サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オトメの帝国 2 (ヤングジャンプ・コミックス)(ヤングジャンプコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

オトメの帝国 2 (ヤングジャンプ・コミックス)

著者 岸 虎次郎 (著)

オトメの帝国 2 (ヤングジャンプ・コミックス)

607(税込)

オトメの帝国 2

577 (税込)

オトメの帝国 2

ポイント :5pt / 紙の本より30おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

オトメの帝国(ヤングジャンプ・コミックスBJ) 13巻セット

  • 税込価格:7,93273pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これを見た人一生元気で長生き!イェイ!

2012/02/12 06:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のら公 - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った二巻。二巻目に入ってキャラの掘り下げの深度が増し、確実に作品世界の魅力が加速しています。

第13回、愛里・ミチルの初詣。一連のやり取りで愛里が素直にミチルを好きなのが良くわかります。
小野田さん、初詣。リア充爆発しろ。小野田さん、ノン気なんですね(驚愕)。
ほのか年末。今度は是非サークル参加していただきたい。あと、部屋には鍵を。
第14回、まひる・まひろ初登場。ファッション百合のような、ちょっと「ごっこ」っぽさを感じる二人。子犬がじゃれているのを見てる心持ちです。
市ノ瀬・浅水先輩はガチ。バレンタイン回、オトメ帝国ガチ部としてこれからも頑張ってほしいものです。
第15回、ディベート部初登場。「箸が転んでも」の年頃のギャル会話回です。JKのふとももは国の宝だよね。
出ました、あー・ちえ。ガチ部の星。相変わらず仲良しですが、ホントちえは変わりましたね。初登場時の性格悪そうな黒ちえとは別人に昇華しました。キツネっぽかった面差しも性格のまろやか化に従ってタヌキに。
第16回、優・茉莉回。ガチ部エロ担当のお二人、今回もエロいです。
真打、美好・綾乃やっと登場。百合というより、妹・美好、姉・綾乃の姉妹っぽい二人。いや、美好はだんだん弟っぽくなってますが。
第17回、エリーシャ初登場。仲良いなぁ、このクラス。ほのかがスカート折り曲げて短くしてるのが確認できます。そっかぁ、短くするかぁ。
第18回、ネコ愛里・ミチル回。愛里から漂う小学生低学年臭。
ネコ小野田さん回。小野田さんの自意識。小野田さんは、もっと自信を持って良い。
第19回、まひる・まひろお昼寝回。実に子供こどもしい二人、やっぱ子犬っぽい。
手繋ぎまひまひ回。この二人の関係は、危い均衡の上に成り立っている気がしてきます。
第20回、優等生奈緒初登場。登場人物中一番危い感じ。とんでもないことになる前に殻を破ってもらえるような友達に会えればいいんですが。美好たちのクラスなら良かったのに。
第21回、おしぼり下ネタ回。美好とちえはクラスのムードメーカー。美好も最初の頃はギャル丸出しの性悪キャラかと思っていましたが、今では望月のような丸顔になって周りを明るく照らす元気娘キャラに。いや、もう元気過ぎて小学生男子っぽい…。
ほのかイルカ回。ほのか、黒髪ロング前髪パッツン色白長身スリムとか、某栗山様並みの高スペック(含む、オタク)ですが、腐女子らしく純然と性格が歪んでるのが良いですね。真っ当なオタはこうでないと。
第22回、エリーシャ・ほのか回。くっ、どうせ磨けば光るんだろ、と思わずにはいられない感じ。縞パンなんだ…。
第23回、ディベート部電車編。のののん先輩、ガチでしたか…。こういうのは前に座って見てたい感じ。
第24回、海編1あー・ちえ買い物回。見所は、ちえのコミュ力の高さと亜衣にもあった乙女心か。
個人的には、「小野田さんも誘ってみようよー」と言っている美好が一番のヒットです。
第25回、海編2美好無双回。美好、完全にガキ大将。良いね。特に「小野田さん、まさか来るとは思ってなかったよー、ヒマなのー?」の笑顔の美好のセリフは、後ろに独りでいる小野田さんに対するフォローであり、押し付けがましくない思いやりが見て取れるとても良いシーン。その後も、ずっとさりげなく小野田さんに声掛けてる美好、ええ奴や…。
ちえも「今日を機会に仲良うしよな」と小野田さんに話掛けますが、これも自意識の塊である高校生が同級生にはなかなか言えないセリフ。コミュ力半端ない。
亜衣は、ここに来てまさかの完全な男目線。亜衣、ここまで男らしかったか。
綾乃・美好の浮き袋ハプニング。この二人の絡みはエロさが減って、ただただ微笑ましくなってきました。多分、美好のせいだ!
第26回、海編3愛里回。基本、水着鑑賞回というか体型観賞回。小野田さんは幼児。
さて、愛里の水着に1年3組と書いている点に注目。これは愛里のネタなのか。本当に彼女たちは1年生なのか。にしては、女子高生として堂に入り過ぎてはしまいか。あまつさえ、小野田さんは生徒会長だし。
作中、夏も冬も描写は2周してますが、クラス替えも無い様子。ひょっとして、サザエさん時空なのか? だとすると、かなり嬉しい。
第27回、海編4小野田さんの夏。私は、この二巻は小野田さんの巻だと思っています。この回があるから。
一巻で美好と綾乃が電車で、目と鼻の先に座っていた小野田さんに一言も声を掛けることなく目線も合わせない回があり、「え?同じクラスだろ、こえぇ女子怖ぇえ!」と思いました。でも、そんなことなかった、みんな良い子。それだけでも、この二巻を読む価値はあります。
小野田さん、このクラスになって本当に良かったね、素直にそう思える展開。小野田さんのモノローグが泣けます。
正直、コメディリリーフで便利に使われるキャラだと思っていた小野田さんにここまでやられるとは、作者の漫画力に完敗です。
第28回、海編5海思い出の写真回。実に青春してます。集合写真で何気に手を握り合ってるあーちえ。ガチだ。
第29回、ハロウィン回。美好、お菓子もらってもイタズラ敢行とか、マジ悪魔。しかし、綾乃が一枚上手で美好泣いちゃうとか、マジ幼児。すごく、姉妹です…。
ここで、この書評タイトルが出てくる訳ですが、偶然とはいえ二巻の締めにコレが来るとは、なかなか良い演出になってますね。
茉莉・優ハロウィン回。この回の描写を見るに、優は本作中でも群を抜いて美少女なんではないでしょうか。ドSだけど。

