリーズ最終巻になる模様。 確かに終わりが近づいているように、人間関係にそろそろ結論が出そうです。
やはり狭い町に犯罪が起こり続けるのは、知り合いの知り合いはみな知り合いみたいな土地柄ではだんだん無理が出てくる気がします。

画家として順調なキャリアを築いているローズ・トレヴェニアンのことを、町の人たちがみんな信頼し、いろいろ相談したくなる・・・という気持ちはよくわかるのですが(ローズの友人たちもそれぞれ個性が際立っているし)、何故ローズはジャック・ピアースを相手にするときだけ素直になることができないのか。 その意地の張り具合は「君はティーンエイジャーか?!」てな具合です。 もういい大人なんだからはっきりさせましょうよ、というか素直になりましょうよ、という感じに(まわりの人間もまたそう思っているのが笑える)。

ただ今回の犯人に対する解釈はあまりに紋切り型で、精神異常で片付けてはいないものの、それこそ「ホラービデオを見ていたから猟奇殺人犯になった」みたいな結論に似ていて、そこは賛同できませんでした。 もうちょっと犯罪心理学的に深いものにつながればな・・・でもそれはコージーには、高望みなのかしら?(別にバカにしているわけじゃないですよ)。
多分、最終巻も読んでしまうんだろうな、と思います。 がんばれ、ジャック!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/10 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/15 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/17 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/14 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。