サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/03/06
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-408702-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

きみは誤解している (小学館文庫)

著者 佐藤 正午 (著)

「ねえ聞いてるの?自分のことを僕って呼ぶ人間がギャンブラーになんかなれるわけないって、あたしは言ったのよ」婚約者がたしなめる青年の、唯一の趣味は競輪。死期が近い父親の当た...

もっと見る

きみは誤解している (小学館文庫)

税込 681 6pt

きみは誤解している

税込 671 6pt

きみは誤解している

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.6MB
Android EPUB 3.6MB
Win EPUB 3.6MB
Mac EPUB 3.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ねえ聞いてるの?自分のことを僕って呼ぶ人間がギャンブラーになんかなれるわけないって、あたしは言ったのよ」婚約者がたしなめる青年の、唯一の趣味は競輪。死期が近い父親の当たり車券を元手に、彼が大口勝負に挑もうとする表題作。競輪で儲けた金で十三年間暮らす独りぼっちの男が告白する「この退屈な人生」、八年前のある出来事をきっかけに車券を買わなくなった男が会社の金を持ち出したという兄を追って競輪場へと向かう「人間の屑」など六篇収録。出会いと別れ、切ない人生に輝く一瞬と普遍的な人間心理を、競輪場を舞台に透明感あふれる文章で綴った作品集。【「BOOK」データベースの商品解説】

出会いと別れ、切ない人生に輝く一瞬と普遍的な人間心理を、競輪場を舞台に透明感溢れる文章で綴った作品集。死期が近い父親の当たり車券を元手に大口勝負に挑もうとする青年を描く表題作を含む全6編を収録。〔集英社文庫 2003年刊に新装版解説を加え再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

競輪場を舞台に綴る切ない6つの人間ドラマ

「ねえ聞いてるの? 自分のことを僕って呼ぶ人間がギャンブラーになんかなれるわけないって、あたしは言ったのよ」とマリは婚約者の青年をたしなめる。JRの勤勉な駅員として働く彼の、唯一の趣味は競輪。そんな彼が、死期の近づく父の残した当たり車券を元手に大口勝負を挑もうとする表題作。信用組合に勤める女が、車券の一点勝負にギャンブルの真髄を見い出したきっかけを語る「遠くへ」。十三年間定職に就かず、競輪場で儲けた金だけで生活している独りぼっちの男が、中学時代の同級生と再会したときの顛末を告白する「この退屈な人生」。ある夜明けのくしゃみと三万円分のはずれ車券のせいで、夫婦のあいだに波風が立ちはじめた鮨職人の「女房はくれてやる」。賭けに負けたことがない女子高生が、姉の婚約者の応援に駆り出されたのを機にこっそり通い出した競輪場で淡い恋心を抱く「うんと言ってくれ」。同棲相手の会社の金を持ち出したという兄を追って、八年前のある出来事から車券を買わなくなった競輪ファンの弟が佐世保競輪場へ向かう「人間の屑」。全六篇収録。競輪場を舞台に繰り広げられる切ない人生が放つ一瞬の輝きを、透明感あふれる文章で綴った珠玉の作品集。


【編集担当からのおすすめ情報】
競輪を題材にした作品集ですが、この競技に詳しくなくても6つの物語をじゅうぶんに愉しんでいただけます。登場人物たちの普遍的な人間心理・複雑な葛藤などに、佐藤正午さんだからこそ描ける短編の切れ味と余韻も相まって、ギャンブルに縁遠い方にもぜひ読んでいただきたい傑作です。
【商品解説】

収録作品一覧

きみは誤解している 5−46
遠くへ 47−87
この退屈な人生 89−130

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

競輪をテーマに人間を描く佐藤正午の「きみは誤解している」。

2012/04/04 10:29

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文庫化されたのですぐに読んだ。と思ったら、これ何と2度目の文庫
化だ。単行本は2000年に岩波書店から発売され、03年に集英社文庫に。
僕が読んだのはこの3月に出た小学館文庫のものだ。

 「きみは誤解している」は6つの作品を収めた短編集だ。すべて競輪
をテーマにした話である。登場するのは、競輪がなかなかやめられない
男とそのことでギクシャクしている恋人、堅いと自分で信じているレー
スしか買わない信金勤めの女、子供の頃からひとりぼっちで今も働かず
競輪だけで食っている男などなど。一人一人が人間くさくてグイグイと
話にひきこまれていく。

 さて、この本、競輪ファンやギャンブル好きしか楽しめないかという
とそんなことはまったくない。なぜなら、これはギャンブル小説ではな
くて、ギャンブラー小説だからだ。競輪選手を主役にした話はひとつも
ないし、選手がレースのアヤを語ったりもしない。ここで描かれている
のはあくまで「人間」。佐藤正午の他の小説がそうであるように、人と
人が出会ったり別れたりする中で、何かが変わったり、変わらなかった
り。何かを得たり、失ったり。運命にもてあそばれる人々のおかしみや
その変遷、人間心理の妙等々、ストーリーを通してじわじわっと心に迫
って来るものがある。これこそが佐藤正午の小説を読む醍醐味なのだと
思う。ある出来事をきっかけに車券を買わなくなった男が会社の金を持
ち逃げした兄を追い競輪場へと向かうラストの一編「人間の屑」が何と
いっても秀逸だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/22 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/22 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/23 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/25 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/04 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/08 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。