サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 日経BP社の通販
  6. グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-4894-9

紙の本

グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論

著者 石井 至 (著)

ゼロから始める力をつける、つまらないリスクを消し去る、実質的な成果を追求する、人生の可能性を広げる。自分の頭脳と身体だけを頼りに、未知の世界へと飛び出し、自分の力で戦って...

もっと見る

グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゼロから始める力をつける、つまらないリスクを消し去る、実質的な成果を追求する、人生の可能性を広げる。自分の頭脳と身体だけを頼りに、未知の世界へと飛び出し、自分の力で戦ってきた著者の仕事学を紹介する。

著者紹介

石井 至

略歴
〈石井至〉1965年北海道生まれ。東京大学大学院医学系研究科修士課程修了。金融コンサルティングの石井兄弟社を設立。アンテナ・プレスクールを開校。日本リスクマネジメント学会評議員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本書で、何といっても興味深いのは、抜群の数学力(東大に合格する大秀才にとって、数学力は標準装備!)が評価されてスターダムに駆け上がる前半部分である。

2012/03/06 11:00

15人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北海道の公立高校(札幌ではなく道東)から日本最難関の東大理3に現役で合格した石井さんが、ひょんなことから医学研究の道を放棄して外資系企業、しかも全く予備知識の無い金融機関に飛び込んで、トントン拍子に出世して32歳で「ぜいたくしなければ一生食うに困らないだけの財産を築いて」退職するまでの話と、退職後、様々なことをしながら、自分の子供の「お受験」を境に「お受験=国立私立小学校受験」産業が、実に隙だらけの発展途上にあることを見抜き、自らお受験専門塾「アンテナ・プレスクール」を立ち上げ、この業界に殴り込みをかけるまでをつづった半生記である。

石井さんの名前を最初に知ったのはNHKスペシャル「マネー」に石井さんが、当時はやりのデリバティブの専門家として登場した時だ。その時以来、私はこの石井至という人物にずっと注目してきた。「外資系金融機関でハーバードビジネススクール卒の連中とも随分付き合ったが、特に頭が良いと思わせる人はいなかった」と言い切る石井さん。この言い切りの清々しさが私が石井さんに惹き付けられた出発点だ。日本には無暗に外国人を崇拝する人がいるが、私はそうは思わない。日本には無暗に日本の受験制度をくさす人がいるが、私はそうは思わない。日本の受験システムを勝ち抜き選抜された人材は、世界でも指折りの大秀才であることを石井さんは教えてくれる。

石井さんは最初に就職した米国の銀行バンカーズトラストで「透明人間」扱いを受けていたという。誰も声をかけないし、誰も仕事を回さない。そこに石井さんがいても、誰も気にも留めない。言葉をかけられる唯一の機会は「じゃまだ。どけ!」と怒鳴られる時。英語もろくにしゃべれないジャップが、どうして同じ職場にいるのか理解できないというのが周囲のギャージンの共通の理解だったという。そんな石井さんの人生を、ある事件が一変させる。きっかけは数学力だった。デリバティブという金融商品を新しく開発する時は数学的知識が必要になる。ある日、英国から来た上司がデリバティブ商品を開発しようと数式を解いている。ところがそれが解けずにうんうん唸っている。何を唸っているのだと見ると、それは物理の熱伝導式でおなじみの偏微分方程式で、しかもこの上司は、式の変形の途中で間違いを犯していことに石井さんは気がつく。数学に言葉はいらない。うんうん唸り続ける上司の肩をトントンと叩き、すらすらと偏微分方程式を石井さんは解いて見せたのだ。この効果は劇的だった。正に一瞬にして石井さんを透明人間から金融界のスターに押し上げたのだ。上司は叫んだ。「こいつはバカじゃない!」。周囲の石井さんをみる目は劇的に変わる。

アングロサクソン含む白人の世界では、数学が出来る人間は往々にして神様扱いだ。九九を8歳でほぼ全国民がマスターする奇跡の国日本と違い、ギャージンは九九のマスターに多大なエネルギーを費やし、その多くは挫折する。だから平均してギャージンの数学進度は日本人より3年から5年は遅れている。暗算が出来ないから、分数の通分だって簡単には出来ないのだ。

こうして透明人間から数学の神さまに変身した石井さんの下にはデリバティブ商品開発の仕事が殺到するようになる。商品開発は富の源泉であり、当時、調子こいていた日本の金融機関は外資系金融機関にいいようにむしり取られ(何千億円も!)、その日本の金融機関をとことん絞り取った外資系金融機関の中核に石井さんがいたというわけだ。

天才石井至の大出世がはじまる。給与は2年目で5千万円を超え、ヘッドハンターからのスカウトがどんどんくる。スイス系金融機関を経て28歳でフランス系金融機関(インドスエズ銀行)に転職した時の肩書はマネージングディレクター。さすがである。東大理3の実力とは、諸君、こんなものなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/19 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。