サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 人生訓・人間関係・恋愛の通販
  5. 経済界の通販
  6. この方法で生きのびよ! 沈む船から脱出できる5つのルールの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/08/25
  • 出版社: 経済界
  • サイズ:19cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7667-8595-1

紙の本

この方法で生きのびよ! 沈む船から脱出できる5つのルール

著者 鈴木 博毅 (著)

なぜ人は「いまある日常」が永遠に続くと思うのか? なぜ「過去」を捨てることができないのか? ビジネスと日常生活にスポットを当て、社会からの「切り捨て」に遭わないために、何...

もっと見る

この方法で生きのびよ! 沈む船から脱出できる5つのルール

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ人は「いまある日常」が永遠に続くと思うのか? なぜ「過去」を捨てることができないのか? ビジネスと日常生活にスポットを当て、社会からの「切り捨て」に遭わないために、何をどう選択すべきかを分析・解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この本を読んでレジリエンス

2015/09/12 08:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の中に「レジリエンス」という言葉が出てくる。日本語で書けば「復元力」ということになる。
 ビジネス戦略コンサルタントの著者は「人生とはレジリエンスの連続」と書く。確かに人生とは悲喜こもごも、それでも明日はやってくるわけで、レジリエンスを繰り返していることになる。
 だから、自己啓発本はそんなレジリエンスを強化する渇望で読まれていると、著者は見ている。
 自身が自己啓発本やビジネス本を読んできた経験に当てはめてもそれは正しい。そんな目的はなかったとしても、読了後モチベーションは高まっていたことがよくあった。
 本書は自己啓発本の範疇のものではない。経営という観点から沈みかけた船からどう脱出し、立て直していくかが書かれたものだが、自身の生き方にも適用できることがいくつもある。
 その意味では、読み終わったあと、勇気づけられる一冊である。

 本書では社会を変える流れを「5つの氷山」に例えている。
 一つめが、「代替」、二つめが「新芽」、以下「非常識」「拡散」「増殖」と続く。
 これらの言葉を決して船を沈める要素ではない。むしろ、これらは生き延びるための思考のもとになるものだと捉える方がいい。
 今やっていることがうまくいかない時、これらの言葉で対処できないか、それを考えてみる。
 そして、一つひとつを身近な例としてみれば、けっして難解な議論をしているわけではないことがよくわかる。

 例えば、大ヒット商品の基本は「限定された消費者」という種の壁を超えることと記されている。
 芥川賞を受賞した又吉直樹さんの『火花』が何故大ベストセラーになったのかもこれで推測できる。本来小説を読むであろう読者層を超えて、お笑い番組に熱中していた視聴者も読み手になったことだ。
 そういったわかりやすい解説がこの本の良さといえる。

 著者は最後にこう記しています。
 「頑固な自分の枠から離れたとき、世界は私たちに新たな風景を見せてくれる」。
 自己啓発本ではないけれど、自己啓発本のような、ラストの著者からのメッセージではありませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/26 08:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/19 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。