サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

9/1 全員もらえる!200万ポイント山分けキャンペーン(~10/18)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 物語・おはなしの通販
  5. 福音館書店の通販
  6. ぼくたちに翼があったころ コルチャック先生と107人の子どもたちの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2015/09/18
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20cm/350p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-8116-9

紙の本

ぼくたちに翼があったころ コルチャック先生と107人の子どもたち

著者 タミ・シェム=トヴ (作),樋口 範子 (訳),岡本 よしろう (画)

そこには、輝くような日々があった!子どもを心から愛する大人たちに支えられ、一歩一歩自立していく孤児たち。厳しさとやさしさに満ちたいとなみは、いつまでも続くはずだった…。コ...

もっと見る

ぼくたちに翼があったころ コルチャック先生と107人の子どもたち

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

2016福音館の童話新刊セット 13巻セット

  • 税込価格:22,440204pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

そこには、輝くような日々があった!子どもを心から愛する大人たちに支えられ、一歩一歩自立していく孤児たち。厳しさとやさしさに満ちたいとなみは、いつまでも続くはずだった…。コルチャック先生が全身全霊で伝えた大切なメッセージ。【「BOOK」データベースの商品解説】

【レアゴールドバーグ児童文学賞】大人たちに支えられ、自立していく孤児たち。厳しさとやさしさに満ちたいとなみは、いつまでも続くはずだった…。1934~39年のポーランドを舞台に、教育に一生をささげたコルチャック先生と子どもたちの姿を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

タミ・シェム=トヴ

略歴
〈タミ・シェム=トヴ〉1969年イスラエル生まれ。ジャーナリストとして活躍後、作家として子ども・YA向けに執筆刊行。「ぼくたちに翼があったころ」でレアゴールドバーグ児童文学賞他受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子どもの育て方や戦争について、幾つかの問題を考えさせる。

2016/01/22 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小児科医で作家であったコルチャック先生が第二次大戦の折に強制移動させられた児童養護施設の子供たちに同行して死亡したという実話は、たくさんの本にもなっています。本書は大戦の始まる直前、コルチャック先生の施設にいた少年を主人公において創作された物語。コルチャック先生がどのような子供の教育を目指していたか、実際にはどんな生活だったのか。ゲットーへの強制移動前にポーランドから出国していた人たち(本書の少年もそんな一人ということになっています)からの聞き取りなどを踏まえて書かれたものなので、描写はかなりリアルだと思います。

時代は随分変わりましたが、子供たちがどんな風に育っていくのか、共通するものはたくさんあります。子供らしい争いもあり、淡い恋もあり。子供たちの誰にもそれぞれ違う才能があり、自由にそれを伸ばすことが大事、というコルチャック先生の考え方もよく伝わってきます。施設内で子供たちが演ずる劇などは、今でもやってみて欲しいような気がしました。

本書のような「戦争が間近」な世界は今も存在します。理想の国が創られている、とユダヤ人の国へ勇んで出て行った主人公の先輩の姿は、現代の不穏な世界情勢にまでつながっている気がしてなりません。それでも、育っていく子供たちの翼はいつも羽ばたこうとしている。そんなことも考えさせてくれます。

子どもの育て方、戦争など幾つかの問題を、子供でなくても読んで考えこませる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/23 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/13 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/11 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/08 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/30 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。