サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. さくら荘のペットな彼女 6

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

さくら荘のペットな彼女 6(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/363p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886140-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

さくら荘のペットな彼女 6 (電撃文庫)

著者 鴨志田 一 (著)

今年度限りでさくら荘がなくなる—理事会の決定に納得できない俺たち寮生は、学内で撤回の署名活動を行うことに。その最中、寮がなくなる本当の理由がましろにあることが分かる。まし...

もっと見る

さくら荘のペットな彼女 6 (電撃文庫)

637(税込)

さくら荘のペットな彼女6

637(税込)

さくら荘のペットな彼女6

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「さくら荘のペットな彼女 6」が含まれるセット商品

商品説明

今年度限りでさくら荘がなくなる—理事会の決定に納得できない俺たち寮生は、学内で撤回の署名活動を行うことに。その最中、寮がなくなる本当の理由がましろにあることが分かる。ましろが寮から出て行けば、さくら荘は存続するのだ。だけど、それでいい訳ないだろ!?必死に署名を集める俺たちだが、龍之介は「絶対に集まらない」と手伝わないし、俺のゲーム企画の最終審査結果と七海のオーディション結果もついに発表になる。そして近付く卒業式、果たして俺たちは、美咲先輩と仁さんを笑顔で送り出すことは出来るのか—!?変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ、波乱必至の第6弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

押し寄せる現実の波状攻撃

2015/08/28 09:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

せつね~。何だこれ、せつねーよ。分かった様な事を書くのは簡単だけれど、ここでそれはちょっと控えておこう。
 ただ、現実は大概自分の理想通りには進まないし、頑張っても報われるとは限らないし、落ち込むことも多いけれど、ごくごくたまに、自分の理想を超えるような出来事が起きる。その時の快感は、筆舌に尽くし難い。だからこそ、絶望せずに生きていられる。

 さくら荘の監督教師、千石千尋から申し渡された、今年度限りでのさくら荘取り壊しの理事会決定。神田空太はそれに強く反発し、千尋に詰め寄るも、彼女は何も答えない。青山七海の提案で、全校生徒の三分の二の署名を集めれば理事会の決定を覆せることを知った空太は、やみくもに活動を始めようとする。
 しかし、赤坂龍之介は、それは現実的な対応ではないと断じ、そんな無駄な時間があるならば、ゲームのタイトル審査会に全精力を注ぐべきだという。空太にも理屈ではそれは分かるのだが、あまりにも冷徹にいう龍之介に、感情では全く受け入れることができない。

 そうこうしているうちに、さくら荘取り壊し決定の真相が明らかになり、そして七海のオーディション結果や空太の審査結果、三鷹仁と上井草美咲の卒業と、怒涛の様に様々な出来事が迫って来る。どれも重要だけれど、全てをフォローするには能力が足りない。空太が陥るのはそんな状況だ。
 そして事態の中心にいる椎名ましろは、いつもと変わらないようでいながら、確実に変化して、状況に対応しようとしていた。

 いっぱい失敗をして、痛い目にあって、それで初めて、本当は自分がどうしたいのかを自覚していくのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/26 19:35

投稿元:ブクログ

外で読んでなかったら四章・五章でボロ泣きだったろうな。青春×別れのコンボは分かっててもオジさんにはクリティカルヒットですとも、ええ。344ページの仁さんが漢前すぎる。これは男でも惚れるだろう。最後に一勝できたさくら荘メンバー、今後の展開がどうなるやら。とりあえず新入生は入ってこれるのかしら。兎も角これで一段落、眩しい青春を楽しませて貰いました。続きを楽しみに待ちます。

2011/12/18 23:56

投稿元:ブクログ

あまりにも王道的な青春小説でした!
電撃は懐が深いね!
どストレートなんで、いろいろ古傷が痛いw

そうかまだ続くのか、めでたいめでたい。

2012/08/17 14:30

投稿元:ブクログ

ましろと七海の性格を考えると、美咲は外せなかったのかと。卒業式の関係ないところは、はしょって良かったと思います。「ここで終わらせておけば名作」と言われない作品づくりを望みます。営業サイドからの要望で、続刊されるように感じてなりません。

2011/12/21 21:34

投稿元:ブクログ

感動の最終巻・・・ではないのね.
それはそうと,まあ感動的な一つの節目なわけなんですけど,正直な話ちょっとお涙頂戴な畳みかけすぎて多少白々しく感じてしまった.

