サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/462p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217482-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

著者 牧野 洋 (著)

消費税増税も原発事故拡大も新聞が作った!? 長らくガラパゴス化の道をたどり、権力と一体化して既得権益を享受してきた日本のマスコミの全貌に迫る。講談社のウェブマガジン『現代...

もっと見る

官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

1,404 (税込)

官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪

ポイント :13pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

消費税増税も原発事故拡大も新聞が作った!? 長らくガラパゴス化の道をたどり、権力と一体化して既得権益を享受してきた日本のマスコミの全貌に迫る。講談社のウェブマガジン『現代ビジネス』連載に加筆修正して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

牧野 洋

略歴
〈牧野洋〉1960年東京都生まれ。米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール卒業(修士号)。ジャーナリスト・翻訳家。元日本経済新聞記者。カリフォルニア在住。著書に「不思議の国のM&A」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

「官報複合体」とは読んで字の如く「官報」そのもの、つまり官僚情報の垂れ流しだ

2012/04/04 15:54

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本経済新聞で20年にわたって経済記事を書いてきた元・編集委員が新聞社を脱藩してはじめて書くことのできたジャーナリズム論だ。ウェブマガジン『現代ビジネス』(講談社)に連載された記事を再構成して加筆したものである。すでに一部はウェブでも読んでいたが、あらためて通読すると日本の新聞メディアの構造的問題が浮かび上がってくるのを実感した。

いまから十数年前になるが、ある日系の石油会社のエグゼクティブから、「日本経済新聞の一面は政府の垂れ流し記事だから、まったく読む必要はない」という話を聴いたことがある。つまり日経の一面は「官報」となんら変わりがないということだ。
それ以来、わたしは新聞とは距離を置いて接するようにしてきたが、本書のタイトルを見て真っ先に思ったのはそのエピソードであった。著者は、政官と報道(=マスコミ)報道の複合体のことをさして「官報複合体」というのだが、わたしは、読んで字の如く「官報」、すなわち官僚情報の垂れ流しと受け取っても問題ないと思う。日本の新聞は官報そのものなのだ。

ピューリッツァー以来の本来あるべきジャーナリズムの機能とは、権力を監視するウォッチドッグ(=番犬)にあるはずだ。だが、日本の新聞には市民の目線から権力をチェックする権力監視型報道は皆無である。速報性においてはインターネットにはるかに劣るのにかかわらず、いまだに通信社機能が全面にでている日本の新聞社の姿勢。米国を過度に持ち上げる必要はないが、それにしても日本の新聞はひどすぎる。

これは、「3-11」の原発事故報道によって、多くの国民は痛感したことだろう。日本の新聞においては、ジャーナリズムにおいてもっとも重要なファクト・ファインディングが行われていないのだ。日本ではむしろ、日本の新聞社系列ではないため記者クラブから締め出されている雑誌記事のほうがより「調査報道」に近い。

米国を代表する経済紙WSJ(=ウォール・ストリート・ジャーナル)と日本経済新聞の違いもまた、本書を読んでいてつよく印象づけられた。現在のWSJはメディア王マードックの傘下に入って変質してしまったようだが、記者クラブのない米国の新聞ジャーナリズムの基本線をつくったのがWSJであったというのは、ジャーナリズムの世界には詳しくないわたしには意外な話だった。

問題は、この期に及んでも、テレビと新聞以外の情報源をもたない国民が多数を占めることだ。帯の文句ではないが、「今すぐ新聞をやめなければあなたの財産と家族が危ない!」というのは、けっして誇張でもなんでもない。わたし自身、新聞購読をやめてから3年になるが、仕事でも生活でもまったく困っていない。果たして日本の新聞社に自浄作用はあるのだろうか。それとも、根こそぎ崩壊してしまうのだろうか・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/06 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/02 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/06 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/24 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/24 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/12 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/16 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/26 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/26 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/08 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/03 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む