サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

拝領品次第(幻冬舎時代小説文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎時代小説文庫
  • サイズ:16cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-41828-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

拝領品次第 (幻冬舎時代小説文庫 妾屋昼兵衛女帳面)

著者 上田 秀人 (著)

妾屋昼兵衛の口利きで老舗両替商の用心棒になった大月新左衛門は、働きを認められ妾の護衛を任される。だがそれは、苦難の闘いの始まりだった。江戸では、表沙汰にできぬ盗難事件が多...

もっと見る

拝領品次第 (幻冬舎時代小説文庫 妾屋昼兵衛女帳面)

700(税込)

妾屋昼兵衛女帳面二 拝領品次第

665 (税込)

妾屋昼兵衛女帳面二 拝領品次第

ポイント :6pt / 紙の本より35おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妾屋昼兵衛の口利きで老舗両替商の用心棒になった大月新左衛門は、働きを認められ妾の護衛を任される。だがそれは、苦難の闘いの始まりだった。江戸では、表沙汰にできぬ盗難事件が多発。裏には、将軍家斉の鬱屈に絡んだ陰謀が。嗤う妾と、仕掛ける黒幕。否応なくのみ込まれていく昼兵衛と新左衛門は、危難を振り払えるか?疾風怒涛の第二弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

妾屋昼兵衛の口利きで老舗両替商の用心棒になった大月新左衛門。一方、江戸では表沙汰にできぬ盗難事件が多発。裏には将軍家斉の鬱屈に絡んだ陰謀が。巻き込まれる昼兵衛と新左衛門は、危難を振り払えるか?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

剣術の使い手にのびる権力の誘惑

2012/04/08 22:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今まで将軍のお側に仕える腕の立つ旗本という主人公設定が多かった上田秀人の小説であった。今回は妾屋昼兵衛シリーズの第2弾であるが、本シリーズは妾屋ならぬ山城屋昼兵衛が雇う用心棒、大月新左衛門が登場する。こちらの方が主人公らしい。勿論、剣の腕は比肩しうるものがない。

 この大月は第1弾では伊達藩の武士であったが、御家騒動で脱藩した。したがって、今回の身分は所謂浪人である。妾屋の用心棒として手伝いをしながら日々の糧を稼いでいる。本書で登場する大物といえば、小姓組頭と将軍家斉であろうか。小姓組頭は林出羽守忠勝である。まだ身分は高くはないが、小姓なので将軍家斉の側におり、家斉のお気に入りという設定である。

 町人勢力が台頭してきた時代で、経済は町人が動かしている。戦がない世の武士とは一体何をしているのかと言えば、政のはずである。しかし、政治は金がかかること古今東西違いはない。経済を握っている町人に首を押さえつけられているのが武士である。

 いずれの藩も参勤交代や普請を命じられ、多額の金が必要となる。これこそ幕府の狙い通りであるが、藩は札差や商人から金を借入れなければ藩の財政が破綻して改易となる。それをくい止めるための必死の努力を行うわけである。商人側は貸しこんだ挙句改易にでもなると、回収ができなくなるのでこちらも必死である。

 結局、何らかの担保を取ることになるのだが、それが将軍からの拝領品ともなると、管理も並々ならぬものがある。その拝領品を巡っての駆け引きが本書の焦点となっている。大月の剣の腕前は冴え、手柄を立てることになる。用心棒同士の結束や会話が出てくるのも珍しい。

 妾屋の用心棒が将軍とつながることはないと思っていたが、最後にそれにつながる引見がある。もはや主を求めず、気楽に用心棒稼業に勤しもうとしている大月新左衛門であるが、果たして周囲がそれを許してくれるのだろうか? あるいは従来と同じパターンで権力と関係を持つのであろうか? ちょっとした見モノである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/20 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る