サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 扶桑社の通販
  6. 扶桑社文庫の通販
  7. 「医療否定本」に殺されないための48の真実の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/02/04
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社文庫
  • サイズ:16cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07182-0
文庫

紙の本

「医療否定本」に殺されないための48の真実 (扶桑社文庫)

著者 長尾 和宏 (著)

「医療否定本」の多くは、あまりに極論であり、誰にでも当てはまる話ではない。勤務医と町医者という両方の経験を持つ著者が、日本の医療の基礎知識や検診、抗がん剤などについて綴る...

もっと見る

「医療否定本」に殺されないための48の真実 (扶桑社文庫)

税込 616 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「医療否定本」の多くは、あまりに極論であり、誰にでも当てはまる話ではない。勤務医と町医者という両方の経験を持つ著者が、日本の医療の基礎知識や検診、抗がん剤などについて綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

平穏死

2020/03/07 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

積読本消化。
 川島なお美さんや海老蔵の奥さんが放置治療で悲惨な死を迎えたことで、すっかり影が薄くなった近藤医師ですが、当時は飛ぶ鳥を落とす勢いでした。そんな近藤医師の「がん放置医療」の批判本として出版された本書ですが、ほとんど目立ちませんでした。私も積読状態でしたが、バランスのとれた良書でした。
 キーワードは「平穏死」。そのための賢い医療の選択をしなさいというのが結論で、平穏死を遂げるための種々のヒントが披露されています。ただ「終末期を自覚して積極的な治療をやめるタイミング」の判断は容易ではないと思いました。

 「抗がん剤治療はがんを治す治療ではなく、延命するための治療」という箇所が印象に残りました。さらには、抗がん剤により逆に攻撃性が増すことも、経験則により分かり、これを「がんが暴れる」と表現するとのこと。私自身、抗がん剤治療により父の死期が早まったという苦い経験がありますので、抗がん剤については極めて懐疑的です。ただ、自分が同様の局面になった時に、抗がん剤治療を拒否できるのか、非常に迷います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

扶桑社文庫 ランキング

扶桑社文庫のランキングをご紹介します扶桑社文庫 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。