サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パトロネ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/186p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771444-9
  • 国内送料無料

紙の本

パトロネ

著者 藤野 可織 (著)

同じ大学に入学した妹と同居することになった「私」。久しぶりに会った妹は意図的に「私」を無視し続ける。写真部に入部した妹を追うように「私」も入部するが妹はやめてしまい、やが...

もっと見る

パトロネ

1,620(税込)

パトロネ

1,234 (税込)

パトロネ

ポイント :11pt / 紙の本より386おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

同じ大学に入学した妹と同居することになった「私」。久しぶりに会った妹は意図的に「私」を無視し続ける。写真部に入部した妹を追うように「私」も入部するが妹はやめてしまい、やがて奔放な生活を始める。しばらく家を空けていた妹は、戻るなり規則正しい生活を始めた。しかしある日、妹は荷物とともに姿を消してしまい…。中年主婦vs双子の悪魔を描いた第141回芥川賞候補作「いけにえ」を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

同じ大学に入学した妹と同居することになった「私」。久しぶりに会った妹は「私」を意図的に無視し続け、ある日、荷物とともに姿を消してしまい…。表題作と芥川賞候補作「いけにえ」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

パトロネ 5−106
いけにえ 107−186

著者紹介

藤野 可織

略歴
〈藤野可織〉1980年京都市生まれ。同志社大学大学院美学および芸術学専攻修士課程修了。2006年「いやしい鳥」で文學界新人賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「怖い」以上に仕掛けの楽しさ

2013/09/10 16:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

先ごろ芥川賞を受賞した藤野可織さん。
受賞作は未読だが、紹介を読むと、
語り手とそれが見る周囲の世界との関係の設定が独特だ。
どうやらこの作家の語り手は、文学批評でいう「信頼できない語り手」のようで、
なかなか油断はならない。

表題作「パトロネ」でも、いかにも変な語り手が登場する。
もちろんだからわけがあって、ここは仕掛けを楽しむ読書。

妙な雰囲気の話が展開して、わかりにくい面はあるが、
仕掛けに気付くとおおっという感じ。
今までも似たものがあって某映画なども思いつくが、
それとはまた趣向というか方向性が違うのがいい。

「信頼できない語り手」を使う一人称の作家と思っていたら、
この本のもう一編、芥川賞候補だったという「いけにえ」は三人称だった。
こちらの方が「パトロネ」より古いので、だんだん一人称になったのかとも思ったが、
「パトロネ」とは違ったテーマに、三人称の方がよりふさわしいような気がした。
つまり(これまた変な)主人公をどう見るのか、という問題。
何かをどうとらえるか、というのが、もしかすると作家のキーワードかもしれない。

「いけにえ」もわかりやすくはないものの、やはり仕掛けも含めて考える楽しさがある。
「純文学のホラー小説」のようにも言われているらしい藤野さん。
毎日新聞だったかのインタビューで、自分では意外なように言っていたと思うが、
たしかにホラーっぽい設定は使っているものの、狙っている方向が違うと思うので、
つまり怖がらせることがポイントではないので、
たとえば「いけにえ」に出てくるモノはたしかに不気味ではあっても、
私自身はあまり怖いとは思わなかった。
怖いものは他にあると思えるわけで、
まあ勘違いかもしれないが、そうわかることの楽しさの方が不気味さに勝る。

というわけで、藤野さん、
ここでは何を狙って、どんなことを仕掛けてくるのかな、
と考えながら読むタイプの作家ではないかと思う。

そういうのが好きな読者なら楽しいと思うし、
そこが馴染めないと魅力は感じないかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/11/26 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/02 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/08 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/03 09:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/09 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/22 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/03 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/13 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 06:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/30 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/27 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/30 05:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/28 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る