サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 夢よりも深い覚醒へ 3・11後の哲学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夢よりも深い覚醒へ 3・11後の哲学(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/264p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431356-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

夢よりも深い覚醒へ 3・11後の哲学 (岩波新書 新赤版)

著者 大澤 真幸 (著)

「不可能性の時代」に起きた3・11の2つの惨事は、私たちに何を問うているのか。圧倒的な破局を内に秘めた社会を変えていくための方法とは。オリジナルな思考を続ける著者渾身の根...

もっと見る

夢よりも深い覚醒へ 3・11後の哲学 (岩波新書 新赤版)

886(税込)

夢よりも深い覚醒へ

886 (税込)

夢よりも深い覚醒へ

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「不可能性の時代」に起きた3・11の2つの惨事は、私たちに何を問うているのか。圧倒的な破局を内に秘めた社会を変えていくための方法とは。オリジナルな思考を続ける著者渾身の根源的な考察。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大澤 真幸

略歴
〈大澤真幸〉1958年長野県生まれ。社会学博士。千葉大学助教授、京都大学大学院教授を歴任。個人思想誌『THINKING「O」』主宰。「ナショナリズムの由来」で毎日出版文化賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

福島でこの本を薦めることが出来ますか?

2013/10/19 23:37

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kwt - この投稿者のレビュー一覧を見る

脱原発・制限下での原発の容認,どちらも選択肢としてあるでしょう。制限を付ける程に,原子力発電の経済的優位性は下がり,最終的には核分裂という巨大エネルギーに依存しない世界が来るかもしれません。
でも,本書の後半部に至っては,私は飯舘村や福島で紹介する気になれません。貴方は出来ますか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この震えを後世に伝えよ。

2012/03/11 21:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災という現実から1年が経ち、追悼式が行われ、また新しい日常が始まる。でも、ただ夢から覚めるように日常という名の現実に逃避するだけではいけないのではないか、悪夢のような東日本大震災という現実に、より深く内在するようにして、わたしたちは覚醒しなければならないのではなかろうか、大澤氏は震災による激しい動悸を書き留めるように本書を綴った。

大地震と津波と原発事故を経て、わたしたちは倫理観でさえも無と化してしまうような、種の絶滅さえ想起させるような、超越的な現実と出会った。倫理を持ってしても論理を持ってしても拭いがたい、生きていくことに対する不安は偏在している。剥き出しになった生の理不尽さは、打算的な日常に還元されかねない。阪神淡路大震災のあとにオウム事件が起きて、戦後民主主義というものに根本的に疑問符がつけられたように、東日本大震災によって発生した原発事故は、いまもわたしたちの現実と未来の重たい基調音だ。

制御出来ない自然の脅威には、ひたすら畏れを抱き、備えるしかない。でも結局制御出来なかった『神』のような原子力は、平和憲法と非核三原則を持つこの国にとって、アルコールを飲みたいけど酔っぱらうのが嫌で生み出したノンアルコールビールのようなものだと、著者は喝破する。そこまでしてすがらなくてもいいのではないか、節電生活も多少経験した今のこの現実を前に、誰もが少しは頭をかすめる原子力への根源的な不信感、この大衆の素の心をどう汲み取ればいいのか。まだ見ぬ未来世代の重たい現実にどう向き合えばいいのか。

著者は本書で起源を明示した脱原発を提起している。すでに起きた破滅の予兆は、わたしたちに選択を迫っている。必要なのは独裁で引っ張る強烈なリーダーではない、とも著者は語る。必要とされているのは問いかける主体だ。正義で地球は救えなくて、誰もが無知で誰もが真理に到達出来ないなか、問いかける主体だけが今のモヤモヤした感覚を少しずつ晴らしていく。東日本大震災という現実はまだ目の前にある。その御しがたい現実に問いかけ、その問いかけの言葉が行動に転化される時が、この国の覚醒の時。消し去れない問いかけは誰の中にもすでにある。それはこの国の遠い未来に生きるはずの、誰かの胸にも響き渡る魂の震えでもあるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/29 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/25 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/31 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/18 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/28 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/01 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/04 08:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/16 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む