最後に、百合的まとめ。
愛里・ミチル、好き同士ではあるがガチと言ってしまって良いものか。超親友という路線かも知れない。
まひる・まひろ、一過性のファッション百合もしくは自己愛の一形態としての百合かも知れず、今後の経過を見たい。
小野田さん、彼氏ほしいようなので、うん。
市ノ瀬・浅水先輩、ガチだと思いたい。市ノ瀬は良い子なので不幸は見たくないところ。浅水先輩のスイッチ次第か。
のののん先輩・ゆみみ、先輩はガチ。しかし、ゆみみは…。攻略は大変だと思います。
亜衣・ちえ、もう付き合ってる。お幸せに。
エリーシャ・ほのか、どうなんでしょう? 百合じゃなくても早く友達になって、コミケに二人でサークル参加するべき。
そして、美好・綾乃。「仲良きことは美しき哉」を地でいっていて、実に良い感じながらも、距離が近過ぎてここからガチにシフトするのは難しい感じ。ただ、片方に彼氏が出来ると、もう片方は寂しくて頭がおかしくなりそうな、そういう危さはあると思う。そういうことを2、3周した後に、改めてそれでもお互いが求めているのなら、マカマカのジュン・ネネな関係になれるんじゃないでしょうかね。そういう二人です。

以上、書評と言う名の感想文を書きましたが、皆さんとにかく早く「オトメの帝国」を読むべきですよ。面白いから。
そして、有能なアニメ制作会社ならわかると思いますが、一刻も早く本作品のアニメ化権を押さえておくべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2巻

2018/06/15 11:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々な女子高生が出てきて、エピソードも豊富。出てくるキャラは女子だけなので見えちゃっても平気笑 こんな女子高なら楽しそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/28 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む