2012/01/05 17:07

投稿元:ブクログ

この作品を読む度にもっと真面目に?高校生をやっとけば良かった~と思います。やり直しても同じ高校生活になるだろうけども… 「6巻で終わってれば良い作品だったのにね!」と言われないようにするの大変そうだな、と作者さんに気を使っちゃうくらい良い巻です。今後も楽しみ、鴨志田さん頑張って下さい。

2011/12/26 15:22

投稿元:ブクログ

クリエーター論とか、一般ピープルのうっとおしい悩みとかは
別にどうでもいいのでさっさとラブコメするか、
元通り奇人変人列伝してください。

2011/12/29 10:05

投稿元:ブクログ

今回はいつも以上に、涙なくしては読めない話。自分がこういうのに弱いってのもあるけど。最終巻でもおかしくないほどの盛り上がりよう。
こんな生き方してる場合じゃない。

2012/10/31 11:59

投稿元:ブクログ

まー、これはずるいよね。

「ここで完結でも良かったのでは……?」というところからの引き伸ばしがどう転ぶのか。

2012/01/17 22:02

投稿元:ブクログ

先輩の卒業式ということで良くも悪くもお涙ちょうだいものになっていた。

これで終わりになると思いきやまだまだ続く様子。
果たしてどのような展開をするのか?
ましろと七海の恋の行方とともに

2012/04/07 16:52

投稿元:ブクログ

卒業式の場面など、思わず目頭が熱くなりました。 もう涙なしには読めないな。
ご都合主義にならずきっちり苦悩や挫折を描いているところも見事。 どんだけ空太と七海に試練を与えるんだという気もするが。
最後の最後にやってくれるぜ『三鷹美咲』先輩……さくら荘はまだまだ終わらない!

2012/01/06 20:40

投稿元:ブクログ

タイトルはあれだけど、中身はガチで熱い本。
青春のあり方の一つだと思う。タイトルはあれだけど。
色々と思うところが多い作品だと思います。タイトルはあれだけど。
一度読む価値あると思うシリーズです。

2011/12/13 01:25

投稿元:ブクログ

美咲の答辞はなかなか感動しました。


この作品はあまりご都合主義を取らない、シビアなリアルを描いているところがいいですね。空太の選考会しかり七海のオーディションしかり。そして、さっさと結論を出させるのではなく、迷わせて、立ち止まらせて、やっと答えを出させる。そんなところに惹かれます。

2011/12/19 23:53

投稿元:ブクログ

大 団 円 !いい最終巻だった……。いやぁほんとにこれで終わったっていいってくらいに良かった。感涙した!最後に美咲の気持ちを聞けたのは本当にやられた。他にも七海のオーディション、空太のタイトル審査会、さくら荘の取り壊しも……、皆がみんな自分の気持ちに正直に、大切にして、現実に向き合い立ち向かい、一度は諦念しそれでも最後はさくら荘らしく、締めてくれた。ありがとう。そして、おめでとう。次巻へ続く。

2013/01/20 18:54

投稿元:ブクログ

水名芸術大学付属高校からはじかれた変人が暮らすさくら荘の物語の第6巻。
上級生が卒業間近な中、そのさくら荘が取り壊されるいう一報が…

いままでのさくら荘の中で間違いなく最高傑作!
結局恋愛に走ったかとイライラしながらの序盤も、卒業式でのあれには思わず涙腺がヤバい状態になった。
何かしでかすとは思っていたが、王道を通りつつ期待の上をいってくれて心から楽しめた!

ここで一区切りになるようだけど、今後、読者たちの期待度が高くなるだろうから作者さんは大変だろうな(笑)

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む